メインS-PULSE2006年“カナリアボイスコーチング”の前になすすべなし...OTL

2006年2月11日

“カナリアボイスコーチング”の前になすすべなし...OTL

 “火の12日間”を必死こいてこなしているエスパルス。10日午後からは“練習試合5番勝負”の2番目、今季からJ2に昇格した愛媛FC本との練習試合が行われました。
 
練習試合(vs 愛媛FC)の結果について(エスパルス公式)
清水主力組、愛媛に2-4(nikkansports.com 静岡)
鹿児島キャンプ 愛媛と練習試合 守備面に課題(静岡新聞)
 
 そんなに敬介の“カナリアボイスコーチング”は凄かったのか!?
 春季キャンプも折り返し地点をすぎ、各選手ともかなり疲労が蓄積されている事を考慮に入れても、主力組みで臨んだ1試合目が2-4で敗戦とは...。しかもそのうち2点はオウンゴール...。オヒサルのレポートにもありましたが、“まるでエスパルスがいい時にやっていたようなサッカーをしてきた”愛媛FCに対して、如何に守備陣が浮き足立ってしまったのか。そこから崩されて、せっかくの攻撃陣の奮起も実らずに、オウンゴールまで献上してしまったのか...。守備面にカナーリ不安を残しました。さすがに失点多杉。
 
 しかし、エスパルスらしくなくルーキーのFW矢島が2ゴール決めてくれたのがせめてもの救い。2トップに入ったジュンゴ(ノボリは藤本のことをこう呼んでるラスィ)も前線で縦横無尽に動いてパスやシュートを放ち、攻撃のテンポを作り出していたとのこと。2人のルーキーにヂェジンやマルキィニョスが加われば、その攻撃力はもっともっと高くなるはず。まだまだ“荒削り”らしいですが、今後の成長を考えるとオヂサン(;´Д`)ハァハァしちゃうよ(?)。
 
 攻撃面では期待できる面も出てきました。そうなるとあとは守備面。ジュンゴも矢島も守備は苦手ラスィので、斉藤さんや山西を中心としたおっさんいぶし銀守備陣が、各選手間の守備面での動きやGKのコーチング、新加入選手との守備の連携を再確認して、チーム全体の守備意識の向上に努めて欲しいです。
 
 まぁ、あれだ。まだまだキャンプ期間中なんだから、この際悪いところ・駄目なところを浮き彫りにして、そこを徹底的に修正して下さい。まだまだ練習試合は続くんだしね。

 ちなみに、この練習試合で一番声が出ていたのはダイナマイト一本松! GK31 羽田 敬介選手だったラスィ。頑張れ!敬介!!J2でも“カナリアボイスコーチング”を駆使して大暴れしちゃって下さい。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年2月11日 18:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/844

コメントしてください