メインエスパルス観戦記2006年“あの男”抜きでは無失点はありえない(健太監督:談)

2006年3月19日

“あの男”抜きでは無失点はありえない(健太監督:談)

J.LEAGUE Division1 3rd sec.
FC東京 0-1 清水

 2006リーグ戦第3節vsFC東京戦@味スタ。リーグ戦を2連勝、しかも無失点という最高の形でスタートできたエスパルスは、昨季2戦2敗と相性の悪いFC東京と対戦しました。もちろん私は観にいけませんよ。しかもぱる坊のお宮参りもあり、生中継も見られず...OTL 結局、自宅に戻るまで一切の情報を遮断しつつ、録画した試合を観戦する事に。
 
 エスパルスは当然スタメンの変更はなし。俺たちのジュンゴもスタメン出場しました。しかしベンチは一部メンバーが代わり、掛川・矢島両選手が入りました。(ちなみに、BS-iでは矢島が矢野って間違われてた...。いくら新加入選手だからって間違うなyo!!>T○S)
 前節でびゅーてふぉーな初ゴールを決めたジュンゴがこの試合でも好調を維持できるか。戦列に復帰したジャーンはどれくらいの脅威となるのか。ジュンゴと徳永とのユニバーシアード対決の行方は...。開幕3連勝を懸けて試合がキックオフ。

 
 試合開始からゲームの主導権を支配したのはエスパルス。狙い通りのサッカーをほぼ完璧に遂行し、両サイドからの攻撃を積極的に仕掛けてFC東京ゴールを狙いました。しかし、ラストパスの精度が甘く、決定的チャンスを作る事はできませんでした。逆に試合開始2分と44分には、同じような形でササ・サルセード選手とルーカス選手にGK正面の決定的なヘッドを許してしまいましたが、いずれもGK西部がキッチリ阻止。その後エスパルスは和道・青山を中心としたDF陣が安定した守備を見せました。
 エスパルスにアクシデントが襲い掛かったのは前半27分。接触プレーで倒れたエダムラが右足首を負傷して退場を余儀なくされました。代わりに8試合ぶりに公式戦に復帰した浩太がボランチのポジションに入りました。エスパルスは決定的なチャンスをものにできないまま前半が終了。
 
 試合が動いたのは後半5分。ジュンゴの鋭く曲がった左CKに合わせて、ヂェヂンがジャーンのマークを振り切ってジャーンプ!!。滞空時間の長いヘディングシュートをFC東京ゴール右隅にたたき込みました。
 その後、先制されたFC東京も反撃に出ました。エスパルスはFC東京の両サイドからの攻撃やパワープレーに押し込まれる場面もありましたが、エスパルス守備陣は最後まで集中力を切らさずにFC東京のシュートをはじき返しました。FC東京の右サイド徳永選手に対してもジュンゴと山西が連係して的確に対処。FC東京攻撃陣を完璧に封じ込めました。
 試合終盤に入っても、エスパルスはヂェヂンや浩太らがカウンターからFC東京ゴールに迫り、最後まで試合の主導権を譲りませんでした。しかし追加点を決める事はできず、そのまま試合終了。

清水FWチョが値千金の3戦連弾/J1(nikkansports.com)
清水が開幕3試合連続完封勝利!/J1(nikkansports.com)
清水が3連続完封/J1(nikkansports.com)
清水FWチョ3戦連発/J1(nikkansports.com 静岡)
【第3節】無失点3連勝 チョ3連発(静岡新聞)
清水3連勝 3戦連続無失点(Sponichi Annex)
チョ・ジェジンの一発で競り勝つ 清水-FC東京評(sportsnavi)
清水史上初 開幕3戦連続完封(web報知)
【J1:第3節 F東京 vs 清水 レポート】3試合連続無失点で開幕3連勝となった清水。攻め手を封じられたF東京は「ポゼッションサッカー」の理想からは程遠い完敗。(J's GOAL)

 この試合で特筆すべきは、何といっても守備の安定感でしょう。前線からしっかり瓦斯のパスコースを消して中盤へボールが渡るのを阻止。攻め手をなくした瓦斯が最終ラインでボールを回すシーンが散見されました。そして苦し紛れに瓦斯は最前線へロングボールを放り込んでくると、和道・青山の“DFツインタワー”がはね返し、今野や梶山が無理やりサイドを突破して来ようものなら、テルを中心とした中盤の選手がキッチリ寄せてつぶし、瓦斯の攻撃を完璧に緘黙させました。
 攻撃面では、やはりジュンゴの存在が際立っていたと思います。昨季からの課題だった“セットプレーからの得点の少なさ”を、ジュンゴの正確なキックによって克服。また、ボールを奪うと、カウンターから瓦斯ゴールに襲い掛かり、ゴール前では自らシュートを放ち、また絶妙なパスを供給するなど、新しいエスパルスの“No.10”は、攻守の要になりつつあります。
 
 特にテル。今期に入ってからは“消えてる時間”が全く無く、特に中盤での守備に大きく貢献していると思います。瓦斯戦でも積極的に中盤で今野や梶山をチェックしに行ってパスコースを消したり、体を寄せてボールを奪ったりと奮戦。健太監督に「彼抜きでは0失点はありえない」と言わしめるほどの活躍をみせるテル。まるでテルの中の人が変わっちゃったんぢゃ無いの?と思えるくらい、頼もしい存在になってくれました。
テル(*^ー゚)b グッジョブ!!このまま“確変”し続けちゃってください。
 
 それと浩太。前半27分に右足首を負傷したエダムラに変わってピッチに現れた“オレンジ・レジスタ”浩太。イレギュラーな形の出場となったものの、昨季のリーグ戦第33節以来8試合ぶりの公式戦出場を果たしました。
 昨季終盤から気管支炎で戦列を離れていた浩太。しかしピッチに現れた浩太は、そんな事は微塵も感じさせないほど、生き生きとピッチを駆け巡りました。後半15分に相手GKの意表をついたミドルシュートを放つと、その1分後には瓦斯DFの裏へ飛び出すジュンゴへ絶妙なパスを供給。後半38分には右クロスに合わせてシュート。これはGKに阻まれてしまいましたが、瓦斯の攻撃のきっかけを潰して、中盤から攻撃のリズムをつくって思い切りよく前線に飛び出していました。
浩太(*^ー゚)b グッジョブ!!まだ本調子ではないはず。ムリしないでね。
 
 まだリーグ戦が始まって3試合しか経過していませんが、エスパルスは開幕3連勝。しかもチーム初の開幕3連続完封勝利。えっ?チーム初?それぢゃぁ、こ、こほん...。

チーム初の開幕3連続完封勝利
 
キタ━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━!!!

 とにかく今季リーグ戦唯一の無失点と言うのは凄いっすよ。安定しまくり。守備陣が安定してくると、中盤の選手も攻撃参加しやすくなるし、そうすると、必然的に攻撃の枚数が増えて、得点チャンスも増える。昨季から継続してきた“健太イズム”がこの春、ようやく開花してきたって感じですね。天皇杯準優勝も“勢い”だけではなかったんですね。
 チャンスの場面でセンタリングの精度の甘さや、シュートまで持ち込めない場面も散見され、攻撃に課題は残ったものの、健太監督が目指す“サッカー”は着実に結実しつつあると思います。
 次節は3日後の21日(火・祝)の市原・千葉戦@日本平。今季初の連戦でもあり、負傷交代したエダムラの容態も気になりますが、これまでやってきたエスパルスのサッカーを崩さずに、チーム全体の守備意識を高く持ちつつ、攻撃面での精度を高めて市原・千葉を撃破して、着実に勝ち点を獲得し、上位定着を目指して欲しいです。

エダムラの怪我がたいしたことありませんように...(-人-)ナムナム




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年3月19日 20:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/864

コメント

守備的なテルがこれだけ評価が高いのは嬉しいですね、本当に今年は確変したというか成長しているというか何れにせよ7番背負い組には嬉しいこんです。

なりきさんこんばんは。
 
昨季までは「テル出てた?」って思ったことが多々ありましたが、
今季に入っては、特に守備の場面でテルが頑張ってる姿を見ます。
 
実力には定評がある選手だけに、若手を引っ張ってチームに
貢献してくれるテルを見ていると、嬉しくなりますね。
 
テルもやりゃーできる選手なんだから、このちょーしで若手の
模範となるように頑張ってくりょー。

コメントしてください