メインS-PULSEgame preview...?“絶対に負けられない戦い”が明日ある...

2005年10月21日

“絶対に負けられない戦い”が明日ある...

 いや、この期に及んでは、どの試合も“絶対に負けられない戦い”なわけだが...OTL
 
 前節の大分戦でこってんぱんにやられちゃって、いよいよ尻に火が点きはじめちゃった“逆境イレブン”エスパルス(一刻も早くこのフレーズから脱却してホスィ...)。次節は第28節静岡ダービーvsジュビロ戦@日本平。裏番組では、何だか野球の大きな試合が始まるらしいんですが(ってか、こっちが裏だろ!)、そんな事は全く(゚ε゚)キニシナイ!!。しかも明日は“ダービー大盤振る舞いデー”らしく、方々でダービーが行われるらしいんですが、そんな事も全く(゚ε゚)キニシナイ!!。対戦相手がどこであろうと、ホームであろうとアウェイであろうと、裏番組のほうがビッグゲームであろうと、今のエスパルスにとっては目の前の試合に全力を注ぐ。それが最も重要だと思います。
 
清水DF市川、ロッテVが刺激(nikkansports.com 静岡)
 
 イチってロッテのファンだったんだ...。 まぁ、なんだ。とにかくノリに乗っているところから、自分なりにエネルギーをもらう事は良いことだ。イチのアーリークロスでジュビロを沈黙させてくりょー。

清水MF兵働、憧れの名波と対戦心待ち(nikkansports.com 静岡)
 
 名波にあこがれるのは良いけど、ピッチ上で見とれるのだけは勘弁して。逆に名波のお株を奪うような、鋭いクロスや強烈なシュートを放って、名波の気をひきつけて、そのうちにエスパルスは攻め込む。なんて作戦も良いかも(笑)。

清水チョ&マルが磐田DF陣切り崩す(nikkansports.com 静岡)
 
 やはり、この2人が攻撃の鍵を握っているでしょう。静岡ダービーとは相性がいいジェジン。肉離れも治って、戦列に復帰するマルキニョス。2人がそろってこそ攻撃の形にバリエーションが生まれるってもの。前節大分戦では、前線でタメを作れる選手がいなかったために、攻撃のリズムが作れないまま敗戦。しかし、マルキニョスが戦列復帰する事で、前線でタメを作る事ができ、攻撃のリズムや方法も広がります。2人の活躍を願わずにいられません。

静岡ダービーの歴史を振り返る(J's GOAL)
ダービーをどう戦う!?徹底戦力分析!!(J's GOAL)
スタジアムDJに聞く!ダービーへの意気込み!!(J's GOAL)
注目選手インタビュー(J's GOAL)
【J1:第28節 清水 vs 磐田 プレビュー】(J's GOAL)
 
 J's GOAL必死杉(笑)しかし、今回はJ2まで含めるとダービーマッチが4試合もありますから仕方ありませんね。それにつけても、3年ぶりに日本平で行われる静岡ダービー。スタジアムではいろいろなイベントが行われるようですが、それよりも何よりも、個人的には“太田対決”に注目したいです。ポジションもプレースタイルも、走り方までそっくりな圭輔と吉彰。この2人が攻守にわたり試合にどのように絡んでくるか。圭輔はダービーで決勝ゴールを決めていますので、明日の試合でもゴールを期待しちゃいます。ハーフタイムにお互いが入れ替わってても気づかないかも。(んなこたーない)
 あと、気になったのはスタジアムDJに聞く!ダービーへの意気込み!!。それぞれのスタジアムDJが自分のチームを贔屓するのは分かりますが、“0-7でジュビロ”ってのはどうだろ>杉山直さん
 
 とにかく、ダービーであろうとなかろうと、崖っぷちから離脱するには、毎試合勝つしかないエスパルス。場合によっては入れ替え戦を通り越して、J2降格ラインまで転落する可能性もあります。よって、個人的には明日だけ浦和と瓦斯にがんばってもらって、かつ、エスパルスはジュビロを粉砕する。崖っぷちを脱出するにはこれしかありません。静岡ダービーでジュビロを撃破して、残りの試合に向けての弾みにしてほしいですね。

 ここで、この方から一言...

ジュビロにやる“勝ち点”はねぇっ!!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2005年10月21日 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/759

コメントしてください