メインサッカーあれこれついに振り下ろされた“裁きの鉄槌”

2006年9月13日

ついに振り下ろされた“裁きの鉄槌”

家本審判に研修、協会が異例の措置(nikkansports.com)
プロ家本主審が1カ月“出場停止”に(Sponichi Annex)
家本主審を再研修…J疑問判定続き異例の措置(web報知)
家本主審にレッドカード…1か月“出場停止”(web報知)
 
 日本サッカー界の“パルプンテを唱える審判”家本SR←ココジュウヨウ が、1ヶ月間の免停研修を受けるそうな。まぁ事実上の“出場停止”なわけですが、個人的には『激しく今更』だと思いました。
 
 利害関係が相反する2チームの真ん中に立って、ルールにのっとった試合をしているか監視し、なおかつスムーズな試合の流れまでコントロールするのがサッカーの主審の役目。しかし、それを実践するには、正しい知識と、それに基づいた正確無比なジャッジング、それにしっかりしたメンタリティが必要。一見地味で、時に憎まれ役まで演じざるを得ない“審判”って仕事は、実は難しい仕事なんですよね。
 
 家本審判が不可解なジャッジングを行って、ゲームを不安定なものにしたのはここ最近の話ではありません。なのに、そんな審判をいままで野放図にし続けて、なおかつ“SR”にまでしておいて、各クラブから批判の声が高まったら、家本審判だけ“出場停止”とは...。ちぃーっとばっか都合がよすぎやしませんか?>日本サッカー協会審判委員会様。家本審判はもとより、日本サッカー協会審判委員会にも“再研修”が必要何ぢゃありませんかねぇ...。
 
 まぁ、家本審判には“初心に帰って”研修でみっちり自己研鑽してもらって、SRの名に恥じないようなレフェリングを行えるようになって欲しいです。

 |-`).。oO(でも、うちの試合の主審は今後もご遠慮申し上げます...。)




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年9月13日 23:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1006

コメントしてください