メインS-PULSEgame preview...?こんどこそ“福あり”になってホスィ...

2006年9月 8日

こんどこそ“福あり”になってホスィ...

 前節、京都に1-0で辛くも勝利し、クラブ初のホーム8連勝を決めたエスパルスは9日、リーグ戦第22節vs千葉戦@フクアリに臨みます。エスパルスは今まさに『CHALLENGE FIVE!』5戦全勝&01年以来5年ぶりチームタイ記録、同一シーズンではチーム初のホーム8連勝&チーム初のホーム連続6試合完封勝利と、ノリにノリまくっています。しかし、8月後半の試合では、連戦の疲れからか単純なミスや連係不足でピンチを招いたり、再三の決定的チャンスを生かせなかったりと、不安な要因も散見されました。上位チームとの対戦が続く9月。リーグ戦後半の第1の“山場”になるかもしれません。
 
清水DF青山が3戦連続完封に意欲(nikkansports.com)
清水長谷川監督「勝負の月」(nikkansports.com 静岡)
【J1:第22節 千葉 vs 清水 プレビュー】6勝1分と攻守で波に乗る清水から、勝負強さを発揮して転機となる1勝をあげたい千葉。(J's GOAL)
 
 前節vs京都戦では、8月の強行日程による連戦の疲れからか単純なミスや連係不足が露呈。おまけに試合終盤には選手の足が止まってしまい京都に押し込まれる展開になってしまいました。しかし、守備陣の踏ん張りとセットプレーからのヂェヂンのシュートが決定打になり京都に勝利。良い形で8月を締めくくることが出来ました。
 次節の対戦相手は千葉。千葉は目下ホーム4連敗と苦戦続き。おまけに巻・羽生・阿部の主力3選手が日本代表戦のアジア遠征帰りと、千葉にとって試合に臨む条件は厳しくなりそうです。しかし、組織的に守って足を使った攻撃を展開する千葉のサッカーは健在。油断すると、千葉の豊富な運動量を駆使した攻撃を喰らって失点してしまう可能性も、十分にあると思います。
 
 健太監督が“勝負の月”と銘打った9月。エスパルスがさらに上位に食い込む為には、この9月の3試合で結果を出さなければなりません。千葉には3月21日のリーグ戦第4節@日本平では試合終了間際に羽生にゴールを決められて1-2で敗戦。5月14日のナビ杯予選@日本平では1-0で勝利したものの、5月21日のナビ杯予選@フクアリでは、これまた試合終了間際に山岸に決勝ゴールを決められてしまい0-1で敗戦。今季の千葉との対戦成績はこれまで1勝2敗と、辛酸を舐めさせられています。
 
 エスパルスは8月は絶好調で終われたものの、先日の練習試合で主力組が控え組に負けるなど不安な要因がイパーイ。京都戦で決勝ゴールを決めたヂェヂンはアジア杯予選に韓国代表として出場し、2ゴールを挙げる活躍を見せていますが、千葉戦は累積警告で出場停止... (;・∀・)ダ、ダイジョウブカ…?エスパルス攻撃陣。
 
 “勝負の月”の初戦となる千葉戦で勝利を決めてリベンジを果たし、8月の絶好調の流れを9月も維持して、上位を脅かすような戦いぶりを見せて欲しいです。

 そういえば、千葉戦@フクアリはアウェイユニなんだよね...。エスパルスって、今年はまだアウェイユニを着た試合で1試合も勝ってないんだよね...OTL




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年9月 8日 00:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1001

コメントしてください