メインエスパルス観戦記2006年『長谷川監督も興奮して立ちっぱなしです...』ピッチレポーター:談

2006年9月11日

『長谷川監督も興奮して立ちっぱなしです...』ピッチレポーター:談

J.LEAGUE Division1 22th sec.
千葉 1-3 清水

 前節vs京都戦で辛くも勝利し、好調を維持しているエスパルスは9日、リーグ戦第22節vs千葉戦@フクアリに臨みました。エスパルスの“関東3連戦”の初戦。しかも今季は3戦1勝2敗と負け越している千葉戦だけに、リベンジを果たすべく多くのサポーターの方がフクアリに駆けつけた模様です。アウェイエリアが拡張されているのがテレビで観ていてもわかりました。現地でサポートされた皆さん、大変お疲れ様でした。
 そんでもって我が家は今節も自宅でテレビ観戦...OTL ナイトゲームは仕方なかとですよ。でも、次節の国立からはキックオフの時間が早くなります。ってことは...( ̄ー ̄)ニヤリ

 エスパルスは累積警告で出場停止のヂェヂンに代えてヤジがスタメン出場。それ以外は前節と同じ先発メンバー。そして、ついに、来日3ヶ月目にして、アレシャンドレ選手がベンチに入りました。それだけで、個人的にはカナーリ((o(´∀`)o))ワクワクもんですよ。
 “勝負の月”関東3連戦を乗り越える為にも、そして苦手な相手にリベンジを果たす為にも、絶対に落とせない戦い。そしてそして、あの“秘密の秘密兵器”が姿を現すかどうか...。いろんな意味で“重要”な試合がキックオフ!

 
 試合開始直後から、エスパルスは千葉を圧倒。千葉のお株を奪う“走るサッカー”を実践し、攻守の切り替えや動き出しの速さで千葉に負けることなく、キッチリ守備を行い千葉に攻撃のチャンスを与えませんでした。また攻撃面では、ジュンゴ・兵働の両サイドから積極的に千葉ゴールを強襲。いつゴールが決まってもおかしくないような攻撃を展開しました。
 
 先制したのはエスパルス。前半4分、中央でボールを受けたエダが、右サイドを駆け上がってきたイチにダイレクトでボールを出すと、それを思いっきり豪快にダイレクトでばちこーーーんとミドルシューーーーートォーーーーーッ!!ボールは約30m先の千葉ゴール左に突き刺さりゴォーーーーールッ!!イチの4年ぶりゴールが...
 キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!
 イチのビューテフォーミドルでエスパルスが先制しました。
 
 しかし、喜んでいるのもつかの間、その1分後に佐藤のミドルシュートを喰らって同点...OTL 集中しようよ>オレンジ戦士。 その後もエスパルスが中盤を支配し、素早い攻守の切り替えから千葉を攻め立てますが、ヤパーリ決定力不足が露呈してしまい、フィニッシュのところでゴールに繋がりません。また千葉も、カウンター狙いでハースにボールを集めますが、エスパルス守備陣が体を寄せて攻撃の芽を摘んでピンチをしのぎ切り、同点のまま前半が終了。

 後半に入ると、千葉は羽生を投入し逆転を狙います。そして後半4分、その時はやってきます。
 
 クルプニコビッチからのロングパスに追いつき、エスパルス守備陣の裏にフリーで抜けたハースがミドルシュート。これを前に出てきた西部が両手でクリア...って、ペナルティエリア外ぢゃねぇの? と、見えましたが、主審のジャッジはノーファウル。
 |-`).。oO(でも、あれは完璧にハンドだろ...。)
 
 これを機にエスパルスが攻撃の勢いを増し、明らかに運動量が落ち始めた千葉に対して、エスパルスの中盤でのパスが次第に面白いように通るようになります。追加点はエスパルス。後半10分、カウンター攻撃で千葉陣内に切れ込んだ枝村から左サイドのマルキィニョスへパスを出すと、ドリブルでペナルティエリア内に持ち込んで、阿部をフェイントでかわして角度のないところからシューーーーートォーーーーーッ!!ボールはGKの手をかすめてネットに突き刺さりゴォーーーーールッ!!エスパルスが勝ち越しゴールを決めました。
 
 これで完璧に攻撃の主導権を握ったエスパルス。その後も攻撃の手を緩めません。対する千葉は防戦一方の状態に。後半16分に千葉は巻を投入、反撃を計ります。しかし、運動量で千葉を凌駕するエスパルスは、千葉の攻撃のキッカケをことごとく潰し、千葉に決定的な仕事をさせません。
 
 そして後半26分、またもやカウンター攻撃からヤジがゴリゴリドリブルで千葉ゴール前に突進し、DFをかわしてシューーーーートォーーーーーッ!!これは惜しくも千葉GKに弾かれてしまいますが、こぼれたボールを千葉ゴール前でどフリー状態のジュンゴが『ゴチになりやーーーすっ!』ってな感じで足であわせてゴォーーーーールッ!!エスパルスがさらにリードを広げました。
 
 その後兵働とマルキィニョスが負傷交代。そして千葉が巻を中心に攻撃を仕掛け、エスパルスが押される場面もありました。しかし、エスパルス守備陣が最後まで集中を切らさずに献身的な守備を続けて千葉の攻撃を退けました。
 
 ある意味“本日のメイン・イベント”がやってきたのは後半40分。健太監督は疲れが見えてきた矢島に代えて、あの“背番号33”を呼びます。そう、いよいよ、満を持して、あの、“本当に秘密のままで終わるんぢゃ...”とまで危惧されていた(?)、アレシャンドレ選手が、とうとう、その神秘のベールを脱ぐ日が...
 キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!
 出場時間は5分間しかありませんでしたが、リーグ戦初出場を果たしました。
 しかし、事態が大きく変化することなく、そのまま試合終了。エスパルスが千葉に対してリベンジを果たし、99年以来7年ぶりの8試合連続無敗を達成しました。

清水は8試合負けなし/J1(nikkansports.com)
清水8試合連続無敗!暫定3位浮上/J1(nikkansports.com)
清水は8戦負けなし/J1(nikkansports.com 静岡)
市川4年ぶり弾 清水暫定3位に浮上(Sponichi Annex)
J1:清水が3ゴールで快勝 千葉はホームで5連敗(MSN毎日インタラクティブ)
【J1:第22節 千葉 vs 清水 レポート】攻守両面で清水に圧倒された千葉が、1-3の完敗でホームゲーム5連敗を喫する。(J's GOAL)

 この試合、何といってもヤジでしょう。
 
 相手陣内のどこでボールを受けても、ゴールへ突進していく...。ヤジのあの速度とパワーを併せ持つドリブルはDFとしては怖いはず。それに、ほとんどのルーズボールを拾ってマイボールにしてしまう運動量。あれだけ豊富な運動量を武器にして、前へ前へと突進して勝負しにいく日本人FWって...。凄いですよね。
 シュートの精度がいまひとつで、なかなか結果が出ないヤジ。今節も何度も決定的チャンスがありながらも決めきれず、しまいにはジュンゴに“美味しいところ”を持っていってしまわれる始末...。ヂェヂンやマルキィニョスなど競争倍率が高いFWのポジション。でも、あの“ゴリゴリドリブル”を続けていければ、きっと凄い日本人FWになれると思います。
 ヤジ(*^ー゚)b グッジョブ!!このまま頑張れば日本代表も夢ぢゃない!?
 
 それとイチ!相変わらず兵働との右サイドでのコンビネーションはバッチリの様子。何度となく長い距離を走って兵働を追い越し、右サイドの深いところへ切れ込んでセンタリングを上げるシーンを見せてくれました。
 そしてあの弾丸ミドルシュート。ふかさないように上手く抑えて、しかも走りこんできてダイレクトシュートしたから、キック力+走ってきた速度で、物凄い弾丸ミドルになってました。2002年8月3日のvs札幌戦以来、約4年ぶりとなるゴールは、イチの今の絶好調振りを物語っていると思います。
 イチ(*^ー゚)b グッジョブ!!これからも遠慮しないでバンバンゴールを決めちゃっていいからね!
 
 それと、アレシャンドレ。まぁ、出場時間は5分と短かったので、その真価のほどは解りませんでしたが、ポストプレーもこなしてたし、競り合いでも負けてなかったので、十分期待は出来ると思います。せっかく遠く日本までやってきたんだから、もっともっと真価を発揮しまくって欲しいです。
 アレシャンドレプチ(*^ー゚)b グッジョブ!!マルキィニョスとは仲良くね。

 エスパルスは千葉に完勝して、“勝負の月”の9月の関東3連戦を白星でスタート。上位チームが勝った為に順位に変動はありません(昨日の夕方までは暫定3位だったけどね...OTL)が、勝ち点を44に伸ばし、長谷川監督が今季初めに掲げた“勝ち点50”にあと6と迫ってきました。
 それと同時に、ステージ優勝を果たした99年以来7年ぶりの8試合連続無敗を達成。ってことは、もしかしてもしかすると...。おおっと、“慢心に隙あり”ですね。あくまで謙虚に、1試合1試合戦って欲しいです。
 
 次節はvs鹿島戦@ホーム国立。この試合に勝つとクラブ初のホーム9連勝となります。次節はヂェヂンがサスペンド明けでスタメン復帰が濃厚。攻撃力も必然的に向上するはず。それにヤジという強力なオプションもあり、アレシャンドレという“秘密兵器”もありと、エスパルスの攻撃力は確実に向上しています。しかし相手は鹿島。油断していると姑息な手で攻撃してくるかもしれません。
 上位との対決に向けて、課題である決定力の向上を果たし、中盤から守備ラインまでの連係を密にして、攻守の切り替えをもっと早くして欲しいです。そして関東3連戦出よい結果を出して、上位定着を目指して欲しいです。

 そういえば、久しぶりに巧キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年9月11日 00:57

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1004

コメント

こんにちは!
タイトルを見た瞬間、一瞬どんなアッーネタかと若干wktkしたのは内緒ですwwww

フクアリにいましたが本当に完勝でしたね!本当にみんな休まず良く動くいていましたし。アレッシャンドレが出てきて五分で歩いた時には笑いましたがw

シーズン当初の目標の勝ち点50、得点50はもうすぐなんですね!国立にも行って声出してきます!

noriさんこんばんは。ご無沙汰です。
 
健太監督だってエダ・兵働・ヤジ・ジュンゴのセクシーパスワークや
イチのセクシー弾丸シュートを目の前で見ちゃったら、思わず
(;´Д`)ハァハァしちゃうでしょうwww
 
昨季まで、いや今季の前半まであんなに苦戦してきた
千葉を相手に、千葉のお株を奪う“考えて走るサッカー”
で勝てたのは、本当に嬉しいですね。
 
動いているアレシャンドレ選手を見られてウラヤマスィーですw
もっと動いてチームにフィットすれば、強力な“秘密兵器”
になるかも...。期待しましょう。
 
勝ち点50も得点50もリーグ戦5位以内も実現可能性は十分。
あとは“タイトル”...。そのためにも、鹿島戦@国立は
勝ってほしいですね。次節は15:00開始だから...( ̄ー ̄)ニヤリ

コメントしてください