メインエスパルス観戦記2005年セレッソを止めたのは俺たちだっ!!

2005年12月31日

セレッソを止めたのは俺たちだっ!!

第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会準決勝
C大阪 0(延長)1 清水

 世間では12月28日には御用納めの会社が多いのですが、ウチは30日までみっちり仕事...OTL。しかもネットすら満足にチェックできない環境なので、情報を一切遮断したまま帰宅。録画した試合をチェックしました。
 やはりエコパでの試合だけに、沢山のエスパサポの皆さんが応援に来てました...。
見に行きたかったーっ!!転職しようかな...。マヂで...。

 エスパルスは怪我のマルキニョスに代わり、怪我で戦列を離れていたジェジンがスタメン復帰。また、前戦で負傷交代した枝村は無事にスタメンで出場。それ以外では純平に代わってテウクがスタメンに入りました。
 
 試合開始からエスパルスはロングボールを駆使してC大阪陣内に切り込みました。そしてC大阪のパスミスなどもあり、次第に試合の主導権を握り始めました。しかし、何度となく決定的なチャンスを作るも、フィニッシュには至らず、C大阪ゴールを割る事はできませんでした。一方エスパルス守備陣は、C大阪の西澤・森島・古橋の攻撃陣を封じ込めるべく、まず西澤選手に攻撃の起点をつくらせないよう、和道と青山がしっかりと体を寄せ、ロングボールをことごとくはね返しました。相手のキーマンに仕事をさせなかったことで、エスパルスはC大阪のリードを許しませんでした。
 両者なかなか攻撃のチャンスを作れないまま、0-0のまま前半を終了しました。
 
 後半に入ってもエスパルスはDF陣が体を張ったプレーでC大阪の攻撃を封じ込めると、C大阪陣内に執拗に攻め込みました。しかし、後半10分の枝村のシュートはGK正面、32分と34分のテウクのシュートも惜しくも枠を外れてしまいました。
 後半17分、枝村に代わって康平が交代出場。3試合続けてボランチのポジションに入ると、テルとのコンビからゴールを目指すプレーを何度も見せました。残念ながらゴールには結びつかなかったものの、意表をつくスルーパスを出したり、ゴール前に飛び込んだりするなど攻撃の流れを変え、チームに勢いをつけるプレーを見せました。
 しかし、今回はロスタイムの奇跡は起きず(ってか、奇跡なんですか?)、試合は15分ハーフの延長戦に突入しました。
 
 最後の最後でエスパルスが勝利への執念を滾らせました。決勝ゴールが決まったのは延長前半11分。攻撃参加したモリの右クロスに、怪我から約1カ月ぶりに復帰したジェジンが頭で合わせ、C大阪のゴールネットを揺らしました。均衡を破ったエスパルスは最後まで集中力を切らすことなく、C大阪を下し、天皇杯決勝へ駒を進めました。

清水チョ決勝弾!さぁ来い浦和/天皇杯(nikkansports.com 静岡)
清水長谷川監督、就任1年で王手/天皇杯(nikkansports.com)
延長前半チョ、千金のゴール 4大会ぶり決勝進出 天皇杯(静岡新聞)
チョ・ジェジンが値千金のヘッド(Sponichi Annex)
清水・チョ、Vヘッド!右ひざ痛みこらえ4年ぶり頂点へ(sanspo.com)
清水は4年ぶり天皇杯決勝進出(sportsnavi)
清水4戦連続完封 健太J出身日本人監督初タイトルへ(web 報知)
【第85回天皇杯準決勝:C大阪 vs 清水レポート】自分たちのサッカーを最後までやり通した清水が120分の闘いを制し決勝進出!(J's GOAL)

 この試合では、マルキニョスの欠場が、試合にどう響くかが最大の焦点だったのではないでしょうか。しかし、韓流コンビのジェジンとテウクの活躍と、西澤に仕事をさせなかった青山の踏ん張りが、マルキニョス不在の影響を払拭してくれました。
 約1ヶ月ぶりの先発出場を果たしたジェジン。なかなかチャンスを決め切れませんでしたが、最後まで試合に対する集中力を切らさずにチャンスをうかがい続け、そしてめぐってきた最後のチャンスをきっちり決める。まるで積年の思いがこめられた、非常に綺麗なシュートでした。
 
ジェジン(*^ー゚)b グッジョブ!!韓国代表合宿への土産は天皇杯優勝だねっ。

 それと青山。今日の完封勝利は青山のおかげと言っても過言ではないんぢゃないでしょうか。西澤へのパスをことごとく跳ね返し、C大阪のボールの落ち着きどころを抑え、攻撃の起点をきっちりつぶす。今日の勝利は青山の活躍も大きく貢献しているんぢゃないかと思います。
 
青山(*^ー゚)b グッジョブ!!この調子で決勝もヨロシクッ!!。

 あと、やはり途中出場した康平。康平が入った後から、前の試合同様、前線で攻撃のタメができるようになり、左右のサイド攻撃が効果的になった事も事実。テルとのボランチコンビもなかなかの出来ではないでしょうか。
 
康平(*^ー゚)b グッジョブ!!くれぐれも無理はしないでね。

 これでエスパルスは、見事C大阪の無敗記録を20でとめて、元日・国立決勝戦に駒を進めました。大事なところで勝負強さを発揮できるようになってきた攻撃陣。J屈指の破壊力を封じ込め、安定感が出てきた4バックの守備陣。4年ぶりの優勝を懸けて、元日・国立霞ヶ丘陸上競技場へ臨みます。

死力を尽くして戦え!! そして勝て!! オレンジ戦士たち




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2005年12月31日 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/801

コメントしてください