メインエスパルス観戦記2005年気合いを入れ直すにはいい区切りだったのでは...

2005年10月23日

気合いを入れ直すにはいい区切りだったのでは...

J.LEAGUE Division1 28th sec.
28th. The SHIZUOKA Derby Match
清水 1-1 磐田

 通算28回目、今年2回目の“クラシコ”(脳内イメージ)静岡ダービーvsジュビロ戦@2年ぶりの日本平。エスパルスにとってダービーであろうとなかろうと、絶対に負けられない試合。絶対行きたかったんですが...OTL 今回も自宅でテレビ観戦。脱サラでもしてやろうかな(苦笑)。

 エスパルスはマルキニョスが戦列復帰しスタメン出場。右サイドには期待どうり圭輔キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!これは兄弟ダービー実現か!?っと思いきや、吉彰はベンチスタート。チェッ...つまんねーの。そしてそして、またしても健太ヤケクソマジック炸裂か!?と思わせる枝村リーグ戦初スタメン起用。ボランチに入りました。しかしこれが、悪くはなかった。一方、ディフェンスラインには和道が入りモリがベンチスタート。とにかく負けは許されない。宿命の一戦が始まりました。
 
 試合開始当初はエスパルスがサイド攻撃でジュビロゴールを脅かしていたものの、前線でタメを作っていたマルキニョスからの攻撃が精度を欠き、なかなか決定的なシーンで決めきれませんでした。すると次第に、試合のペースはジュビロ寄りに。名波を起点にしてジュビロが中盤で優位に立ち、エスパルスをピンチに追いやりました。試合が動いたのは前半26分、村井の左からのクロスを西部と斉藤さんと和道が重なってしまいクリア出来ず、ファーに流れたボールをカレンがゴール前に折り返して、どフリーの西がきっちり決めちゃって先制されました...。その後エスパルスは反撃を試みましたが、いつものように肝心なところでミスが出て、決定的なチャンスを作る事ができず、1点リードされたまま前半が終了...。
 この時点で『またか...。』なんて思ってましたが、今日は“ダービー”何かが違いました。
 
 後半、先制されて動揺する“へなちょこぶり”はこの日は出ませんでした。エスパルスは下を向くことなく、果敢にジュビロへ反撃に出ました。圭輔、兵働の両サイド攻撃からチャンスをつくり、ジュビロ守備陣を揺さぶり続けました。1点を追う後半21分、チームを救ったのは兵働の“左足”でした。右サイドのイチからのアーリークロスがゴール前でファーサイドに流れ、どフリーのマルキニョスにつながり川口と1対1に。マルキニョスのシュートは能活に弾かれてしまいましたが、そのこぼれ球を兵働が拾って、能活の上を狙って左足でシュート!ボールは能活の手に当たるも、そのままゴールに突き刺さり同点に追いつきました!!。
 その後エスパルスは追加点を上げるべくジュビロゴールを狙いましたが、次第に選手の足が止まり始めて、再びジュビロに攻撃のペースを握られてしまいました。しかし、エスパルス守備陣が体を張った必死のディフェンスでジュビロに追加点を許しませんでした。後半41分、エスパルスゴール前の混戦のこぼれ球が中山の足元に。中山がそのまま至近距離からフリーでシュートを放ちましたが、西部はファインセーブでこれをはじき返しました。
 しかし、エスパルスの攻撃も中盤省略になってしまい、追加点を上げられないままドローで試合終了。

清水、貴重な勝ち点1/J1(nikkansports.com 静岡)
【第28節】静岡ダービー、追い上げドロー(静岡新聞)
ルーキー兵働が執念同点弾(Sponichi Annex)
【J1:第28節 清水 vs 磐田 レポート】(J's GOAL)
【J1:第28節】清水 vs 磐田:長谷川健太監督(清水)記者会見コメント(J's GOAL)
【J1:第28節】清水 vs 磐田:山本昌邦監督(磐田)記者会見コメント(J's GOAL)
【J1:第28節】清水 vs 磐田:試合終了後の各選手コメント(J's GOAL)

 いつもなら前半でリードされてると『またかよ...OTL』って思うんですが、この試合に限っては『ま、まだだ。もしかしたら、巻き返せるかも...(`・ω・´) シャキーン』ってな感じで見てました。それだけ選手からも、スタジアムの中のオレンジサポーターの皆さんからも、“勝利への気迫”がひしひしと感じられました。テレビを見ていて感じるんだから、現地に行かれた方はもっと感じたことでしょう。その結果が“勝ち点1”と言う結果につながったのだと思います。確かに、エスパルスの攻撃が後半から単調になってきて、中盤が省略されてる感じがしたのは事実です。しかし少なくとも、チーム全体の“気迫”は落ちなかった。最後まで集中を切らさずに守り、攻めた。それが今後のリーグ戦を戦っていく上で、最大にして最重要だと思います。“静岡ダービー”が、気合いを入れ直すという意味で“いい区切り”になってくれればと思います。
 
 それと、やはり見ていてワクワクしていたのは兵働や枝村などの“若手”の頑張り。試合後のコメントで枝村は『(試合前は)心臓がバクバクでした...。』なんていってましたが、なかなかどうして。堂々としたプレーだったと思います。それにこの試合の最大の功労者の兵働。試合を重ねるごとにキックの精度やパスの連携が上がってきて、完全にエスパルスの左サイドを自分のものにしつつある気がします。『キーパーの上しかなかったので、そこを目がけて思いきり打った...。』とコメントしていた兵働選手。次節も左サイドを駆け上がり、エスパルスの勝利に貢献してほしいです。
兵働(*^ー゚)b グッジョブ!!
 
 それと西部。後半41分のゴンのシュートを止めたのは凄かった。あれはさすがに入ったと思った。それを見事に弾いて止めるとは...。スゴイ!!前半の失点シーンは、もっと声を出してれば防げたかもしれないけれど、追加点を許さなかった気迫のセーブはお見事。
西部(*^ー゚)b グッジョブ!!もうちーっとばかし声を出して、ディフェンスラインとのコンタクトを取れるようにね...。

 これで順位は14位と変わりませんが、J2自動降格の稲城昭和44年との勝ち点差は“3”に。当然まだまだ油断は出来ません。次節はアウェイ名古屋戦。しかも斉藤さんが累積警告で出場停止...。ここはモリがいるからそんなに心配ではありませんが、この試合での“緊張感”や“気迫”を次節以降、維持できるかどうか...。まだまだ“崖っぷち脱出”を果たす為に、気を抜けない戦いが続きます。静岡ダービーで感じた気迫を忘れないように、次節以降12月3日まで戦ってほしいです。

テウクが軽症でありますように。
それと、浩太の調子が上がってきますように...(-人-)ナムナム




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2005年10月23日 23:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/761

この一覧は、次のエントリーを参照しています...: 気合いを入れ直すにはいい区切りだったのでは...:

» 残留に向けて頑張れ!!! from 東京スロー&アクティブライフ
こうなったら毎試合“ダービー”って付けたら。とりあえず次節は“プチ東海ダービー” [詳しくはこちら]

コメントしてください