メインS-PULSE2006年こんなに早く“A”が体験できるなんて...(´∀`*)ポッ

2006年5月30日

こんなに早く“A”が体験できるなんて...(´∀`*)ポッ

 なんて言ったかどうだかわかりませんが、昨季エスパルスに加入した“勝利を誓う 清水の壁”平岡康裕選手が、晴れてプロC契約からプロA契約に変更になったそうです。平岡オメ!!
 
平岡康裕選手 プロA契約締結のお知らせ(エスパルス公式)
平岡をA契約に変更(静岡新聞)
 
 今期に入ってスタメン出場していた青山が怪我で戦線離脱。そのピンチを救ったのが平岡選手。ナビ杯予選とリーグ戦で4月から5月にかけて5試合にスタメン出場。プロA契約の条件である累積出場時間450分をクリアして、プロC契約からプロA契約に契約更改となった模様です。
 プロA契約ともなれば、名実ともにトップチームの選手となります。それはすなわち、平岡選手の実力が認められたのと同時に、平岡選手を見る目が厳しくなるということ。これからはより一層結果が求められるでしょうし、結果が出なければ厳しい結果に... 平岡選手も厳しい競争に立ち向かわなければなりません。

 現時点でエスパルスとプロA契約を締結してるのはGKでは掛川・西部、DFでは斉藤サン・モリ・山西・和道・イチ・和田サン・アオ・そして平岡、MFではテル・ユキヒコ・康平・圭輔・純平・浩太・枝村(ユースからの昇格)・兵働・ジュンゴ、FWではマルキィニョス・グラール(仮称)・ヂェヂン・ヨシキヨ、そしてレンタル移籍中の鶴見・昇平・クロと、合計26名。一方、Jリーグでは各クラブで保有できるプロA契約選手の人数を25人までと定めています。
 (シーズン中にプロA契約に公開した選手はシーズン終了まで25人枠の対象外。また、自クラブのユースチームから昇格したプロA契約の選手は、契約を結んだシーズンを含めて3シーズンは25人枠の対象外となります。)
 現時点でのエスパルスの“もうすぐベストテンプロA契約”の選手は矢島・岡崎・真希・海人・岩下あたりでしょうか。そう考えると、来季以降の契約更改までにある程度結果を残せないと...(((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
 
 実力を認められて、より一層の実力を試されるプロA契約。平岡選手の活躍に期待したいです。

 
 《参考資料》
 
 <プロA契約>
 プロB契約と同じように規定試合出場時間を満たすか、プロC契約を3年経過するか、いずれかの条件を満たしていることが条件になります。プロA契約選手の保有人数は1クラブ25名までと制限されています。また、報酬に制限はありませんが、プロA契約を初めて締結する場合のみ、基本報酬の上限は年間700万円(変動報酬は制度趣旨を逸脱しない範囲で設定)と制限されています。
 試合出場時間:対象となる試合は、リーグ戦・リーグカップ戦・天皇杯で、J1所属選手の場合は450分、J2所属選手は900分、JFL所属選手は1,350分。
 
 <プロB契約>
 プロA契約の条件を満たしているものの、プロA契約を締結しない選手が締結する契約のこと。基本報酬年480万円、出場報酬1試合5万円を超えてはならないという制限があります。規定出場時間はプロA契約と同じ。
 試合出場時間:対象となる試合は、リーグ戦・リーグカップ戦・天皇杯で、J1所属選手の場合は450分、J2所属選手は900分、JFL所属選手は1,350分。
 
 <プロC契約>
 プロA契約の締結条件を満たしていないプロ契約選手で、アマチュア選手、社員選手が初めてプロ契約を締結する場合は必ずこの契約を結ぶ必要があります。契約できる年数は3年間。3年を経過した後に引き続きプロ契約を締結する場合には、プロA契約またはプロB契約を締結することになります。プロC契約もプロB契約同様、基本報酬は年480万円、出場報酬1試合5万円を超えてはならないという制限があります。
 
 about Jリーグ 試合関連 登録と移籍(Jリーグ公式)参照




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年5月30日 00:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/922

コメントしてください