メインエスパルス観戦記2006年リーグ戦前半戦の勝手な総括のつもり...

2006年8月17日

リーグ戦前半戦の勝手な総括のつもり...

 2006年のJ1リーグも先週の第17節が終了して、後半戦に突入します。昨季は夏場に思ったように勝ち点が積み上げられなかった為に、後半戦、残留争いの渦中に入ってしまい、非常に苦労したエスパルス。しかし、今季のエスパルスはどうでしょう。
 リーグ戦も折り返しに来ているということで、個人的に勝手な総括っぽいもの(要するに感想文)を書きたいと思います。

 リーグ戦第17節を終了した時点で、エスパルスの成績は17戦10勝1分6敗、得点28失点21、勝ち点31で5位。健太監督が今季の公約として掲げた“チャレンジ5”のうち、1.リーグ戦5位以内 2.勝ち点50以上 3.得点50以上の3つの公約は果たせそうな勢いです。(残りの2つは...。まだまだ頑張りましょうっ!)
 
 J1残留にあれだけ苦戦した昨季と比較しても、今季のエスパルスは大健闘しているといっていいでしょう。その健闘を支える大きな要因は、大きく分けると3つあると思います。

 
 1つ目は戦術理解度の向上。昨季から健太監督が取り組んできた4-4-2のフォーメーションの選手間の連係がかなり向上してきたこと。及びボールを奪った後、攻守の切り替えを早くして、両サイドからの攻撃を活かして素早く相手ゴールに迫るという“ファストブレーク・サッカー”がチーム内の意識として浸透してきたことが奏功しているのではないでしょうか。
 
 2つ目に守備の安定。アオや、和道・イチ・山西に西部を含めた守備陣がしっかりゴール前を固めていてくれていることが、大きな安心感を与えているのではないでしょうか。守備がしっかりしていてくれれば、攻撃陣も思い切って攻撃に出られますからね。それに加えて中盤の守備、特にテルの存在は、今季は非常に大きいと思います。主に守備面で中盤の底を走り回っているテル。何度となく敵の攻撃の目を摘んでくれました。テルの守備がしっかりしているからこそ、エダが思い切って攻撃参加できるし、その結果、エスパルスの攻撃の枚数が増えて、ゴールのチャンスが増えるって訳ですね。
 
 3つ目は若手選手の急成長。これはもう言わずと知れたことでしょう。ジュンゴ・兵働・アオ・エダ・ヤジ等の今季及び昨季加入した若手選手がメキメキと頭角を現し、レギュラーポジションを獲得。特に兵働・アオ・エダは、残留争いで苦しんでいた昨季後半から試合に出場し始め、エスパルスの危機を回避するために活躍してくれました。ヂェヂンやマルキィニョス、テルやイチの活躍にも目を見張るものがありますが、やはり若手が元気だと、チーム全体が活気付くんでしょうね。

 昨季は勝てるゲームを引き分けてたから残留争いに巻き込まれ、今季は負けるゲームを引分け以上にできるから上位に食い込んでいる。今季の初め、サッカー専門誌からも降格有力と揶揄されていただけに、現段階の成績には喜びもひとしおです。
 
 昨季は17節終了時点で15位との勝ち点差3、しかし、今季はトップの浦和と勝ち点差5。とりあえず“残留争い”には巻き込まれる心配はなさそうです。むしろ健太監督のもう一つの公約を果たせる可能性が...。

 今週末の甲府戦@日本平からリーグ戦も後半戦に突入します。リーグ戦後半戦に向けて、上位進出への足掛かりとなるように、今季初の4連勝を目指して、甲府戦に臨んでほしいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年8月17日 00:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/988

コメント

お久しぶりですm(__)m

負けるゲームを引分け以上にできる。本当にこれですよね!
去年は何度ロスタイムで(´・ω・`)ショボーン とさせられたか…

守備の安定ってのもテルがいるお陰でリードしてる場面である程度気持ちに余裕をもって見られます。アリガトウ輝。

若手の急成長ってとこで自分はそろそろ岡ちゃんのゴールが見たいですщ(゚Д゚щ)後半の切り札というか…そんな存在になって欲しいです!本当ならアレシャンドレが…いえ、なんでもないですw

後半戦も期待大!ですね。

noriさんこんばんは。こちらこそお久しぶりです。
コメントありがとうございます。
 
守備からチームの立て直しに着手した健太監督の次なるステップは
攻撃力の強化。守備が安定していれば、ロスタイムに..._| ̄|○
とはならないですからね。
 
それに、今季のテルは本当に(*^ー゚)b グッジョブ!!ですよね。まさに
“いぶし銀”。オシムジャパンに召集されてもいいくらい(笑)。
 
そして一番エスパルスの躍進を支えているのは“若手”。お隣の
県西部のJ1チームは世代交代が上手くいかなくて苦戦していますが、
エスパルスは若手もベテランも切磋琢磨しあいながらレベルアップ
していますからね。
 
このよい流れを維持しながら、リーグ戦後半戦も気を緩めずに
戦って欲しいですね。当然期待は無限大ですっ!

コメントしてください