メイン日本代表“就任”と“引退”で見えてくるもの

2006年7月 4日

“就任”と“引退”で見えてくるもの

ジーコ監督の後任監督にオシム氏が就任へ(nikkansports.com 2006年ドイツW杯 日本代表ニュース)
ヒデ、現役引退を表明(nikkansports.com)
 
 オシム監督の日本代表監督就任(予定)については、いろいろな方が語りつくしていることなので、あえて多くは語るつもりはありませんが、ジェフ千葉の選手・スタッフ・サポーターの皆さんの心中を察すると、言葉もありません。もし、健太監督がいきなり川渕キャプテンに拉致られたら代表監督就任を要請されたら...。自分も黙っていられないと思います。
 “日本代表のためならクラブチームは引いてくれ”みたいなJFAのやり方も気にくわないし、そもそも監督経験の無かったジーコをいきなり代表監督に据えた川渕キャプテンの責任だって追求したいところ。なのに“あんな形”で何もかも有耶無耶にされたら、ジェフサポさんでなくてもいい気はしないと思います。
 
 そんなさなかに飛び込んできた中田英寿の引退表明。日本代表を代表する存在でもあった中田の引退は、少なからず日本サッカー界に衝撃を与えることでしょう。ワールドカップ1次リーグvsブラジル戦終了後、ピッチに横たわったまま涙を浮かべてしばらく動かなかったのは、現役最後のピッチの感触を味わっていたかったとのこと...。
 ワールドカップ本大会の半年前くらいから引退を考えていた中田選手。引き際も中田らしく、非常に潔いものではないでしょうか。長い間、本当にお疲れ様でした。>中田選手
 
 オシム監督の日本代表監督就任と中田選手の現役引退。この“2人の決断”はサッカー日本代表の、ひいては日本サッカー界の新しい時代の到来を告げているのではないでしょうか。
 
 若手であろうとベテランであろうと公平に扱い、実力があればだれでも起用するオシム監督。そして、サッカー日本代表を力強く牽引してきた中田選手の引退。これからのサッカー日本代表は、正に未知数と言っても過言ではないと思います。
 海外移籍している選手でなくても、Jリーグで結果を残せればオシム監督の目にとまる。そしてそのチャンスは、中田選手が第1戦を退いた結果、多くの若手選手にも巡ってくる。そこに、新生サッカー日本代表の可能性を見出すことが出来るのではないでしょうか。
 
 2006ワールドカップでは残念な結果に終わってしまった日本代表。しかし4年後のサッカー日本代表は、今から想像もできないほど、大きく変革しているかもしれません。今はただ、その“可能性”に期待したいと思います。

 そういえば、中田って東ハトの非常勤執行役員もやってんだっけ。でも、その東ハトも山崎パンに買収されちゃうんだよね...。
 こうなったら“中田茶屋”の社長として、スター○ックスなみに世界展開? あるいは、投資ファンドでも立ち上げる(憶測)のかな? アメリカの大学でMBA取得するみたいだし。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年7月 4日 08:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/952

コメントしてください