2018年10月 8日

静岡ダービーが選手を育てる

 今季リーグ戦第29節「静岡ダービー」vsジュビロ戦は、エスパルスが今季最多の5ゴールを決めてジュビロに大勝!しかし、ここまでの道のりは決して平たんではありませんでした。

 昨季はジュビロに3連敗。昨季の日本平での静岡ダービーは0-3で完敗。今季もカップ戦を含めると1勝1分1敗の五分五分。昨季全く歯が立たなかったジュビロに勝つことは、エスパルスの選手・スタッフ・そしてサポーターにとっても大きな目標だったと思います。

続きを読む "静岡ダービーが選手を育てる"

投稿者 tao : 15:57 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


昨季の屈辱を晴らす大勝利!!

2018 J.LEAGUE Division1 29th leg.
"EL CLASICO" at J-LEAGUE
61th. The SHIZUOKA Derby Match
清水 5-1 磐田

 9月29日に行われたリーグ戦第28節vsFC東京戦では、ドウグラスと航也の連携で先制点!その後ドウグラスが貰ったPKをきっちり決めてゴール!守備では六反がスーパーセーブを披露し、11試合ぶりに無失点勝利を決めたエスパルス。10月7日にはリーグ戦第29節「静岡ダービー」vsジュビロ戦が行われました。

 負ければJ2自動降格圏に近づく可能性もあったvsFC東京戦でしたが、オレンジ戦士全員がハードワークを惜しまず、守備では立田とソッコが、攻撃ではドウグラスと航也が、そしてゴールを守る六反が、それぞれ中心となって活躍し勝利!上位チームであるFC東京に勝ち点以上の大きな意味がある勝利でJ1残留へ前進しました。
 そして迎える静岡ダービーvsジュビロ戦。目下ジュビロはリーグ戦で暫定12位。しかしエスパルスとの勝ち点差はわずか4しかありません。エスパルスもジュビロもJ1残留を賭け、そして静岡サッカーの誇りを賭け、絶対に勝利しなければならない一戦。ジュビロはなりふり構わず全力でこの一戦に臨んでくるはず。その時の順位やコンディションは全く関係なしの真剣勝負。チケットは5日前に完売!今季のエスパルスの真価が問われるであろうこの試合は絶対に是が非でも何が何でも黒が白でも勝ちたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 昨季エスパルスはリーグ戦第29節@日本平でジュビロに0-3で完敗しています。警告2枚を受けて退場処分になった后や、試合に出られなかった航也は、試合後に人目をはばからず涙していました。その時の屈辱は、今でも記憶に新しいはず。いまこその屈辱を晴らす時なのです!この決戦で磐田を撃破し、昨季の屈辱を晴らし今季J1残留に王手をかけられるか!エスパルスの決戦が火蓋を切りました!

続きを読む "昨季の屈辱を晴らす大勝利!!"

投稿者 tao : 15:22 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年9月30日

全員がハードワークして掴み取ったクリーン勝利!

2018 J.LEAGUE Division1 28th leg.
FC東京 0-2 清水

 21日に行われたリーグ戦第27節vsG大阪戦では、試合開始直後の不運なオウンゴールで完全にリズムを失い、その後1点返すも最後までバタバタを修正できないままG大阪敗戦してしまったエスパルス。29日にはリーグ戦第28節vsFC東京戦に臨みました。

 試合立ち上がりに不運な形で失点してしまい、バタバタしている間に追加点を決められてしまった。後半は盛り返すも、引いて守りを固めるG大阪守備陣にてこずり、エスパルスもゴール前でのプレーの精度を欠いてしまった。柏戦に引き続きG大阪戦は絶対に勝たなければならなかった試合。それを落としてしまった代償は、決して小さくないでしょう。
 そして迎えるFC東京戦。FC東京は現在リーグ戦で3位に位置する好調なチーム。そしてFC東京を率いるは健太監督。エスパルスの隅から隅まで知り尽くす男。しかもエスパルスはFC東京に2012年4月28日のリーグ戦第8節@アウェイ以来10試合で4分6敗、6年間勝利がありません。エスパルスにとっては上位チームとの試合。非常に厳しい試合になるでしょう。しかし!リーグ戦も残すところあと7試合!リーグ戦は9月22日時点で10位のエスパルスと17位のG大阪とのポイントディファレンスはたった4しかありません!今こそエスパルスを想う選手・スタッフ・サポーターが気持ちを一つにして戦い、勝ち点を積み上げていかなければなりません!そんなエスパルスをサポートするべく、台風が接近する雨模様の中、多くのエスパサポさんが、アウェイ@味スタ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 で!この試合にはオイラが単独参戦!貴重な関東アウェイでの試合。駆けつけない理由はありません!しっかし味スタでここんところ勝った記憶がないなぁ...。

 リーグ戦下位は勝ち点差4に8クラブがひしめく大混戦!少しの油断や気のゆるみで勝ち点を失えば、即ち致命的で取り返しのつかない結果に直結してしまうのです!強敵FC東京をアウェイで撃破し勝ち点3を積み上げ、残留争いで一歩抜きんでることができるか!エスパルスの正念場の戦いがキックオフ!

続きを読む "全員がハードワークして掴み取ったクリーン勝利!"

投稿者 tao : 22:00 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年9月22日

良い部分っもあったけど、負けは負け...

2018 J.LEAGUE Division1 27th leg.
清水 1-2 G大阪

 15日に行われたリーグ戦第26節vs柏戦では、11試合ぶりに戦列復帰した涼のJ初ゴールで口火を切ると、凌兵と河合チャソの中盤の選手がそれぞれゴールを決めて柏を撃破!勝ち点は8試合を残して昨季の数字に並んだえエスパルスは21日、リーグ戦第27節vsG大阪戦に臨みました。

 涼のJ1初ゴールに凌兵の技ありゴール、そして河合チャソの冷静なダメ押しゴールと、3ゴールすべてを中盤の選手が決めた柏戦。その中でも、涼のJ1初ゴールをアシストし自らもゴールを決めた凌兵の活躍は目を見張るものがありました。エスパルスの「背番号10」を担う凌兵の活躍での勝利!今後の凌兵に期待したいです!
 そして迎えるG大阪戦。G大阪は現在リーグ戦で17位と残留争いの渦中にいます。当然G大阪もなりふり構わず勝利を目指してエスパルスに挑んでくるはず。そんなG大阪に気持ちで負けていては、試合に勝てるはずがありません!エスパルスもまだまだ安心できるような順位ではありません!そして次節はわれらが聖地・日本平での試合。大勢のオレンジサポーターがエスパルスの選手の背中を力強く押してくれるはず!そんなエスパルスをサポートするべく、金曜日のナイトゲームにもかかわらず多くのエスパサポさんが、われらが聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 G大阪とのポイントディファレンスは7と、安心できるものではありません。中位から下位までは勝ち点差が詰まっている現状。エスパルスとしてはこのG大阪戦で勝って混戦を抜け出したいところです。日本平でG大阪を撃破し、残留争いから抜け出るきっかけをつかめるか!エスパルスの力を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "良い部分っもあったけど、負けは負け..."

投稿者 tao : 22:25 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年9月17日

日立台で美しく踊って魅せてくれた「背番号10」

2018 J.LEAGUE Division1 26th leg.
柏 2-3 清水

 1日に行われたリーグ戦第25節vs仙台戦では、前半に先制ゴールを許してしまうも後半に追いつき宇、そこから猛攻撃を仕掛けて逆転ゴールを狙いましたが、アディショナルタイムに守備の一瞬の隙を突かれてしまい決勝ゴールを許してしまい仙台に敗戦。勝ち点を積み上げられなかったエスパルスは15日、リーグ戦第26節vs柏戦に臨みました。
 
 仙台の選手よりもピッチ上で躍動し、多くの決定機を作るなど試合内容では決して劣っていなかったと思われましたが、結果的には試合の最後の最後で仙台にゴールを許してしまったエスパルス。勝ちきれないエスパルスの『もろさ』が露呈してしまいました。
 そして迎える柏戦。柏は現在リーグ戦で16位と残留争いの順位にいます。それ故に柏は我武者羅に遮二無二に勝利を目指してガツガツ来るはず。しかもエスパルスとのポイントディファレンスはわずか2しかありません。すなわちこの試合も「6ポイントマッチ」敗戦したチームが残留争いの渦中に巻き込まれてしまうこととなります。しかもエスパルスはドウグラスが仙台戦で警告を貰ってしまい累積警告で出場停止。テセの復帰もまだまだの様子で、おまけにこの試合もアウェイ@三協F柏での試合。横浜F・M戦で負傷したクリスランが急回復して戦列復帰の朗報はあれど、エスパルスにとってこれほどまで悪条件が重なった試合は過去に類を見ないでしょう。しかし!酷難なのは百も承知!こんな時だからこそチーム。スタッフ、そしてサポーターの気持ちを一つにし、まさに一丸となって戦い柏に勝利できれば、エスパルスにとって大きな自信につながるはず!そんなエスパルスをサポートするべく、多くのエスパサポさんが、アウェイ・三協F柏へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で!この試合にはオイラが単独参戦!昼間に会社の用事(飲み会)をこなして日立柏へ向かいました。ゴール裏でバモってたらすっかり汗だくになっちゃって酒抜けたよw

 負ければ厳しい残留争いの渦中に巻き込まれてしであろう柏戦。このところ最後の最後で勝ち点を取れないでいるエスパルスにとって、この「6ポイントマッチ」は本当に重要!この試合は絶対に勝たなければなりません!自分たちがしてきたサッカーを信じて戦い、柏に勝利することができるか!オレンジ戦士の天王山の試合がキックオフ!

続きを読む "日立台で美しく踊って魅せてくれた「背番号10」"

投稿者 tao : 21:11 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年9月 3日

一瞬のミスは取り戻せない...

2018 J.LEAGUE Division1 25th leg.
仙台 2-1 清水

 8月29日に行われたリーグ戦第18節vs横浜F・M戦では、試合開始直後に不運な形で失点してしまい、またクリスランが負傷して交代を余儀なくされてしまうも、翔太のゴールで前半に追いつき、後半開始直後にドウグラスの芸術的シュートが決まって逆転!横浜F・Mに勝利したエスパルス。9月1日にはリーグ戦第25節vs仙台戦に臨みました。

 前節横浜F・M戦は、8月15日に亡くなった漫画家のさくらももこさんの追悼のために喪章を巻いてピッチに立ってオレンジ戦士達。先制されるも気持ちを落とさず果敢に戦い前半に追いつき、後半開始直後に逆転!勝ち点差が近い横浜F・Mとの「6ポイントマッチ」に勝利し、さくらさんにも勝利の報告ができました。
 そして迎える仙台戦。仙台は目下リーグ戦8位と好調を維持しており、そして平岡や野津田といった元オレンジ戦士が在籍するチーム。エスパルスの選手の動きについては精通しているはず。得点力も高く守備も堅牢で、攻略は一筋縄ではいきません。しかも次節は中2日の土曜日のアウェイゲーム。夏場の過密日程でのアウェイ連戦。オレンジ戦士のコンディションに不安がつきません。しかし!この厳しい連戦を戦い勝ち抜くことができれば、リーグ戦での上位浮上は現実味を帯びてくるはず!正念場となるこの仙台戦で勝利をつかみ取りたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、遠方のアウェイにもかかわらず多くのエスパサポさんが、アウェイ・ユアスタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 負ければ厳しい残留争いに巻き込まれてしまう可能背が非常に高くなっていた横浜F・M戦で勝利をつかんだエスパルス。勝ち切ったことは評価できますが、これを次につなぐことで、勝利の意味はさらにましてくるでしょう。厳しい日程でのアウェイ連戦となる仙台戦で勝利し、リーグ戦上位進出の足掛かりを作れるか!エスパルスの自力が試される試合がキックオフ!

続きを読む "一瞬のミスは取り戻せない..."

投稿者 tao : 22:37 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年9月 1日

清水に生まれ、清水に育ち、清水を愛するあの人に届け!

2018 J.LEAGUE Division1 18th leg.
横浜F・M 1-2 清水

 25日に行われたリーグ戦第24節vs札幌戦では、前半にオウンゴールで先制するもリードを維持できずに前半に追いつかれてしまい、後半に巻き返しを期して攻め込むも、交代出場した小野伸二選手を起点にした攻撃から逆転負けを喫してしまったエスパルス。29日にはリーグ戦第18節vs横浜F・M戦に臨みました。

 攻撃陣は札幌陣内でチャンスを多く作り、守備陣は辛抱強く守備し続けることができた。試合内容は決して悪くないのに、攻撃陣は流れからゴールを奪うことができず、守備陣はセットプレーの対応をしきれず逆転負けと、結果はよくはありませんでした。
 そして迎える横浜F・M戦。横浜F・M戦は先般の台風で日程が順延になっていたもの。そして横浜F・Mは目下リーグ戦15位。エスパルスとの勝ち点差はわずか5しかありません。そして横浜F・Mはその攻撃力が大きな脅威となるでしょう。しかもこの試合は中3日の水曜日のアウェイゲーム。夜とはいえ酷暑の中での試合でどれだけ運動量と集中を落とさずに戦いきることができるか!オレンジ戦士の踏ん張りどころです!そんなエスパルスをサポートするべく、平日のアウェイのナイトゲームにもかかわらず多くのエスパサポさんが、日産スへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 試合内容が特別悪いということではないだけに、小さなミスが致命的な結果に結びついてしまう。逆に小さなきっかけが大きな結果を導いてくれることも。今自分たちがやっているサッカーを信じて、そしてお互いを信じて、相手ゴールに向かっていくことできるか!エスパルスの真の力を見せつけたい試合が火蓋を切りました!

続きを読む "清水に生まれ、清水に育ち、清水を愛するあの人に届け!"

投稿者 tao : 00:08 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年8月30日

清水はいいねぇ...

お悔やみ(エスパルス公式)

 2018年8月27日、静岡県清水市(現静岡市清水区)生まれで長谷川健太の小学校時代の同級生でもあり、国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」の作者の漫画家、さくらももこさんが8月15日に乳がんで亡くなったとの報が日本を駆け巡った。享年53歳。早い、早すぎる。もっとやりたい事いっぱいあっただろうに...。切ないです。

続きを読む "清水はいいねぇ..."

投稿者 tao : 23:15 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。