メインエスパルス観戦記2006年冷凍みかんは4個入りぃー 今日のゴールは4ゴールぅー♪

2006年4月10日

冷凍みかんは4個入りぃー 今日のゴールは4ゴールぅー♪

J.LEAGUE Division1 7th sec.
清水 4-1 大分

 リーグ戦第3節までは(*^ー゚)b グッジョブ!!で、第4節以降は(#゚Д゚) ゴルァ!!な状態のエスパルスは9日、リーグ戦第7節vs大分戦@日本平を迎えました。日曜開催なのでテレビ中継もあり♪しかし、試合開始時間が13:00だったので、危うく見そっけるところでした...f(^_^;)アブネーアブネー。
 
 エスパルスは前節ベンチスタートだったマルキィニョスがスタメン出場。久しぶりにヂェヂン・マルキィニョスの2トップが揃い踏みしました。右サイドはイチの代わりにモリが入るところは前節と同じ。ベンチには久しぶりに和田タクミが入りました。エスパルスは昨季は大目玉(現九州石油ドーム)で大分に0-5とケッチョンケチョンにやられたほか、リーグ戦では今まで大分に1回も勝てていません...OTL。昨季の“お礼”をキッチリ返せるか。そして、再びエスパルスに良い流れを呼び込む事ができるか。目指せ!リベンジ!!の試合がキックオフ。

 
 エスパルスは大分のカウンターを警戒し、試合開始直後からオズマール・高松両選手を中心に、テルやエダムラなどが高い位置でプレスを掛けて、また中盤では最前線にパスが渡らないように体を寄せ、かつパスコースを消すなど、大分の最前線にボールが渡らないようにしました。そしてエスパルスが中盤でボールを奪うと、すかざず兵働・ジュンゴへパスを供給。特にジュンゴは再三大分ゴールに攻撃を仕掛けました。しかし、最前線のヂェヂン・マルキィニョスにボールが渡っても、フィニッシュの精度が甘く、なかなかゴールに繋がりませんでした。
 なんだか前節vsG大阪戦を髣髴とさせるじれったい展開に、「まさか、前節の同じような展開になるんぢゃ...(゚Д゚;)」と心配し始めた前半24分、後方からのロングフィードをマルキィニョスがDFと競りながらも左に流し、このボールをジュンゴが受けると、前目に出ている大分GKのポジションを冷静に判断して“素晴らしい”(解説:澤登氏、評)ループシュート。ボールは放物線を描きながら大分GKの頭上を越えてグォーーールッ!!エスパルスが先制しましたよっ!!。
 その直後、青山が自陣ゴール前での接触プレーで負傷。青山に代わり斉藤さんが昨年11月20日の柏戦以来約4ヵ月半ぶりに公式戦のピッチに立ちました。ガン( ゚д゚)ガレ!!斉藤さん!!。
 その後も大分ゴールに猛攻を仕掛け続けた前半41分。ジュンゴのCKを大分DFがクリア。そのボールをヂェヂンが体ごと(当然“手”などには当たっていません。当たっていませんよ...ね?)大分ゴールに押し込んでゴール!!良い時間に貴重な追加点を挙げました。非常にいい形のままに前半を終了。
 
 後半に入っても、依然エスパルスが試合のペースを握りました。前半同様、テル・エダムラ・兵働が中盤で動き回り、ときにプレスからボールを奪い、ときに前線に出て攻撃参加するなど、献身的な動きでエスパルスの試合展開にアクセントをつけていました。後半10分、エダムラが左サイドでパスを受けると、ドリブルでペナルティエリア内に切り込んで、ペナルティエリア左側すぐ外にいたヂェヂンにパス。これをヂェヂンが豪快にダイレクトシュート!!ボールは大分ゴール左隅に突き刺さり“文句なし”のゴールを決め、リードが3点に広がりました。ヨッシャーッ!!。
 3点差をつけたエスパルスはなおも攻撃の手を緩める事はありませんでした。テルや兵働、ジュンゴが積極的に攻撃参加。特にテルはピッチを縦横無尽に動き回り、後半19分にはテルが右サイドをオーバーラップして攻め上がり、深い位置からクロス。これは惜しくもゴールには繋がりませんでしが、効果的な動きでエスパルスの攻撃に厚みを持たせていました。
 エスパルスが攻め続けた後半25分、自陣深い位置からのモリのロングフィードを、マルキィニョスが大分DFと競り合いながらもカットすると、ペナルティエリア右隅の角度の少ないところからシュート!!、ボールは大分GKの手をすり抜けてゴール左隅に突き刺さりグォーーールッ!!!試合を決定付ける4点目が決まりましたっ!
 つ、ついに
 
MJ砲キタ━ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ━!!!
 
 その後、後半29分にジュンゴとヨシキヨが、34分にはマルキィニョスと康平がそれぞれ交代(両選手とも負傷交代のようでしたが...ちぃーっとばっか心配です...)。疲れも見え始めたエスパルスは中盤での寄せが甘くなりはじめると、完封勝利が目前に迫った後半44分、高松選手にゴールを許してしまいました...。
 しかし、大分の反撃もここまで。そのまま試合終了。エスパルスはリーグ戦で初めて大分を下しました。

清水・長谷川監督、選手を絶賛/J1(nikkansports.com)06.04.10追記
大分“お得意さん”に完敗/J1(nikkansports.com)06.04.10追記
チョ2発!とどめはマルキ弾!!/J1(nikkansports.com 静岡)06.04.10追記
【2006リーグ戦 第7節】4発、大分を圧倒 藤本先制、チョ2得点 (静岡新聞)06.04.10追記
清水苦手大分下し連敗ストップ(Sponichi Annex)06.04.10追記
清水・ルーキー藤本、連敗止めた!リーグ戦で大分に初白星(sanspo.com)06.04.10追記
藤本1発&アシスト…J1第7節(web報知)06.04.10追記
【J1:第7節 清水 vs 大分 レポート】藤本の鮮やかなゴールから攻撃陣が奮起。清水が大分戦初勝利を飾る(J's GOAL)06.04.10追記

 この試合でも、ひときわ目を引いたのはやはり“兵働・エダムラ・ジュンゴ”の若手の活躍でしょう。“俺たちのジュンゴ”は、あの技ありのループシュートもさることながら、前線で幾度と無くチャンスを演出。自身でもゴール前に何度も迫るなど、エスパルスの攻撃の“要”になっていると思います。
 エダムラ・兵働両選手も同様、ピッチを広く駆け回り守備に攻撃に積極的に参加。特にエダムラは高松やオズマールに仕事をさせないよう中盤からきちんとパスコースを消して、大分に思うような攻撃をさせませませんでした。兵働も同じように攻撃にアクセントをつける動きを何度も見せていました。特にあのCKの精度は絶品だと思います。もうちぃーっとばっかエスパルスに決定力があれば、もう3-4点決まってたっておかしくないはず(えこひいき杉?)。
 兵働・エダムラ・ジュンゴ(*^ー゚)b グッジョブ!!この調子で頑張ってね。
 (´-`).。oO(君達の好不調がエスパルスの運命を決めると言っても過言では無いんだから...。)
 
 それとテル。この試合では絶好調でした。本当にテルの中の人が変わっちゃったのか?と思うくらいです。中盤では大分2トップに決定的な仕事をさせないように体を寄せて守備に回り、攻撃に転じると、効果的なオーバーラップを積極的に仕掛けて攻撃参加。ゴールには繋がりませんでしたが、相手陣内に切り込んでセンタリングを上げるなど、攻守にわたり動き回っていました。やっぱり、今季からエスパルスのスポンサーにCONCORDE様が入ったから?それとも、大分の胸スポンサーがMARUHANだったから?(笑)
 まぁいづれにせよ、今までのテルからは想像もできないくらい絶好調なテル。この“確変状態”のまま、ずーっと突っ走っちゃってください。
 テル(*^ー゚)b グッジョブ!!パチンコは控えめにね(なんのこっちゃ)。
 
 この試合はいろんな意味で、重要な試合になったんじゃないかと思います。3連勝の後の3連敗と、不調のどん底に落ち込むか否か。また、いままでリーグ戦で1回も勝てない相手に勝つことができるか。そんな重要な試合を、エスパルスはモノにしました。昨季は大分に5-0と大敗を喫したエスパルスは、長谷川監督待望の“MJ砲”(この場合は、さらに強力なMJJ(マルキ・ジェジン・ジュンゴ)砲とでも言うべきかな?)で大分にリベンジを果たす事ができた。そして、このところ勝ちきれない試合が続いて、チーム内に漂っていたであろう“嫌ぁーな流れ”を断ち切ることもできた(はず)。今日のような試合を今後も続ける事ができれば、今後のリーグ戦で上位に進出する事もかなり期待できると思います。
 
 今週はナビ杯予選が水曜日に開催されますが、おそらくこの試合でサブに入ったメンバーや、サテライトで燻っている選手を中心に出場選手を構成してくると思われます。最近公式戦のピッチにあがるチャンスが少ないオレンジ戦士の皆さん。このチャンスを生かして存分に暴れまくっちゃって、レギュラーポジション争奪に名乗りを上げちゃってください。
 
 そして、エスパルスはリーグ戦6位と上位をキープ。リーグ戦ではこれから鹿島、浦和、川崎と上位チームとの対戦が続きます。しかし、このような試合展開を次節以降も維持して、なおかつ“MJ砲”あるいは“MJJ砲”がその都度炸裂しまくれば(過度の期待?)、上位を撃破することもさほど難しい事ではないでしょう。
 エスパルスもまだまだタイトな日程が続きます。選手も緊張感を切らさないよう集中して、この試合での勝利を明日以降の試合につなげていってほしいです。

 最後の高松のゴールがなきゃー、もっと良かったんだけどね...OTL




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年4月10日 01:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/881

コメント

冷凍みかんは4個入り~。エスパルスもゴールの網に4個入り~。でも虫歯にしみて1失点?あの歌は予言だったのか?

今回はサポータがフリーズ(冷凍)されずに済みました。

nekoさんこんばんは、はじめまして。弊サイトの管理人taoです。
コメントありがとうございます。
 
エスパルス特製の“敵ゴール”ネットに入った“冷凍みかん”なら
たとえ虫歯がいくつあろうと、知覚過敏であろうと...
♪いくつ食べてもやめられない んーーーーおいしいっ!!♪
ですよね(笑)
 
でも、無駄な“虫歯”や“知覚過敏”は無い方が“冷凍みかん”は
もっともっと美味しくなるはず。エスパルスも“虫歯”や“知覚過敏”
をきっちり修正して、エスパルスサポーターにもっともっと美味しい
“冷凍みかん”をご馳走してほしいですね。
 
こんな辺境のサイトですが、今後ともよろしくです...m(_ _)m

こんばんは。
4/22エコパでの浦和戦では、ついに「★パルちゃんショー『冷凍みかん♪ with GTP』」が実現しますね。よし、勝った!
大分戦の様に、"浦和ゴールの網にサッカーボール4個入り" になってくれると良いですねぇ(強気)

nekoさんこんばんは。コメントありがとうございます。
 
私も今日知りました。エスパルスオフィシャルにも正式に発表されて
ましたね。
 
当日は本物の“冷凍みかん”も販売されるそうな。当然“4個入り”で。
当日はウィーアーな方々は物珍しい“冷凍みかん”を食いすぎてお腹を壊す
はず(妄想)。そして、エスパルス特製の“冷凍みかん”でダメ押し!!
と、なるなず(きゃなり強気)
 
GTPの歌う“冷凍みかん”も、ウィーアーな方々の耳について放れない
はず(憶測)。ここまでやれば、エスパルスの勝利はもらったも
同然ですね。
 
っていうか、昨季の3連敗の雪辱を晴らして欲しいですね。

コメントしてください