2020年8月 2日

まずは負けないことが大事。そしてここからが大事!

2020 J.LEAGUE Division1 8th leg.
浦和 1-1 清水

 7月26日に行われたリーグ戦第7節vs大分戦では、攻守の切り替えの速さ、球際の激しさ。今季就任したクラモフスキー監督が求めていたハードワークを選手たちが体現し、攻撃的なサッカーを展開。そして4ゴールというこれまでのモヤモヤを吹っ飛ばす勝利!クラブワースト記録となってしまったリーグ戦未勝利記録を6でストップさせたエスパルス。1日にはリーグ戦第8節vs浦和戦に臨みました。

 終始運動量を落とすことなく、大分に攻撃の起点を作らせないようチーム全体で守備意識を高め、攻守の切り替えの速さと球際の厳しさを強化。そしてエスパルスらしからぬ(ぉぃw)セットプレーでの4ゴール!!!!試合終了間際の2失点に課題も残りますが、エスパルスの進化を感じることができる勝利だったと思いました。
 そして迎える浦和戦。浦和とは昨季2試合して2敗と勝てていません。っていうか、2013年4月27日のリーグ戦第8節@埼スタ以来、勝利することができていません。それだけ苦手で強敵で難敵なチーム。非常に強力で速さのある攻撃陣と、強くて速い守備陣を誇るチーム。リーグ戦の順位は浦和が6位に対してエスパルスは最下位。非常に厳し試合になることは火を見るよりも明らかです。しかし!エスパルスも長い長い長い長いトンネルをようやく脱し、明るい晴れ間が見えてきました!攻守において自分たちが推し進めてきたサッカーに間違いがないことも明らかです!ここでブレずにやりきることで浦和に勝利することができれば、オレンジ戦士にとって大きな大きな自信につながることも明らかでしょう!

 大分戦後にケンタは「結果がでなくても下を向かずにやってきた。次へ良い形で臨める」とコメント。勝ち点3とともに、オレンジ戦士は自信という何よりも大きな妙薬を手にすることができました。この妙薬を生かし難敵浦和をアウェイで撃破し、妙薬の効能をさらに強化することができるか!エスパルスの勝利への想いを見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "まずは負けないことが大事。そしてここからが大事!"

投稿者 tao : 11:10 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年7月29日

不調も雷雨も乗り越え掴んだ勝利!

2020 J.LEAGUE Division1 7th leg.
清水 1-1 大分

 22日に行われたリーグ戦第6節vs鳥栖戦では、試合立ち上がりからの鳥栖の厳しプレスに対して、パスワークで対応し鳥栖ゴールに迫り先制点を決めるも、そのあとの選手動きが明らかに悪くなってしまい失点。最後まで鳥栖のプレスに引っかかってしまい追加点を決められず引き分けたエスパルス。26日にはリーグ戦第7節vs大分戦に臨みました。

 今季リーグ戦で1ゴールも決められていなかった鳥栖に対して、今季リーグ戦でワースト失点のエスパルス。巷では「逆ほこたて対決」等と揶揄されていたこの試合。結果的には鳥栖はゴールを決めることができて、エスパルスは連敗を食い止められた。しかし試合内容的には非常にモヤモヤする試合結果だったように思います。
 そして迎える大分戦。大分とは昨季公式戦で2試合して2分と五分五分の成績。そして大分は今季リーグ戦で12位に位置するチーム。一方で次節vs大分戦は鳥栖戦から中3日で開催される試合。過密日程が選手のスタミナを削ります。しかしこの試合は2試合ぶりに我等が聖地・日本平で行われる試合。入場者数や応援スタイルに大きな制約があるものの、日本平に集まってくれるオレンジサポーターの存在は、きっとオレンジ戦士にとって大きな推進力を生み出す源泉になるはずです!

 得点源への期待が掛かるカルリーニョスに待望のエスパルス初ゴールが生まれた!そして、エウソンとヘナトの両選手のコンディションが上がってきた!よい兆しも大きくなってきた!厳しい試合日程を乗り越えて我等が聖地・日本平で大分を撃破し、クラブワーストの開幕6戦未勝利を食い止めることができるか!エスパルスの矜持を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "不調も雷雨も乗り越え掴んだ勝利!"

投稿者 tao : 23:43 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年7月23日

0ではないけど3でもない...

2020 J.LEAGUE Division1 6th leg.
鳥栖 1-1 清水

 18日に行われたリーグ戦第5節vs神戸戦では、試合前半の攻撃ではオレンジ戦士のパスの呼吸がなかなか合わず、エスパルスの攻勢時には攻撃陣の連動が遅い。守備時にはドウグラスやイニエスタといった強力な攻撃陣を要する神戸に対して守備陣の連動が少なく軽い。そしてサイドを起点にした展開もクロスの精度が欠けてしまい攻撃が緩い。そして決定力の課題も露呈してしまい神戸に敗戦してしまったエスパルス。22日にはリーグ戦第6節vs鳥栖戦に臨みました。

 クラモフスキー監督の元、今季は攻撃的なスタイルへかじを切って新たなスタイルの構築過程にありもがき苦しむエスパルス。他会場の結果によりエスパルスは勝ち点0で最下位に転落。リーグ戦開幕5連敗はクラブワースト記録更新という不名誉な結果になってしまいました。それでも、エウソンやヘナトの戦列復帰、そしてケンタの意地を見せてくれたゴール。厳しい状況にあるとはいえ、着実に前に進んでいいることは確かだと思います。
 そして迎える鳥栖戦。鳥栖とは昨季公式戦で3試合して2勝1敗と好成績を残しています。しかし次節は中3日のミッドウィークのナイトゲーム。しかもアウェイ@駅スタでの試合。選手のフィジカルコンディション、そしてメンタル面のコンディションも気になるところです。一方、鳥栖は今季いまだゴールがなく、リーグ戦で目下勝ち点2の16位と苦戦しているチーム。エスパルスと同じような境遇になるチームとの対戦は、今季はJ2降格が無いとはいえ、エスパルスの今季リーグ戦の今後を占う意味でも非常に重要な試金石になります。厳しい条件とチームコンディションを乗り越えて鳥栖に勝利することができれば、オレンジ戦士にとってなによりの良薬になるはずです!

 クラモフスキー監督とエスパルスが目指しているサッカーは間違いなくいいと思います。大切なのは、ここであっちこっちに迷走することなく、選手・スタッフ・そしてサポーターがお互いを信じて進んでいくこと!ピッチで戦うオレンジ戦士の想いを集結し、アウェイで鳥栖を撃破できるか!エスパルスの想いを見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "0ではないけど3でもない..."

投稿者 tao : 16:27 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年7月19日

クラブワースト記録は続くよ...

2020 J.LEAGUE Division1 5th leg.
神戸 3-1 清水

 12日に行われたリーグ戦第4節vsG大阪戦では、前節vsC大阪戦とは違い、アグレッシブに選手が動いてボールをリズムよく動かして攻撃につなげるサッカーを展開。しかし最後のところでの決定力不足からゴールを決められず、前半終了間際に先制点を献上。後半に追いつくものの試合終了間際に失点してしまい敗戦してしまったエスパルス。18日にはリーグ戦第5節vs神戸戦に臨みました。

 G大阪戦では試合を通じて優勢だったのはエスパルスだったと思います。試合開始直後からオレンジ戦士は運動量を惜しまず、高い位置からG大阪のボールホルダーにプレスをかけ続け、ボールを奪うと攻守の切り替えを素早くし、選手同士の距離感も改善され、テンポの良いパスワークからG大阪陣内に切り込みゴールを狙いますが、ゴール前でのプレーの精度が甘く、逆にG大阪にゴールを決められてしまい厳しい試合結果になってしまいました。
 そして迎える神戸戦。神戸とは昨季公式戦で3試合して1勝1分1敗と五分五分。しかしその1敗が天皇杯準決勝での敗戦。非常に悔しい敗戦でした。しかも今季は元オレンジ戦士でエスパルスの攻撃の屋台骨を支えていてくれたドウグラスが神戸に移籍。エスパルスとしては神戸には絶対に負けられません!しかし次節はアウェイ@ノエスタでの試合。エスパルスがあまり得意ではない関西アウェイでの試合。しかも目下リーグ戦開幕4連敗と絶不調なエスパルス厳しい試合になることは想像に難くありません。しかし!エスパルスもドウグラスがいる神戸には負けるわけにはいきません!ここでチーム全員で想いを一つにして勝利することができれば、オレンジ戦士にとって大きな後押しになるはずです!

 オレンジ戦士の動きも徐々に良くなりつつあります!アウェイで神戸を撃破し、昨季天皇杯準決勝の雪辱を果たすし、そして元オレンジ戦士のドウグラスに「お礼」をすることができるか!エスパルスの絶対に負けられない一戦がキックオフ!

続きを読む "クラブワースト記録は続くよ..."

投稿者 tao : 10:31 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年7月16日

いけそう感はあったんだけど...

2020 J.LEAGUE Division1 4th leg.
清水 1-2 G大阪

 前節vs名古屋戦からスタメンFW3名を総入れ替えし、ドゥトラ、ティーラシン、ケンタという3トップで攻略を目指したリーグ戦第3節vsC大阪戦。しかし試合立ち上がりからC大阪に試合の主導権を握られてしまい、前半は辛くも無失点で折り返すも後半にC大阪に先制されてしまい、試合終盤には追加点まで奪われてしまい敗戦してしまったエスパルス。12日にはリーグ戦第4節vsG大阪戦に臨みました。

 前節vs名古屋戦から中3日のミッドウィークのナイトゲーム、しかもリーグ戦再開後初のアウェイゲームという厳しい条件が重なってしまったC大阪戦。公式戦3連勝中のC大阪に対し、クラモフスキー監督が目指す攻撃的なサッカーをを実践するも、完成度ではまだまだ未熟な面が露呈してしまい攻撃陣は不発。後半立ち上がりにエスパルスが試合の主導権を握りかけた時間帯にゴールを決めきれず、逆に2失点してしまい敗戦。エスパルスはリーグ開幕から3連敗。残念ながらクラブワースト記録を更新してしまいました。
 そして迎えるG大阪戦。G大阪とは昨季公式戦で4試合して1分3敗と勝てていません...。エスパルスにとってG大阪は苦手なチームといえるでしょう。しかもこの試合もC大阪戦から中3日の日曜開催。選手のコンディション、そして今季公式戦4連敗と全く調子が上がらないオレンジ戦士たちのメンタルが気になります。しかし!次節は我等が聖地・日本平での開催!そしてリーグ戦中断期間後初の有観客試合!観戦にはマスク着用や検温、大声を出さないことや密集しての応援を避けること等、多くの制約がありますが、それでもスタンドにオレンジサポータがいることが、ピッチで戦うオレンジ戦士たちに大きな力になるはず!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも厳しい制限下にもかかわらず多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、厳しい制限のものとのサポート、本当にありがとうございました。

 名古屋戦の先制ゴールやC大阪戦の後半立ち上がりのエスパルスの猛攻撃を見るに、クラモフスキー監督の目指すサッカーは間違っていないはず!ここで辛抱強くエスパルスのサッカーを成熟させることができれば、リーグ戦で上位に食い込むことは不可能ではありません!リーグ開幕戦以来、久しぶりにサポーターが戻ってきた日本平でクラモフスキー監督が目指すエスパルスの新たなサッカーを駆使しG大阪を撃破できるか!エスパルスの想いを見せつけたい試合がキックオフ!

続きを読む "いけそう感はあったんだけど..."

投稿者 tao : 21:18 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年7月11日

なにもかもまだ足りていません...

2020 J.LEAGUE Division1 3rd leg.
C大阪 2-0 清水

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため中断していたリーグ戦がいよいよ再開!再開初戦の名古屋戦@日本平に意気揚々と臨んだ我等がエスパルス。先制ゴールまではよかったんですが、その後は連係ミスや守備のもろさから名古屋に立て続けに失点していしまい、リーグ戦再開初戦を勝利で飾れなかったエスパルス。8日にはリーグ戦第3節vsC大阪戦に臨みました。

 監督と選手が大きく様変わりし、新たなチームスタイルを構築するためにはいろんな意味で時間が必要だったエスパルスにとって、リーグ戦の中断期間はまさに「渡りに船」だったはず。再開初戦の名古屋戦での先制ゴールまでの時間は、その期間を十分活用できた証左といえるかもしれません。しかしその後、守備陣の間隙を突かれてしまい立て続けに失点。まだまだチームの成熟度が不足している事が露呈してしまった試合になってしまいました。
 そして迎えるC大阪戦。C大阪とは昨季1勝1敗。しかし今季のC大阪は開幕から中断期間を挟んで2連勝と好調を維持しているチーム。しっかりした守備を礎に攻撃を構築する難敵。現段階でのC大阪撃破はエスパルスにとって非常に困難なことかもしれません。しかも試合は前節vs名古屋戦から中3日のミッドウィーク水曜日のナイトゲーム。しかもアウェイでの試合。選手起用やコンディションも非常に気になります。しかし!それはC大阪も同じこと!どのオレンジ戦士がピッチに立とうとも、勝利を渇望する気持ちに差はないはず!この試合ではアウェイでのリモートマッチ(無観客試合)となりましたが、多くのオレンジ戦士がその行方を見守っていてくれているはずです!

 現段階でのベストな選手起用でC大阪をアウェイで撃破できれば、新生エスパルスに大きな力を与えてくれることでしょう。難敵C大阪をアウェイで撃破し、今季リーグ戦初勝利で新生エスパルスに勢いと弾みをつける事ができるか!エスパルスの地力を見せつけたい試合がキックオフ!

続きを読む "なにもかもまだ足りていません..."

投稿者 tao : 17:47 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年7月 5日

再開は嬉しけど敗戦は悔しい...

2020 J.LEAGUE Division1 2nd leg.
清水 1-2 名古屋

 新型コロナウイルスの感染拡大により第1節終了時点で中断期間に入ったJリーグ。先週J2J3が再開したのに続き、J1もリーグ戦が今日から再開!エスパルスはリーグ戦第2節vs名古屋戦に臨みました。

 新型コロナウイルスの感染拡大により中断期間に入ったリーグ戦。約4か月半の中断期間中にチームは新加入選手やクラモフスキー監督が目指す攻撃的なサッカーの理解度を上げるべく練習を積み重ねてきたはず。しかし相手はウイルス。目に見えない敵と戦うことは困難を極め、選手をいくつかのチームに分けて練習を行う等、感染拡大を防止しながらの練習は、必ずしも満足な練習とは言えないかもしれません。しかし!それはどのクラブも同じこと。厳しい環境下にあっても練習で気を抜くことなく集中することができれば、必ず成果は上げられるはず!新加入選手が多く新任の監督が率いるエスパルスには時間が必要。いわばこの中断期間は「天与の好機」ととらえるべきなのかもしれません。再開初戦の対戦相手は名古屋。強力な攻撃陣と頑強な守備を誇る名古屋を攻略することは非常に困難であることは明白。しかしこの名古屋を撃破することが出きれば、中断期間におけるエスパルスの取り組みが効果を上げていることを証明できます!

 リーグ戦再開初戦は無観客試合ということで、この試合を現地でサポートすることはできません。しかしクラブは『エスパルス #新たな観戦スタイル プロジェクト』の第2弾としてリモートマッチコレオグラフィを企画。バックスタンドの席にはコレオ企画に賛同した皆さんの分のオレンジや白いビニール袋がかけられました。この作業には山室社長も参加。無観客試合ではあるもののエスパルスの誕生日でもある7月4日の試合に、選手・スタッフ、そしてサポーターの想いが込められていると実感しました。リモートマッチコレオグラフィ企画にご参加された皆さん、本当にありがとうございました。

 長かったリーグ戦中断期間が終わり、いよいよ今季のJ1が再開します!中断期間を生かしチームの強化を図ったクラモフスキーエスパルスの再開初戦!難敵名古屋を日本平で撃破し、自らの誕生日に花を添えることができるか!エスパルスの想いをかけた試合がキックオフ!

続きを読む "再開は嬉しけど敗戦は悔しい..."

投稿者 tao : 15:31 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年6月23日

「嘘から出た誠」ではなく「ネタから出た本気」ってとこかな(笑)

エスパルス #新たな観戦スタイル プロジェクト 第4弾 「夏のアイスタ・フォトパネル企画」実施のお知らせ(エスパルス公式)

 リーグ戦再開初戦の名古屋戦は無観客試合が決定していますが、その後は入場者数を制限した中での試合になる予定です。そんな折、エスパルスからこんな企画が提案されました。
 この企画を見た最初は「何かのネタかな?」と思ったら、どうやらエスパルスは大真面目に企画を実施する様子。平時であればネタのような企画でも、コロナ禍での試合観戦では有効な手段になるということでしょう。

続きを読む "「嘘から出た誠」ではなく「ネタから出た本気」ってとこかな(笑)"

投稿者 tao : 23:11 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。