メインS-PULSEgame preview...?しょろしょろしてる暇もありません...

2006年4月 1日

しょろしょろしてる暇もありません...

 ナビ杯予選リーグvs新潟戦での疲れも満足に回復できないまま、しょろしょろしてるまもなくもうリーグ戦第6節vsG大阪戦。リーグ戦では2連敗と、エスパルスはいまだ調子に乗り切れていません...。しかし、一部には“明る兆し”も見えてきた模様です。
 
清水FWマルキーニョスらがフルメニュー(nikkansports.com)
清水、セットプレー確認で最終調整(nikkansports.com)
清水兵働4・1G大阪戦で連敗止める(nikkansports.com 静岡)
清水DF青山、体張って守る(nikkansports.com 静岡)
久保山、高木純 G大阪戦へ意気込む(静岡新聞)
【J1:第6節 清水 vs G大阪 プレビュー】堅守復活の清水、攻撃力のG大阪。互いにスタイルを持つ両チームの、譲れない対決に注目!(J's GOAL)
 
 エスパルスは怪我で戦列を離れていたマルキィニョス・兵働・イチが控え組ながらも練習をフルメニューでこなしたとのこと。すぐにスタメン復帰できるかどうかはビミョーかもしれませんが、ベンチ入りしてくれるだけでも頼もしいですね。また、新潟戦でゴールを決めたヨシキヨや、最近めっきり出番が少なくなっちゃったスタメン出場の純平も、定位置獲得に向けて“橙志”を燃やしています。選手のモチベーションはそんなに低下していないようです。
 
 定評のあるエスパルスの守備陣。しかし、このところは失点が目立ち、それが敗因に直結するケースが多い気がします。一方、抜群の攻撃力を誇るG大阪も主力選手が欠場の可能性が高いとのこと(なんだったら、フェルナンジーニョとかマグノ アウベスもムリしなくてよろしくってよ。)
 新潟戦では若手主体の攻撃陣が3ゴールを決め、攻撃力の向上が機体で来たものの、守備陣は連携不足からか3失点...。堅守を誇るエスパルスとしては、3失点は忌々しき事態ともいえます。短時間で守備の建て直しをはかり、決定力の強化を図ることができたのか、健太監督の手腕が問われる1戦となりそうです。

 エイプリル・フール(4月ヴァカ)だけど、冗談抜きにしてがんばってくりょーっ!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年4月 1日 10:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/874

コメントしてください