メインS-PULSEgame preview...?今こそ“帝國赤軍”へ侵攻する刻です...

2006年9月22日

今こそ“帝國赤軍”へ侵攻する刻です...

 前節、鹿島に1-2とまたしても辛酸を舐めさせられたエスパルスは23日、リーグ戦第24節vs浦和戦に臨みます。鹿島に惜敗を喫してしまったエスパルスは、無敗記録もホーム連勝記録も8でストップ。しかし、“勝負の月”9月の関東3連戦の3戦目、相手は現在リーグ2位の浦和。上位進出を実現させる為には、この1戦が大きな大きな“ヤマ場”になることは言うまでもありません。
 
清水は2日連続の非公開練習(nikkansports.com)
清水長谷川監督1時間ノンストップ9対9(nikkansports.com 静岡)
清水、V戦線生き残りかけ23日浦和戦へ(nikkansports.com 静岡)
【J1:第24節 浦和 vs 清水 プレビュー】真価が問われる一戦。浦和、好調・清水に対して白星なるか(J's GOAL)
 
 前節vs鹿島戦では、“老獪”アウトゥオリ監督の“両サイドからの攻撃を押さえ込む”というしたたかな戦略にまんまとはまってしまい、ヘボい審判とイチの負傷とジュンゴと兵働の負傷交代というアクシデントも重なって、ちぃーっともエスパルスらしいサッカーが出来ないまま敗戦。このままでは、上位進出など夢また夢...OTL
 次節の対戦相手は浦和帝國赤軍。しかし、最大の脅威と考えられるワシントンは左太もも裏痛で前節の広島戦を欠場。同じく鈴木啓太も右恥骨(;´Д`)ハァハァ痛で広島戦を欠場。しかし、主力選手を欠いた状態にあっても、浦和は前節の広島戦で勝利を収めています。そうです、今季浦和は未だホームで負けていません。Σ( ゚Д゚) スッ、スゲー!!って感心してるバヤイぢゃないだろっ!ヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノ
 ワシントンがいなくても、Jリーグ屈指の攻撃力を誇示する浦和。エスパルスが前節のような無様な試合を再び露呈するようなことがあれば、当然のごとく対等に戦えるわけがありません。
 
 上位進出の為には絶対に避けては通れない1戦。それは監督も選手も身にしみて認識しているはず。週の前半はこんなファンサービスをしていた健太監督も、20日と21日の練習は急遽非公開に変更するなど、浦和戦が近づくにつれて、チーム全体の“懸ける思い”が1つに収束しつつあるようです。
 今季リーグ戦第9節vs浦和戦@エコパでは、最終的には守備をセoクスバックにして浦和を撃破(家本主審の強力なパルプンテジャッジもあったことは秘密だ)。しかし次節はジュンゴが怪我で戦線離脱。兵働もコンディションが懸念されます。
 
 攻撃の起点となる選手の不在で、エスパルスがどこまで浦和に戦いを挑めるか。エスパルスが浦和へ“侵攻”する刻がやってきました。

 でも、“アウェイ”で“BSで中継”...。ま、またしても敗戦フr...(ry

 |-`).。oO(次節もキックオフが15:00か...。天気がよければ観にいけるな...( ̄ー ̄)ニヤリ)




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年9月22日 00:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1012

コメントしてください