2017年6月24日

結果は良し、しかし内容は良からず悪しからず

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦
清水 4-1 北九州

 17日に行われたリーグ戦第15節vsC大阪戦では、試合開始早々にテセのゴールで先制するも、その後はほぼ一方的にC大阪に押し込まれてしまう展開。それでも選手一人一人が集中を切らさずに守備をし続け自陣ゴールを守り抜き、試合終了まであと60秒!というところで痛恨のPKを献上してしまい同点に終わってしまったエスパルスは21日、天皇杯2回戦vs北九州戦に臨みました。

 昨季J2ではアウェイでC大阪に劇的勝利を収めたエスパルス。しかし前節ではあと一歩というところまで掴みかけていた勝ち点3を1に減らしてしまった。自陣内でのファウルというアクシデントがあったにせよ、あと60秒が守り切れなかった。無情にも勝ち点2を失ってしまった。ここに今のエスパルスが抱える最も大きな「課題」が見えてくるのだと思いました。
 そして迎える今季天皇杯初戦。ノックアウト方式のトーナメント戦の天皇杯。まさに一発勝負の戦い。相手は格下の北九州であっても、一発勝負の怖さ、恐ろしさは強大。一切油断することはできません。少しでも油断し気を緩めてしまえば、そこですべてが終了してしまうことだってあるのです。今週末のリーグ戦vs甲府戦への勢いをつけるためにも、この北九州戦でしっかり勝利したいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、平日のナイトゲームにも関わらず、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平に駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。仕事してましたよはい(´;ω;`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりますぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「結果は良し、しかし内容は良からず悪しからず...な試合」だったようです。

続きを読む "結果は良し、しかし内容は良からず悪しからず"

投稿者 tao : 12:57 | 2017年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2017年6月18日

あと60秒しのげれば...

2017 J.LEAGUE Division1 15th leg.
C大阪 1-1 清水

 4日に行われたリーグ戦vsFC東京戦では、ルヴァ杯vsFC東京戦での勝利の勢いをリーグ戦に繋げたかったものの、ルヴァ杯vsFC東京戦の時にテセが脳震盪を起こしてしまい、この試合で凌兵が負傷交代を余儀なくされてしまい、攻撃の両軸を失ってしまうなど厳しい試合条件が重なってしまい、主力選手を投入してきたFC東京に対して放ったシュート数がたったの4本と大苦戦し敗戦。今季2回目のリーグ戦連敗を喫してしまったエスパルス。17日にはリーグ戦第15節vsC大阪戦に臨みました。
 
 目下のエスパルスが負傷者続出で選手の台所事情が苦しいことは重々承知。しかしリーグ戦は待ってはくれません。今ピッチに立つオレンジ戦士ひとりひとりの勝利への意気を高めることができなければ、この難局を乗り越えることはできないでしょう。テセや凌兵が欠けたときにどうやって攻撃を構築するのか。新たな攻撃プランの再構築が急務になります。
 そして迎えるC大阪戦。今季エスパルス同様にJ2から昇格してきたチーム。そして今季は清武が復帰するなど攻撃的な選手を擁する手ごわいチームに変貌。目下C大阪はリーグ戦2位につけていることが、何よりもその証左であるといえるでしょう。しかし!エスパルスは昨季C大阪をアウェイで劇的なゴールで撃破し、そこからJ1昇格に向けて大きく躍進しました!J1リーグ戦がナショナルマッチウィークで2週間プチ中断となり、負傷していたテセも戦列に復帰するとのこと。昨季のようにアウェイでC大阪を撃破し、再びリーグ戦で躍進するきっかけを掴みとりたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平に駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。どぉーしてもだぞーん加入に踏ん切りがつかんのよね...。
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりますぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「あと60秒しのげれば...な試合」だったようです。

続きを読む "あと60秒しのげれば..."

投稿者 tao : 11:26 | 2017年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2017年6月10日

ここでいろんな意味で「クールダウン」してほしい...

白崎凌兵選手のケガについて(エスパルス公式)

 4日に行われたリーグ戦第14節vsFC東京戦で、相手選手と交錯し負傷してしまった凌兵。精密検査の結果はサポーターの皆さんが望んでいたような軽症ではありませんでした...。

 今季エスパルスの「No.10」を背負いピッチに立った凌兵。開幕戦から5月27日の横浜F・M戦までリーグ戦13試合連続でフル出場。攻撃面だけでなく守備でも貢献していました。しかし今季これまでのゴール数は3となっており、「No.10」としての活躍としてはいささか物足りない部分も...。彼自身もあるいは、自分の今季のプレーには納得していない部分があったかもしれません。

 今季J1残留を目指すエスパルスにとって、中盤の要としてチームを牽引していた凌兵のの長期離脱は大きな痛手となります。しかし怒ってしまったことは仕方ない。これを自分を見つめなおすいいチャンスだと考え、しっかり治療に専念し、そして気持ちもリフレッシュさせて、また再びオレンジのユニフォームを着てピッチを縦横無尽に駆け巡ってほしいです。


 色々諸々しっかり癒して、ま1日も早くピッチに勝ってきてくりょう!

投稿者 tao : 22:30 | 2017年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2017年6月 9日

やはり攻撃の要を欠くと...

2017 J.LEAGUE Division1 14th leg.
清水 0-2 FC東京

 5月31日に行われたルヴァ杯vsFC東京戦では、サブ組主体の選手起用ということもあってか、選手間の連携ミスが目立ってしまい前半でFC東京に先制点を献上。しかし前半終了間際に航也のゴールで同点に!しかし74分に後半から交代出場したテセが負傷退場のアクシデントが...。だがしかし!テセに代わって出場したチアゴのFKを最後は大輔が決めてFC東京に勝利!公式戦で今季ホーム初勝利を決めたエスパルスは4日、リーグ戦第14節vsFC東京戦に臨みました。
 
 既に敗退が決まっているルヴァ杯の消化試合を「勝化試合」にすることができたエスパルス。たとえ消化試合だとしても、チームが我武者羅に勝利に向かって走る姿勢を見せることができた。そしてそれが勝利につながった。公式戦12試合勝利がなかったエスパルスにとって、この1勝は大きな1勝になったのではと思います。
 そして迎えるFC東京とのリーグ戦。ルヴァ杯1次リーグではエスパルスが勝ちましたが、リーグ戦はそうはいかないはず。リーグ戦ではお互いにベストの選手起用と対リーグ戦用の戦術や戦略で試合に臨んでくるはず。しかもエスパルスは負傷交代したテセのコンディションにも不安が...。オレンジ戦士はこの局面で今まで以上に結束しなければなりません!この酷難を乗り越え、リーグ戦で上位に食い込むきっかけを掴みたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平に駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。FMしみずマリンパルは聞いてたけどね...(´・ω・`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりますぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「やはり攻撃の要を欠くと...な試合」だったようです。

続きを読む "やはり攻撃の要を欠くと..."

投稿者 tao : 23:06 | 2017年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2017年6月 2日

消化試合を「勝化試合」に!しかし代償も...

Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ最終節
清水 2-1 FC東京

 5月27日に行われたリーグ戦vs横浜F・M戦では、試合開始早々に失点を喫してしまうも後半立ち上がりで同点に!しかしその直後に再び横浜F・Mにゴールを決められてしまい、試合終了間際にはダメ押しのゴールまで決められてしまい敗戦してしまったエスパルス。5月31日にはルヴァ杯1次リーグ最終節vsFC東京戦に臨みました。
 
 エスパルスは横浜F・Mの倍以上のシュートを放つも3失点を喫してしまい敗戦。相手ゴール前でのシュートや連英の精度、それと守備陣の内容に大きな課題が表面化してしまいました。しかし問題点がはっきりしているのであれば、あとはその問題点を克服するだけ!チーム全体で問題意識を共有し、遮二無二にその問題点を改善してほしいです。
 そして迎えるルヴァ杯FC東京戦。エスパルスはすでにルヴァ杯予選敗退が決定しています。しかし!だからこそこのFC東京戦に臨む姿勢が、リーグ戦に繋がっていくのです!リーグ戦の合間の水曜日に行われるルヴァ杯予選で好ゲームを展開し勝利することができれば、リーグ戦に向けてチーム内の雰囲気も良くなるだろうし、しかも次のリーグ戦の対戦相手はFC東京だし、しかもこの試合は我等が聖地・日本平での開催。今季エスパルスはまだ日本平で勝利していません。そうです!この試合での勝利が持つ意味はとても大きと思います!消化試合を勝化試合にしてFC東京を粉砕したいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、平日のナイトゲームにも関わらず、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平に駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
  で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。試合終了時間を過ぎても職場にいました...(´;ω;`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりますぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「リーグ戦に繋げなければならない勝化試合な試合」だったようです。

続きを読む "消化試合を「勝化試合」に!しかし代償も..."

投稿者 tao : 23:00 | 2017年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2017年5月28日

凌兵のゴール!倍以上のシュート!でも結果は...

2017 J.LEAGUE Division1 13th leg.
清水 1-3 横浜F・M

 24日に行われたルヴァ杯vs大宮戦では、試合開始直後の15分間で2失点と厳しい試合立ち上がりに。サブ組主体のチームのためか連携や連動にほころびが目立てしまい、後半にデュークを投入し攻撃のリズムをつかみかけるも、そこから更に大宮に2失点を許してしまい敗戦。ルヴァ杯1次リーグ5連敗で最下位が決定してしまったエスパルス。27日にはリーグ戦第13節vs横浜F・M戦に臨みました。
 
 いくらリーグ戦が最優先だからって、ルヴァ杯は全敗という結果がチームにいい影響を与えるわけがありません。しかも4月8日のリーグ戦vs柏戦から公式戦10戦勝ちなし。トップチームもサブメンバーも、このままの様態が続いてしまうのは決して良いことではなく、今の状況が危機的であるということは認識しているはず。チーム全体での問題点や課題の改善は急務であるといえるでしょう。
 そして迎える横浜F・M戦。目下リーグ戦中位にある横浜F・Mは攻撃力に定評があるチーム。上位進出をもくろむ横浜F・Mは、現段階では厄介な敵といってもいいでしょう。巧みな技と攻撃力でエスパルスゴールを脅かしてくるはず。しかも次節は我らが聖地・日本平での開催。これまで日本平での勝利がないエスパルスにとって、ホームでの勝利を渇望しすぎて、プレーがギクシャクしてしまうことが懸念されます。しかし!リーグ戦vs浦和戦で見せてくれた大逆襲を次に活かせれば、きっと勝利は近づいてくるはず!日本平で横浜F・Mを撃破し、エスパルスに漂うこの「どんより感」を綺麗さっぱり吹っ飛ばしたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平に駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。ぱる坊の小学校の運動会だったもんで...。あ、ぱる坊のチームは勝ちました!(小さくガッツポーズw)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりますぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「下手な鉄砲は数撃っても...な試合」だったようです。

続きを読む "凌兵のゴール!倍以上のシュート!でも結果は..."

投稿者 tao : 10:45 | 2017年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2017年5月26日

なすすべなく完敗...

Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ第6節
大宮 4-0 清水

 20日に行われたリーグ戦第12節vs浦和戦では、前半は守備に忙殺されてしまい、攻撃に転じる場面は少なかったものの、後半は交代策が奏功し攻守に安定感が増し、7分間で3ゴールの逆転劇を披露することができた。一方守備面では、浦和の厚みのある攻撃にゴール前での連携ばバタついてしまい、興梠にハットトリックを許してしまい、引き分けという結果に終わってしまったエスパルス。24日にはルヴァ杯1次リーグ第6節vs大宮戦に臨みました。
 
 勝てる試合だった。しかし勝てなかった。負ける恐れだってあった。しかし負けることはなかった。浦和以上にやれる時間帯もあった。反省材料も多かった。相手をリスペクトしすぎることなく、自分たちがやれることを出せた。それが強豪の浦和に対して引き分けという試合結果に表れたのではないでしょうか。
 そして迎えるルヴァ杯大宮戦。エスパルスは既にルヴァ杯予選敗退が決定しています。しかし!逆に考えれば、もう失うものは何もない!公式戦出場機会が少ないヤングエスパルスは思い切ってサッカーをして、主力組のポジションを奪いとる!くらいの迫力を試合で見せてほしい!それはひいては主力組の活性化にも繋がってくるはずです!ヤングエスパルスの意地と本気を見せつけたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、平日のナイトゲームにもかかわらず、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@NACKに駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。試合終了時間を過ぎても仕事してたし...(´;ω;`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりますぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「なすすべなく完敗な試合」だったようです。

続きを読む "なすすべなく完敗..."

投稿者 tao : 23:15 | 2017年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2017年5月21日

勝てた試合だった。負けなかった。自信にもなるし反省もある。

2017 J.LEAGUE Division1 12th leg.
浦和 3-3 清水

 14日に行われたリーグ戦第11節vs鳥栖戦では、チアゴがスタメンに名を連ね、テセを中心にして攻撃を展開。そして前半にテセとチアゴの連携からチアゴの2試合連続となるゴールが決まって先制!しかし後半に鳥栖の猛攻撃にさらされ、試合終了間際のアディショナルタイムに鳥栖のゴールを許してしまい同点に。またしても日本平で勝利することができなかったエスパルス。20日にはリーグ戦第12節vs浦和戦に臨みました。
 
 試合最終盤の時間の使い方、ここで小さな判断ミスが試合結果を大きく左右してしまった鳥栖戦。たらればを言っても仕方ありませんが、オレンジ戦士各々の判断や行動が、試合結果に直結するということ。小さな判断ミスが試合結果に大きく影響するんだということを、オレンジ戦士は痛感させられたことでしょう。
 そして迎える浦和戦。浦和は目下リーグ戦で首位。そして常に上位争いを展開する強豪チーム。攻撃のタレントが豊富で守備力も非常に高く、また元オレンジ戦士の高木俊幸選手が在籍しているチーム。しかもこの試合はアウェイ@埼玉スでの試合。非常に困難な試合になることは想像に難くありません。しかし!だからこそこの浦和戦でオレンジ戦士の思いを一つにして、すべての力を結集し、全身全霊を賭して戦うことができれば、きっと勝利に繋げることができすはず!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@埼スタに駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 で、この試合には我が家も出撃!埼玉でのエスパルスの試合には馳せ参じなければ!それにしても暑かったなあ(;´∀`)
 久しぶりに会った観戦仲間。久しぶりのサンバ応援。久しぶりの生ゴール。久しぶりの大声で声ガラガラ。久しぶりのゴール裏で体はバッキバキ。でもすごく楽しかった。やっぱりスタジアムは(・∀・)イイネ!!

 強豪の浦和であろうとも、相手を必要以上にリスペクトせず、しっかりと自分たちのサッカーを展開出来れば、勝利を掴みとることは難しいことではなくなるはず!目の前の試合にしっかり集中し、試合終了の笛が鳴り終わる瞬間まで走り切り、浦和をきりきり舞いさせて勝利を掴み取ることができるか!エスパルスの誇りを懸けた一戦が火蓋を切りました!

続きを読む "勝てた試合だった。負けなかった。自信にもなるし反省もある。"

投稿者 tao : 14:20 | 2017年 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。