メインS-PULSE2006年あの時、京都に負けといてよかったのかも...

2006年9月 1日

あの時、京都に負けといてよかったのかも...

J.LEAGUE Division1 21th sec.
清水 1-0 京都

 前節vsFC東京戦で、“疲労”と戦いながらも辛くも完封勝利を収めたエスパルスは30日、リーグ戦第21節vs京都戦@日本平に臨みました。夏休み期間中の最後のリーグ戦開催。イベントの効果もあって、小さなお子さん連れの方も多かったそうです。現地でサポートされた皆さん、大変お疲れ様でした。
 
 で、“夏休み”って言葉自体が存在しないんぢゃないか?と思わず疑ってしまいたくなるような会社に勤めている私は、ど平日のアウェイのナイトゲームなど当然観に行けるわけもなくスルー。おまけに試合中継は一切なし。ってか、この日自宅に帰って来たのは夜8時半近く。そのままぱる坊をお風呂に入れて、私がお風呂から出てきたときにはすでに試合は終了...OTL ってなわけで、いつものようにオヒサルの文字実況を見返したり、その後のスポーツニュースをチェックしたりしてました。相変わらずあんまり映像なかったけどね...OTL

 エスパルスは前節と同じ先発メンバーで京都戦に臨みました。また、平岡に代わり岩下ベンチに入りました。

 
 試合をまったく見ていないので何とも言えませんが、やはり連戦の疲れからか、エスパルスの選手の動きに精彩がなかった様子。試合の主導権を握り、京都にシュートを打たせないように中盤の守りを固めるも、攻撃陣のフィニッシュの精度が低く決めきれずに苦しんだ試合展開。しかし、懸案だったセットプレーからのヂェヂンのゴールで辛くも京都にリベンジを果たし試合終了...。と、結果だけ見ると『CHALLENGE FIVE!』5戦全勝01年以来5年ぶりチームタイ記録、同一シーズンではチーム初のホーム8連勝チーム初のホーム連続6試合完封勝利と、華々しい記録が並びますが、実際には選手の出足が遅く、カナーリグダグダな重苦しい試合内容だったようです。

清水ホーム8連勝、京都に1-0/J1(nikkansports.com)
清水チョ、値千金の3戦連続ゴール/J1(nikkansports.com)
清水ホーム8連勝、同一シーズン初/J1(nikkansports.com 静岡)
清水、ホーム8連勝!3戦連発チョが決勝弾!(sanspo.com)
チョ3戦連発ホーム8連勝…J1第21節(web報知)
【J1:第21節 清水 vs 京都 レポート】前回対戦の教訓を活かし、京都に価値ある勝利。優勝争いに参加する挑戦権を得て、9月『勝負の月』へ。(J's GOAL)

 この試合でも、特筆すべきはエスパルス守備陣でしょう!
 
 暑い夏の強行スケジュールで行われた8月の4連戦。選手の疲労もピークに達しています。そのため、中盤での単純なパスミスや連係ミスからピンチを招くシーンも多かったはず。しかし、中盤の底から最終ライン、そしてGK西部を含めた“エスパルス守備陣”が試合終了まで集中を切らさずに体を張って京都の攻撃を食い止め続けることができた。その成果が“勝利”という形で現れたのだと思います。
 ホーム連続6試合完封勝利は、まさに“エスパルス守備陣”の奮戦の賜物。輝かしい“誇り”になると思います。昨季から健太監督が取り組んできた“守備の立て直し”が、やっと大きな実を結んできた証拠だと思います。
 エスパルス守備陣(*^ー゚)b グッジョブ!!あとはフィニッシュの精度だな...。

 エスパルスはvs京都戦で、今季リーグ戦14節のアウェイvs京都戦で喫した惜敗の借りをキッチリ返して勝ち点3を積み上げ、勝ち点を41に伸ばして昨年の年間勝ち点39をオーバー。(これで残留は確定になったかな...?) そして、リーグ戦で首位との勝ち点差5の4位をしっかりキープ。リーグ戦後半戦に向けて、非常にいい形で夏場を乗り切れたのではないでしょうか。
 それもこれも、今季リーグ戦14節のアウェイvs京都戦で惜敗したことが、よいきっかけになったのではないでしょうか。W杯終了の中断明けのリーグ戦9試合のエスパルスの成績は7勝1分1敗。その唯一の黒星がアウェイ京都戦。そのときの敗戦の悔しさをバネに、チームで守備の見直しを再度行って連携を強化させることで、守備力の向上を図った結果、エスパルスはここまでの好調を維持できたのだと思います。今後のエスパルス守備陣の奮闘に期待したいです。
 
 次節はちぃーっとばっか期間が開いて1週半後のvs千葉戦@フクアリ。そして次節はヂェヂンが累積警告で出場停止...OTL 次節までの期間に、真夏の連戦で溜まった疲労をすっきり回復して欲しいです。そして来るべき9月の上位対決3連戦に向けて、攻撃陣の連係の確認やフィニッシュの精度を向上させるシュート練習などを積極的に行い、上位チームや強豪チームを撃破していって欲しいです。

 そういえば、ご当地パペパル発売日の試合は6戦全勝なんだよね。もうこの際だから、ホームゲームでは毎試合ご当地パペパル発売しちゃったら?>エスパルス営業部門各位




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年9月 1日 00:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/997

コメント

taoさん こんにちは
京都の雨の中
藤間流の呪いに掛かった敗戦から
(試合前 白装束の藤間流の家元(?)の
♪ららら~京都♪にあわせた舞がありました。)
その後 負け知らずのエスパルス
これからは、降格の恐怖なく応援できるのが
一番嬉しいです。
もう大丈夫ですよね!
9月は、勝負の月との事ですが、
どこも参戦できそうになく
10月1日 日本平に行こうかと予定してます。

カッコさんこんばんは。ごぶさたです。
 
藤間流の呪いやら、弁当の呪いやらに翻弄されながらも
ここまで勝ち進んだエスパルスの実力は“本物”でしょう。
 
昨季あんなに苦しんで、最後の最後で決めた“残留”。
今季はそんな心配は必要なくなったといえるでしょう。
しかし、昨季の苦労があったからこそ、今のエスパルスが
あるんだと思います。
 
9月には上位チームとの“関東3連戦”が待っています。
千葉戦はナイトゲームなので、ぱる坊がいるので観に
行けませんが、鹿戦とウィーアー戦は久しぶりに観に行こうと
思っています。
でも、ぱる坊の調子次第ですが(苦笑)。

コメントしてください