メインS-PULSEgame preview...?お互い“サイド”がカギになりそうです

2006年3月18日

お互い“サイド”がカギになりそうです

 最近、なんだかメディアでのエスパルスの話題露出率が高くなった希ガス...。それもそのはず。なんてったってエスパルスは3位ですからね3位。“みんなもっとエスパルスに注目して”ってな感じですな。しかし、注目度が高くなってくると、とたんにへなちょこぶりが目立ち始めるのがエスパルス(ぉぃ)。次節は関東エスパサポ待望の関東アウェイvs瓦斯戦であります。関東のチームが2つもJ2に降格してしまった為、貴重な関東アウェイ開催になります。
 
清水、好調守備の連係確認(nikkansports.com)
3連続完封へ清水が途中から練習非公開(nikkansports.com)
清水のカギ握るMF藤本&兵働(nikkansports.com 静岡)
3戦連続完封へ守備を重点確認(静岡新聞)
 
 エスパルスと瓦斯はフォーメーションや戦術が似通ったチーム。お互いに“堅い守備”と、すばやい切り替えからの“サイド攻撃”が持ち味のチームです。瓦斯のサイド攻撃の起点をつぶすためにも、チーム全体の守備意識を高くして、仮にサイドを突破された場合には、青山・和道の長身DFがサイドからのセンタリングを跳ね返す。リーグ戦で2試合連続無失点の堅守を試合終了まで持続させて、瓦斯の攻撃陣に仕事をさせないようにして欲しいです。
 
 一方攻撃陣は、やはり両サイドのジュンゴ・兵働の両サイド攻撃が効果的に展開できるか。両サイドからの敵陣の深いところからセンタリングをビッシビシ供給する事ができれば、好調のヂェヂンや復調しつつあるマルキィニョスの“MJ砲”が炸裂する事でしょう。それにテルやジュンゴ、兵働などの中盤の選手の選手の攻撃参加も期待できるので、多彩な攻撃パターンが見られるかも...。もしかしたら、前節vs名古屋戦でジュンゴが披露した“スルーパス”が炸裂しちゃうかも。そんでもってそのパスがゴールに結びついちゃうかも...。楽しみだなぁー。
 
【J1:第3節 F東京 vs 清水 プレビュー】壁に当たったF東京と、継続路線で結果を残す清水。自信をつかむのは果たして!?(J's GOAL)
 
 次節vs瓦斯戦ではジャーンが戦列復帰するとのこと。( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!な選手が帰ってきちゃいます...。昨季もエスパルスのゴール前へのセンタリングをことごとくジャーンにはね返された記憶が...。
 だがしかし、だがしかぁーしっ!!今季のエスパルスは昨季とは一味も二味も違いまっせぇー(なぜ大阪弁?)。ジュンゴに兵働にエダムラに、そしてヂェヂンにマルキィニョス、それにテル(個人的に期待してます)。守備意識も昨季に比べて高く、攻撃の枚数も増加。瓦斯を撃破するだけの条件はそろっていると思います。実戦に復帰したばかりのジャーンなど、物の数ではありませんよ(言っちゃった...)。
 
 今季の開幕2連勝が“まぐれ”と言われないようにする為にも、失点を押させて瓦斯を撃破して、今季リーグ戦での上位進出に向けて弾みをつけて欲しいです。

 ちなみに私は行けません。せっかくの関東アウェイなのに、今日はぱる坊のお宮参りなんですよ...。せめて14:00までに帰ってこられれば...。無理そうだな...(´・ω・`)ショボーン




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年3月18日 01:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/862

コメントしてください