メインエスパルス観戦記2006年今更だけど、ナビ杯広島戦振り返っとく?

2006年4月16日

今更だけど、ナビ杯広島戦振り返っとく?

2006ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第2日
清水 2-2 広島

 世を忍ぶ仮の仕事の方がハチャメチャ(表現古っ!!)に忙しく、ブログまで気が回らなかったので、更新が滞っておりました管理人taoでございます皆様大変ご無沙汰しておりますそんなにご無沙汰でもありませんかああそうですか。
 さて、そういえば、気がついたら水曜日にナビ杯予選リーグ第2日vs広島戦@日本平がとっくに終わっちゃって、おまけに、リーグ戦第8節vs鹿島戦@鹿スタまで終わっちゃってるぢゃありませんかっ!!みんな何でもっと早く教えてくれなかったんですかっ!!(誰のこと?)
 
 まぁ、あれだ。終わっちまったものはしょうがないし(それにどちらの試合も生中継すらなかったんだから)、ここは開き直っちゃって、ナビ杯予選リーグ第2日vs広島戦の振り返りを一応しておきますか。(激しく今更とか言うの禁止)

 
清水MF枝村同点ゴール/ナビスコ杯(nikkansports.com 静岡)
【ナビスコ杯 1次リーグ第2日】終盤に粘り 広島と2-2 (静岡新聞)
【ヤマザキナビスコカップ 清水 vs 広島 レポート】攻め合いながらも、勝点1を分け合った両チーム。収穫ある一戦も、結果は得られず。(J's GOAL)
 
 前述のとおり、試合の中継が無かった為、試合内容については全く分かりませんが、結果的には“負けなくてヨカタヨ...”ってな感じの内容だったようですね。
 エスパルスは前戦の大分戦から大幅にメンバーを変更して、中でも平岡がプロデビューを果たし、その他、和田サン・圭輔・イチ・浩太・ヨシキヨがスタメン入り。なんと6人もスタメンを入れ替えて試合に臨み、またサブには真希・岩下が登録されるなど、かなーり目新しい面子で試合に臨みました。その結果、中盤での連携ミス・パスミスからボールを奪われてしまう場面も散見されたとのこと。(その最たる例が、後半開始10秒の失点...OTL)
 昨季までのエスパルスなら、逆転されたら、そこからガラガラと崩壊して敗戦...。なんてのは日常ちゃめしごと。しかし今季のエスパルスは、リードされても“下を向く”ことなく広島に挑んで、その結果、貴重な勝ち点1を積み上げる事ができた。そこは評価に値するのではないでしょうか。
 
 勝てる試合だったかもしれない。しかし、ほぼベストメンバーの広島に対して、エスパルスはアレだけ選手を入れ替えて試合に臨み、そしてひるむことなく戦い、結果勝ち点を積み上げる事ができた。シュート数もエスパルスが19本に対して広島は9本。J公式戦初出場の平岡や、今季初出場の和田サン。その他試合出場のチャンスをもらった選手が、そしてそれぞれがしっかり仕事ができたことも、エスパルスにとっては大きな収穫ではないでしょうか。
 
 これから鹿島(対戦済)・浦和・川崎と強豪との連戦が待ち受けるエスパルスにとって、自分たちが実践してきたサッカーに一層の自信を持つ為には十分な試合結果だと思います。選手一人ひとりが“エスパルスのサッカー”に自信を持って、今後の上位対決に臨めれば、おのずと結果は付いてくると思います。エスパルスは健太監督が描いている“戦術”に対する理解を一層深めて揺るぎないものにして、上位対決に臨んでほしいです。

 ってなわけで、鹿島戦はこれからスカパーの放送を見てから、観戦記らしきものを書こうかなぁーなんて思います。(ホントに書くのか?>自分)




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年4月16日 17:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/883

コメントしてください