メインエスパルス観戦記2006年いわゆる“いってこい”ってやつだな...

2006年4月 2日

いわゆる“いってこい”ってやつだな...

J.LEAGUE Division1 6th sec.
清水 2-3 G大阪

 ナビ杯予選リーグが始まったため、非常にタイトになってしまった試合日程。エスパルスは中2日でリーグ戦vsG大阪@日本平を迎えました。この試合は久しぶりにテレビ中継アリ。スタジアムへ行けない私としては、ヒジョーにありがたいです。(そのかわりに、日程的にタイトになってしまうわけだが...。)
 
 エスパルスは新潟戦でスタメン出場を果たしたモリ・矢島がスタメン出場。怪我で戦列を離れていた兵働はスタメン出場を果たし、マルキィニョス・イチはベンチスタートとなりました。G大阪は日本代表選手など主力4人を欠いての試合。一方のエスパルスはリーグ戦2連敗と不調。エスパルスはG大阪を粉砕して復調のきっかけを掴む事ができるか...。正念場の試合がキックオフ。

 
 エスパルスは試合序盤から、高い位置でプレスを掛けて中盤でボールを奪い、すかざず兵働・ジュンゴへパスを供給。両サイドからG大阪ゴールへと迫りました。また、ボランチの枝村やモリが積極的に攻め上がりチャンスを演出しました。しかし、G大阪ゴール前で再三決定的なチャンスを作るも、なかなかゴールに結びつける事ができません。逆に21分、G大阪家長選手が左サイドでモリを“股抜き”でかわすと、ペナルティエリア内の二川選手に一旦預けてマークを外し、折り返しのボールを落ち着いてシュート。ゴールを決められ、G大阪に先制を許してしまいました。
 だがしかし、だがしかぁーしっ!、エスパルスは怖気づくことはありませんでした。再三の決定的なチャンスを決められず、嫌ぁーな空気が漂い始めた後半44分、矢島の放ったシュートのこぼれ球をテルが前に出し、G大阪DFがそれをクリア。そのクリアボールをペナルティエリアの僅か外にいた兵働が拾うと、思い切ってミドルシュート!!、ボールはGKの手の先をすり抜けてゴール左隅に突き刺さり同点に追いつきました。
 それだけでは、それだけではぬぁーい!前半ロスタイムに、エスパルスは自陣ゴール前からのクリアボールをジェジンがDFを背負いながらヘッドで前方に送り、シジクレイがクリアしようとしたところを矢島が体を入れてカットしてゴール前へ独走。GKとの1対1も冷静にゴールを決めて逆転!!。エスパルスらしからぬ逆転劇を披露して試合をひっくり返して前半を終了。
 
 後半に入っても、試合の主導権を握ったのはエスパルス。中盤からしっかり守備をしてボールを奪い、すぐさまサイドから襲い掛かると言う戦略を変えずにG大阪を攻め立てました。G大阪は後半8分に播戸を投入。前線を厚くして反撃を試みましたが、エスパルスはそれも弾き返し続けました。しかし、連戦の疲れからかジュンゴに疲れが見え始めると、次第に中盤の守備が後手に回り始め、後半26分にはフェルナンジーニョに同点ゴールを献上、27分にジュンゴが交代すると、エスパルスはさらにG大阪に押し込まれ始め、ボール支配率もG大阪が高め始めました。G大阪の猛攻を受けはじめたエスパルスは最終ラインでDF陣が体を張って守備を続けましたが、後半41分にマグノアウベスに勝ち越しゴールを許してしまいました。エスパルスの反撃もむなしく試合終了。

兵働復活ゴール清水3連敗にも光明/J1(nikkansports.com 静岡)
【2006リーグ戦 第6節】G大阪に惜敗(静岡新聞)
【J1:第6節 清水 vs G大阪 レポート】アタッキングゾーンでの精度とゲームコントロールの差でG大阪の攻撃力が清水の守備力を上回る。(J's GOAL)

 このところ“勝ちきれない”試合が続いたエスパルス。この試合でそんな“嫌な流れ”を断ち切ろうと、試合開始からエスパルスは積極的にG大阪を攻め立てました。しかし、これが結果的には裏目に出た形になってしまいました。
 過密日程で選手には怪我や疲労が目立ち始め、試合に出場しても試合終了までスタミナが持続しない。その結果、守備から攻撃への切り替えが遅くなり、攻めきれない。攻撃のキーマンのマルキィニョスも怪我で100%の力が出せない。守備力は確実に向上してきたエスパルスですが、個人技で試合を打開できる選手がいると、小さな“ほころび”から失点を許してしまう。そしてエスパルスはバイタルエリアでボールをキープする事ができても、相変わらずフィニッシュの精度が甘く、ゴールに結びつける事ができない...。
 良くも悪くも、ジュンゴや兵働、矢島など、若手選手の“デキ”が試合の行方をある程度決めてしまう...。G大阪戦では、そんなエスパルスの“問題点”が浮き彫りになった気がします。
 
 悪い事ばかり言ってると゜д゜)鬱・・・になっちゃうから良い点も。やはり兵働&矢島の“フレッシュエスパルス”のゴールでしょう。特に矢島は公式戦2連続ゴール!!。しかし、前半が終了した時点で右肩鎖関節(みぎけんさかんせつ)亜脱臼で交代...。試合後の検査の結果、全治6週間とのこと...。焦らずしっかり治して、元気な姿でピッチに戻ってきて欲しいです。
 兵働やジュンゴもG大阪に勇猛果敢に襲い掛かりました。どんな相手であろうと最後まで積極的に戦いを挑む姿勢は、今までのエスパルスに欠けていた、非常に重要な事だと思います。今後もその姿勢を大いに伸ばしていって欲しいです。
 矢島の怪我が早く治りますように...(-人-)ナムナム
 
 試合の内容は決して悪くは無かったと思う。勝ってもおかしくは無かったとも思う。しかし、しかし終わってみれば、シュート数こそ上回ったもののボール支配率はG大阪に軍配。これで代表選手が出場してたら...(((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
 それに、マルキィニョスの調子がいま一つってのも気になります。今季のゴール数は市原・千葉戦のPKのみ。マルキィニョスの攻撃参加が期待できないとなると、エスパルス的にはカナーリ厳しいかも...。
 
 今期に入って、エスパルスは柄にも無くいきなり開幕3連勝なんかしちゃって、メディアにも“守備が安定してきた”なんて取り上げられてきちゃったもんだから、エスパルスサポーターの中には、かるーい“勘違い”を起こしてた人もいるかもしれない(少なくとも私は起こしてた...。)。でも、冷静に考えれば、エスパルスは天皇杯こそ準優勝したものの、昨季はリーグ戦15位。何が言いたいかと言うと、要するにエスパルスはまだまだ“伸びシロ無限大”だってことですよ。それに、昨季に比べたら、よっぽど今季のエスパルスの試合のほうが“観てて応援し甲斐のある”試合ですよ。
 これで勝ち星は5分になっただけ。まだまだ試合は続きます。次節は9日に日本平で大分戦。試合までの期間も少し開くことだし、ここで選手も少しクールダウンして今までの問題点を冷静に分析して、それを如何に克服するかを考え、そして、大分戦ではキッチリ勝って、この嫌ぁーな流れを断ち切って欲しいです。

 よく考えたら、対G大阪戦は、2003年8月27日@万博以来勝利なし。日本平では2001年を最後に勝利なし...OTL 今季は勝とうね>エスパルス




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年4月 2日 15:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/875

この一覧は、次のエントリーを参照しています...: いわゆる“いってこい”ってやつだな...:

» それでも6位(清水2-3吹田) from 横浜からエスパルスを応援してみるブログ
去年に比べれば、確実に強くなっている事が実感できた試合でした。 しかし、それだけに勝てなかった事が残念でなりませんよ(´・ω・`) [詳しくはこちら]

コメント

大分戦 関西から応援に行きます。
まだまだ 試合が続きます。
言われる通り 少し勘違いしていたみたいです。
まだ成長途中のチームです。
大きな気持ちで見守っていきます。
勝っているときの、イツ負けるのと思っていた頃が、
遠い昔に思えます。

カッコさんこんばんは。はじめまして。
管理人のtaoと申します。コメントありがとうございます。
 
リーグ戦もまだ序盤。若手選手がどこまで成長してくれるか。
その結果、エスパルスはどこまで順位を上げられるか。
エスパルスには、ジュンゴや兵働、矢島に青山と、伸び盛りの若手が
ゴロゴロいます。だから、まだまだこれからのチームって訳です。
 
次節大分戦は関西からいらしゃるんですか?凄いですね。遠方からの
来静お疲れ様です。私は息子がまだ小さいもんでスタジアムへは
行けませんが、自宅から日本平へ向けて念を送ります。
日本平に行かれたら、最高のサポートをよろしくお願いします。
 
こんな辺境のサイトですが、今後ともよろしくです...m(_ _)m

コメントしてください