メインS-PULSE2006年この1戦に“かける想い”

2006年4月20日

この1戦に“かける想い”

 週末に控えたリーグ戦第9節vs浦和戦に向けて、オレンジ戦士もかなり気合が入ってきているようです。健太監督が“リベンジしたい”と名指しした浦和との対戦ですから、選手も今まで以上にモチベーションがあがるのは至極当たり前のこと。選手各々がそれぞれの思いを胸に、浦和戦に臨むようです。
 
清水DF青山の次節復帰は様子見ながら(nikkansports.com)
清水が浦和戦へ向けナイター練習(nikkansports.com)
清水GK西部体調万全、古巣相手に意地!(nikkansports.com 静岡)
矢島、練習合流 浦和戦に意欲(静岡新聞)
 
 浦和との対戦に向けて、選手は決して気負うことなく、適度の緊張感を持ちつつ週末の決戦に向けて調整を続けているようです。昨季は散々辛酸を舐めさせられ、健太監督がリベンジしたいチームとしてG大阪・大分と並ぶ浦和との対戦は、選手もサポも気合の入り方が違うはずです。前節の鹿島戦のような敗戦はしないよう。十分に調整して浦和を撃破して欲しいです。

 でも、くれぐれも無理はしないでね。>矢島・青山




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年4月20日 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/886

コメントしてください