メインエスパルス観戦記2006年ジュビロの“新兵器”お披露目...

2006年2月19日

ジュビロの“新兵器”お披露目...

“飯田産業様今後ともよろぴくネ♪記念”
プレシーズン“漢字スポンサーvsイニシャルスポンサー”ダービー@ヤマスタ
“飯田産業” 0-0 “JAL”

 2006シーズンの行方を占うプレシーズンマッチ。今年もジュビロとの対戦になりました。しかし昨季は6月に日本平で“駿河湾フェリー「富士」就航記念”として行われましたが、今回はリーグ戦開幕前の2月にヤマスタで“飯田産業様今後ともよろぴくネ♪記念”。おまけにジュビロの新兵器新ユニもお披露目。その破壊力に関しては、すでに各方面から大注目を集めています。(って、上着のすそからチラッと見えるオレンジユニは明らかに...w)ジュビロもさぞ気合が入ってたことでしょうよ。( ´,_ゝ`)プッ
 ちなみに私はテレビ観戦。乳児がいるので当然ですが、金曜日から39度の熱を出してダウンしてたもんで、テレビすら見られるかどうか不安でした。何とかフカーツしたけどね...。
 
 2006春季キャンプで行われた練習試合は内容についてはごにょごにょ...な結果になってしまったエスパルス。リーグ戦につなげる意味でも、結果が求められるこの試合。ヂェジンがまだ来日していないので、マルキィニョスとヨシキヨの2トップ、兵働・藤本・青山・枝村などのフレッシュな選手がスタメン出場を果たしました。この試合に先駆けて行われたサテライト静岡ダービーは4-1でエスパルスがジュビロを下しています。そうなると兄貴分も負けて入られませんね。不甲斐ない結果は残せません。
 ジュビロの新ユニのお披露目となり、その破壊力が世に初めて脅威を示すこの試合(うそ)。エスパルス今年初めてのJ1チームとの対戦がいよいよキックオフ。

 
 試合開始直後からエスパルスは高い位置でジュビロにプレスをかけてボールを奪うと、そこからすばやく両サイドにボールを散らしてサイドからジュビロゴールへ迫りました。兵働・枝村・藤本の若手選手も積極的にポジションチェンジをしながらシンプルにボールをまわし、積極的にサイドチェンジを行うなど、ワイドな攻撃を展開していました。しかしエスパルスの仕様なのか最後のフィニッシュまで持っていくことができず、また、決定的チャンスも決めきれないまま、0-0で前半を終了しました。
 
 後半に入るとこれまたエスパルスの仕様なのか次第にジュビロに押し込まれる場面が増え始めてしまいました。前半に見せていた高い位置でもプレスが効果的でなくなり、ジュビロにボールをまわされゴール前に迫られるシーンが増えまじめました。藤本と高木純、兵働と康平が交代すると、その流れは顕著になってしまい、さらにジュビロに決定機を与える形になってしまいました。しかし、守備陣がジュビロ攻撃陣に対して決定機を与えないよう守備を行い、またジュビロもフィニッシュの精度が甘く、ゴールを決める事はできませんでした。そのまま両チームともゴールを決める事ができずに0-0で試合終了。

清水、藤本&兵働から好機/プレマッチ(nikkansports.com 静岡)06.02.20追記
磐田、清水譲らず0―0 今季最初の静岡ダービー(静岡新聞)06.02.20追記

 日本代表選手が不在のジュビロに対して、エスパルスは前半こそ効果的に攻めていましたが、依然として“ツメが甘い”気がします。ボール持って攻撃の形は作るけど、いい形のシュートで終われない。シュートまで持っていけない。シュートに持っていく形ができていない。サイドからの攻撃は形ができつつあると思うので、後は如何にフィニッシュにつなげるか、如何にフィニッシュの精度を上げるか。このあたりに今後のエスパルスの課題があるのではと思います。もう少し中央からの攻撃も織り交ぜると、サイド攻撃が生きてくる希ガス...。
 あと、相変わらず前半と後半でチームがガラッと代わってしまっている。特に今日に限って言えば純平と康平が交代で出てきてから、コンビネーションがばたついてきた気が...。気のせいかな?
 
 反面、兵働から藤本へ、また藤本から兵働への大きなサイドチェンジは非常に効果的だったともいます。明日のエスパルスを垣間見た感じがして、思わずオヂサン(;´Д`)ハァハァしちゃったよ(何で?)
 それに、枝村も前半は中盤でよくボールをサイドに散らしていて、また攻撃にも積極的に参加していて良かったと思います。中盤からも攻撃参加する選手が増えれば、それだけ決定的チャンスも増える。この調子で中盤でボールを支配して欲しいです。若手が頑張ってるってのは(・∀・)イイ!!ですなぁ。
 あと、特筆すべきはテル。今日は頑張って存在感があった気がします。最前線の左サイドにいたと思ったら、今度は守備ラインの右サイドにと、ピッチを対角線に動いてボールに絡む動きをしていました。(後半は消え気味だった気がするがそんな事は(゚ε゚)キニシナイ!!)今後もこの調子でリーグ戦でも頑張って欲しいです。
 
 結局スコアレスドローに終わったこの試合。今まで懸案だった“失点の多さ”については無失点で終われたことで、ある程度の結果に繋がったと思います。反面“決定力不足”という課題が浮き彫りになりました。(ってか、常に決定力不足は課題なんだけどね...OTL)まぁ、マルキィニョスも本調子ではなく、ヂェジンもまだチームに合流してないので、その点については早い段階で十分改善されると思います。ってか、思いたい。
 今後、リーグ戦開始までに湘南や新潟との練習試合が組まれています。浮き彫りになってきた課題を早期に克服して、さらに戦略理解度やコンビネーションを確認して。良い形でリーグ戦開幕を迎えて欲しいです。

 あ、そういえば前日に日本代表戦があったんだっけ。どこでやったの?...  あ、小笠山だったのね。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年2月19日 23:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/851

コメントしてください