2018年9月17日

日立台で美しく踊って魅せてくれた「背番号10」

2018 J.LEAGUE Division1 26th leg.
柏 2-3 清水

 1日に行われたリーグ戦第25節vs仙台戦では、前半に先制ゴールを許してしまうも後半に追いつき宇、そこから猛攻撃を仕掛けて逆転ゴールを狙いましたが、アディショナルタイムに守備の一瞬の隙を突かれてしまい決勝ゴールを許してしまい仙台に敗戦。勝ち点を積み上げられなかったエスパルスは15日、リーグ戦第26節vs柏戦に臨みました。
 
 仙台の選手よりもピッチ上で躍動し、多くの決定機を作るなど試合内容では決して劣っていなかったと思われましたが、結果的には試合の最後の最後で仙台にゴールを許してしまったエスパルス。勝ちきれないエスパルスの『もろさ』が露呈してしまいました。
 そして迎える柏戦。柏は現在リーグ戦で16位と残留争いの順位にいます。それ故に柏は我武者羅に遮二無二に勝利を目指してガツガツ来るはず。しかもエスパルスとのポイントディファレンスはわずか2しかありません。すなわちこの試合も「6ポイントマッチ」敗戦したチームが残留争いの渦中に巻き込まれてしまうこととなります。しかもエスパルスはドウグラスが仙台戦で警告を貰ってしまい累積警告で出場停止。テセの復帰もまだまだの様子で、おまけにこの試合もアウェイ@三協F柏での試合。横浜F・M戦で負傷したクリスランが急回復して戦列復帰の朗報はあれど、エスパルスにとってこれほどまで悪条件が重なった試合は過去に類を見ないでしょう。しかし!酷難なのは百も承知!こんな時だからこそチーム。スタッフ、そしてサポーターの気持ちを一つにし、まさに一丸となって戦い柏に勝利できれば、エスパルスにとって大きな自信につながるはず!そんなエスパルスをサポートするべく、多くのエスパサポさんが、アウェイ・三協F柏へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で!この試合にはオイラが単独参戦!昼間に会社の用事(飲み会)をこなして日立柏へ向かいました。ゴール裏でバモってたらすっかり汗だくになっちゃって酒抜けたよw

 負ければ厳しい残留争いの渦中に巻き込まれてしであろう柏戦。このところ最後の最後で勝ち点を取れないでいるエスパルスにとって、この「6ポイントマッチ」は本当に重要!この試合は絶対に勝たなければなりません!自分たちがしてきたサッカーを信じて戦い、柏に勝利することができるか!オレンジ戦士の天王山の試合がキックオフ!

続きを読む "日立台で美しく踊って魅せてくれた「背番号10」"

投稿者 tao : 21:11 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年9月 3日

一瞬のミスは取り戻せない...

2018 J.LEAGUE Division1 25th leg.
仙台 2-1 清水

 8月29日に行われたリーグ戦第18節vs横浜F・M戦では、試合開始直後に不運な形で失点してしまい、またクリスランが負傷して交代を余儀なくされてしまうも、翔太のゴールで前半に追いつき、後半開始直後にドウグラスの芸術的シュートが決まって逆転!横浜F・Mに勝利したエスパルス。9月1日にはリーグ戦第25節vs仙台戦に臨みました。

 前節横浜F・M戦は、8月15日に亡くなった漫画家のさくらももこさんの追悼のために喪章を巻いてピッチに立ってオレンジ戦士達。先制されるも気持ちを落とさず果敢に戦い前半に追いつき、後半開始直後に逆転!勝ち点差が近い横浜F・Mとの「6ポイントマッチ」に勝利し、さくらさんにも勝利の報告ができました。
 そして迎える仙台戦。仙台は目下リーグ戦8位と好調を維持しており、そして平岡や野津田といった元オレンジ戦士が在籍するチーム。エスパルスの選手の動きについては精通しているはず。得点力も高く守備も堅牢で、攻略は一筋縄ではいきません。しかも次節は中2日の土曜日のアウェイゲーム。夏場の過密日程でのアウェイ連戦。オレンジ戦士のコンディションに不安がつきません。しかし!この厳しい連戦を戦い勝ち抜くことができれば、リーグ戦での上位浮上は現実味を帯びてくるはず!正念場となるこの仙台戦で勝利をつかみ取りたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、遠方のアウェイにもかかわらず多くのエスパサポさんが、アウェイ・ユアスタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 負ければ厳しい残留争いに巻き込まれてしまう可能背が非常に高くなっていた横浜F・M戦で勝利をつかんだエスパルス。勝ち切ったことは評価できますが、これを次につなぐことで、勝利の意味はさらにましてくるでしょう。厳しい日程でのアウェイ連戦となる仙台戦で勝利し、リーグ戦上位進出の足掛かりを作れるか!エスパルスの自力が試される試合がキックオフ!

続きを読む "一瞬のミスは取り戻せない..."

投稿者 tao : 22:37 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年8月30日

清水はいいねぇ...

お悔やみ(エスパルス公式)

 2018年8月27日、静岡県清水市(現静岡市清水区)生まれで長谷川健太の小学校時代の同級生でもあり、国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」の作者の漫画家、さくらももこさんが8月15日に乳がんで亡くなったとの報が日本を駆け巡った。享年53歳。早い、早すぎる。もっとやりたい事いっぱいあっただろうに...。切ないです。

続きを読む "清水はいいねぇ..."

投稿者 tao : 23:15 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


清水に生まれ、清水に育ち、清水を愛するあの人に届け!

2018 J.LEAGUE Division1 18th leg.
横浜F・M 1-2 清水

 25日に行われたリーグ戦第24節vs札幌戦では、前半にオウンゴールで先制するもリードを維持できずに前半に追いつかれてしまい、後半に巻き返しを期して攻め込むも、交代出場した小野伸二選手を起点にした攻撃から逆転負けを喫してしまったエスパルス。29日にはリーグ戦第18節vs横浜F・M戦に臨みました。

 攻撃陣は札幌陣内でチャンスを多く作り、守備陣は辛抱強く守備し続けることができた。試合内容は決して悪くないのに、攻撃陣は流れからゴールを奪うことができず、守備陣はセットプレーの対応をしきれず逆転負けと、結果はよくはありませんでした。
 そして迎える横浜F・M戦。横浜F・M戦は先般の台風で日程が順延になっていたもの。そして横浜F・Mは目下リーグ戦15位。エスパルスとの勝ち点差はわずか5しかありません。そして横浜F・Mはその攻撃力が大きな脅威となるでしょう。しかもこの試合は中3日の水曜日のアウェイゲーム。夜とはいえ酷暑の中での試合でどれだけ運動量と集中を落とさずに戦いきることができるか!オレンジ戦士の踏ん張りどころです!そんなエスパルスをサポートするべく、平日のアウェイのナイトゲームにもかかわらず多くのエスパサポさんが、日産スへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 試合内容が特別悪いということではないだけに、小さなミスが致命的な結果に結びついてしまう。逆に小さなきっかけが大きな結果を導いてくれることも。今自分たちがやっているサッカーを信じて、そしてお互いを信じて、相手ゴールに向かっていくことできるか!エスパルスの真の力を見せつけたい試合が火蓋を切りました!

続きを読む "清水に生まれ、清水に育ち、清水を愛するあの人に届け!"

投稿者 tao : 22:48 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年8月26日

試合内容は悪くないけど試合結果は良くない...

2018 J.LEAGUE Division1 24th leg.
清水 1-2 札幌

 19日に行われたリーグ戦第23節vs浦和戦では、翔太と石毛といった中盤の選手が攻撃に絡み、浦和に対して3回リードを奪うも3回追いつかれてしまい、結局ドローで試合を終えたエスパルス。25日にはリーグ戦第24節vs札幌戦に臨みました。

 4連敗という最悪の事態は食い止めることができましたが、3度のリードを守りきれずに3度追いつかれて引き分け。連戦を考慮したためか戦力を温存していた浦和に対して攻め切れても守りきれなかった。フレイレを欠き角田が先発出場した最終ラインが踏ん張りきれなかったのかもしれません。
 そして迎える札幌戦。札幌は目下リーグ戦暫定6位と好調を維持し、特に完全移籍したチャナティプが攻撃に迫力と速さを加えています。しかし!今季リーグ戦第3節@アウェイでエスパルスは札幌を撃破しており、イメージは悪くないはず!札幌が当時とは実力が向上しているように、エスパルスも当時に比べ実力は向上しているはず!油断大敵な試合ではあるものの、勝てない試合ではないはず!そんなエスパルスをサポートするべく多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 「勝負の神は細部に宿る」とは岡田元日本代表監督の言葉。守備陣は些細なミスが致命的な結果に直結してしまった浦和戦を反省し、次の札幌戦に活かすことができなければ、エスパルスの今後の戦いが一層苦しくなることは明白です。連敗を食い止めたエスパルスが夏休みのホーム最終戦の日本平で勝利の花火を上げることができるか!エスパルスの夏の正念場の試合がキックオフ!

続きを読む "試合内容は悪くないけど試合結果は良くない..."

投稿者 tao : 16:43 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年8月22日

勝ちたかったけど、負けなかった。負けなかったけど、勝ちたかった...

2018 J.LEAGUE Division1 23th leg.
清水 3-3 浦和

 15日に行われたリーグ戦第22節vsC大阪戦では、C大阪に先制ゴールを許してしまうも失点直後に同点に追いつき試合の流れを引き戻したかに見えましたが、後半に運動量が目に見えてガクッと落ちてしまい、結局連続失点で逆転負けを喫してしまったエスパルス。19日にはリーグ戦第23節vs浦和戦に臨みました。

 C大阪には1998年を最後に14戦勝ちなし。金鳥スタでは4試合全敗という不名誉な記録更新となってしまいました。そして今季2度目の3連敗。リーグ戦再開後に3連勝を決めたエスパルスでしたが、3連敗と喫してしまったことで降格圏のチームとの勝ち点差も5に縮まってしまいました。
 そして迎える浦和戦。浦和は目下リーグ戦暫定9位。エスパルスとの勝ち点差は4。しかしエスパルスは4月15日のリーグ戦第8節@アウェイで2-1で敗戦しています。しかも次節は中3日の日曜日の開催。オレンジ戦士の疲労度やフィジカルコンディションが非常に気になるところ。しかもしかも、次節はフレイレが累積警告で出場停止。守備陣に大きな不安が残ります。だがしかし!次節は我らが聖地・日本平での試合。既に一部の席種は完売とのこと。万来のオレンジサポーターの後押しがあれば、きっと浦和を日本平で迎撃することができるはず!そんなエスパルスをサポートするべく多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 浦和には2014年4月27日に行われたリーグ戦第8節@アウェイ以来勝利がありません。またホームでは2011年9月17日のリーグ戦第26節@エコパ以来勝てていません。降格圏との勝ち点差が5に縮まってしまったエスパルス、ここは踏ん張りどころになるでしょう!ホームで7年ぶりに浦和を撃破し、リーグ戦上位浮上の足掛かりを作れるか!エスパルスの気持ちを見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "勝ちたかったけど、負けなかった。負けなかったけど、勝ちたかった..."

投稿者 tao : 22:32 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年8月16日

これぞまさしく「鬼門」ですね...

2018 J.LEAGUE Division1 22th leg.
C大阪 3-1 清水

 11日に行われたリーグ戦第21節vs川崎戦では、試合開始直後にドウグラスが先制ゴールを決めるも、前半終了間際にそのドウグラスが頭を強く打って負傷交代に。その後はボールが収まらず、川崎にいいように攻撃されてしまい2失点で敗戦してしまったエスパルス。15日にはリーグ戦第22節vsC大阪戦に臨みました。
 
 5年ぶりのホーム5連勝に挑んだエスパルスでしたが、川崎に逆転負け。エスパルスは川崎に2015年5月30日のリーグ戦第14節@日本平以来の連敗を6に伸ばしてしまいました。しかも全て複数失点...。先制した試合は8試合負けなしのエスパルスでしたが、最後まで川崎のパスワークに翻弄されてしまい、追い付く力は残っていませんでした。

 そして迎えるC大阪戦。C大阪は目下リーグ戦暫定6位。しかしエスパルスとの勝ち点差は3しかありません。すなわち!このC大阪戦に勝利することができれば、リーグ戦上位陣に迫ることができるのです!
 一方でエスパルスの目下の順位は11位。ここで踏ん張りがきかないようだと、あっという間に下位に沈んでしまう可能性もいまだ高い状況。一瞬たりとも気を抜けないということです。しかも次節は中3日でのアウェイゲーム。選手の疲労やドウグラスのコンディションも非常に気にかかります。そしてJ1ではC大阪に1998年を最後に13戦勝ちなし。金鳥スタでは3試合全敗...。まさに鬼門といえそうです。しかし!リーグ戦上位浮上のためにも、この試合には絶対に勝って連敗を阻止したいところ!そんなエスパルスをサポートするべく多くのエスパサポさんが、アウェイ@金鳥スタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 3連勝の後に2連敗。しかし川崎戦での敗戦はドウグラスの負傷交代によるところが大きく、それまでは川崎に対して大きく劣っているとは言えない内容だったように思います。オレンジ戦士は必要以上に下を向く必要はないはず!再び勢いを取り戻すべくC大阪を撃破し、J1で1998年以来の勝利を決めることができるか!エスパルスの崖っぷちの戦いが火蓋を切りました!

続きを読む "これぞまさしく「鬼門」ですね..."

投稿者 tao : 23:59 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年8月13日

やれていたがやり切れていなかった...

2018 J.LEAGUE Division1 21th leg.
清水 1-2 川崎

 5日に行われたリーグ戦第20節vs鹿島戦では、運動量を落とさずしっかり集中をしながら守備を行い、攻撃面では敵陣内での崩しやパスワーク等、鹿島に好きにさせないいい動きをしていたにもかかわらず、最後の場面で一瞬の気の緩みを鹿島につかれてしまい敗戦してしまったエスパルス。11日にはリーグ戦第21節vs川崎戦に臨みました。

 連勝の勢いと自信をもって敵地に乗り込んだオレンジ戦士達。鹿島に以前のような勢いは感じられず、エスパルスが鹿島を押し込む場面も多かった。しかしミスも多く、細かなミスやズレ、そして時折ある自陣ゴール前での気の緩み。それらが非常に悔やまれる試合結果につながってしまったのだと思います。
 そして迎える川崎戦。川崎は目下リーグ戦暫定3位と好調を維持しており、またエスパルスは5月20日のリーグ戦第15節で対戦し0-3で大敗を喫しています。「何もできなかった試合。力がどれだけ付いているか試したい」と河井チャソは鹿島戦後にコメント。今季守備を再構築し、攻撃面でもテコ入れを図ってきたエスパルス。あの時と比べれば、今のほうが実力は向上しているはず!ホームで川崎を撃破しそれを立証したいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、開門前には激しいゲリラ豪雨があったにもかかわらず、多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 エスパルスは川崎に2015年5月30日のリーグ戦第14節@日本平以来5連敗中。しかも全て複数失点で敗戦しています。アウェイでの大敗の雪辱を果たす勝利を日本平で決めて、リーグ戦上位進出の足場を確固たるものにできるか!エスパルスの実力を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "やれていたがやり切れていなかった..."

投稿者 tao : 21:42 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。