2020年9月25日

あとは精度や練度を上げていくのみ

2020 J.LEAGUE Division1 18th leg.
清水 1-2 浦和

 19日に行われたリーグ戦第17節vs湘南戦では、これまでの不調を吹き飛ばすかの如く攻守の連携や連動ががっちりと噛み合い、リーグ戦での連敗はワースト更新をギリギリで回避し7でストップ!!そしてエスパルスは6チーム目となるJ1通算400勝を達成!!!チーム一丸となってメモリアルビクトリーを果たしたエスパルス。23日にはリーグ戦第18節vs浦和戦に臨みました。

 CBの悠悟を出場停止で欠くエスパルスは六平をCBとして起用。両脇のヴァウドやヘナトとともに湘南のロングボールやクロスをはね返し続け、7戦連続で喫していた前半での先制点献上を阻止。粘り強い守備陣に攻撃陣が応え、54分、右サイドを突破した後藤のクロスを中央のカルリーニョスが右足で合わせて9試合ぶりの先制点ゴール!先制ゴールに勢いづき、一気呵成に湘南に攻めかかり、86分には敵陣で奮戦してボールを奪ったドゥトラがドリブルから技ありのゴールで勝負を決定づけました。試合終了間際にはケンタのダメ押しゴールで勝利を確実に。長い長いトンネルをようやく抜け出しました。
そして迎える浦和戦。浦和とは今季リーグ戦第8節@アウェイで対戦し1-1の引き分けに終わっています。しかし目下浦和は勝ち点27の8位にいるチーム。強力な攻撃陣と手堅い守備陣を要する浦和を攻略することは容易いことではないでしょう。しかも次節は中3日で開催されるミッドウィークの試合。この試合で途中交代した後藤やカルリーニョスを含め、厳しいし日程で連戦を強いられている選手のコンディション調整も非常に気にかかります。しかし!次節は我等が聖地・日本平での試合!湘南戦の快勝の勢いをさらに強く大きくし繋げていくためにも、この浦和戦での勝利は非常に大きな意味を持つでしょう!

 この試合はミッドウィークのナイトゲーム。だもんで試合内容はさpっぱりわかりません。しかしサッカー関係のサイトやSNSなどを見るにこの試合は「あとは精度や練度を上げていくのみ」な試合だったようです。

続きを読む "あとは精度や練度を上げていくのみ"

投稿者 tao : 23:43 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年9月20日

これまでの想いが結実した「メモリアル・ビクトリー」

2020 J.LEAGUE Division1 17th leg.
湘南 0-3 清水

 16日に行われたリーグ戦第24節vs横浜F・M戦では、試合開始直後に失点してしまい、その後悠悟がレッドカードで一発退場。数的不利な状況で前半更に2失点、後半は横浜F・Mに一方的に攻め込まれるも自陣ゴールを守り切りましたが、クラブワーストにならぶリーグ戦7連敗を喫してしまったエスパルス。19日にはリーグ戦第17節vs湘南戦に臨みました。

 試合開始早々の失点、そして悠悟の一発退場。連敗中続いている複数失点を修正しようと臨んだ横浜F・M戦で早々に1人少ない数的不利の状況を招いてしまい、試合運びは一層難しくなってしまいました。耐えきれずに前半だけで3失点。後半も相手の攻撃をしのぎ失点を防ぐのが精いっぱいでした。
 そして迎える湘南戦。湘南とは昨季リーグ戦で対戦し1勝1敗。しかしその1勝はアウェイ@BMWスで対戦し6-0で快勝している試合。そして次節はアウェイ@BMWスでの試合。エスパルスにとっては験がいいスタジアムでの試合といえそうです。一方で2試合少ない湘南に勝ち点9で並ばれてしまい、得失点差で上回られているエスパルス。すなわち!リーグ戦での目下のライバルチームなのです!この試合に負ければクラブワースト記録更新となってしまうリーグ戦8連敗。エスパルスは中3日での試合に対し湘南は中5日。そしてCBの悠悟が出場停止。状況は極めて厳しいことは明白です。しかし!勝てば連敗脱出!今季リーグ戦アウェイ初勝利!そしてJ1通算400勝達成!あれもこれもそれもまるっと好転させるきっかけとなりうる今季リーグ戦で一二を争う重要な試合となるでしょう!

 リーグ戦の折り返しとなる17試合が経過した時点でエスパルスはわずか2勝。勝ち点9はJ2に降格した2015年の同時期を下回っています。複数得点を記録したのは4試合にとどまり、クラモフスキー監督が掲げる攻撃サッカーの姿もほとんど見えていません。この酷難を乗り越えるためにも湘南戦の勝利は必要不可欠!アウェイで湘南を撃破し今季エスパルスの大きなターニングポイントと成すことができるか!エスパルスの意地を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "これまでの想いが結実した「メモリアル・ビクトリー」"

投稿者 tao : 14:23 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年9月18日

数的不利があったにせよ...

2020 J.LEAGUE Division1 24th leg.
横浜F・M 3-0 清水

 12日に行われたリーグ第16節vs鹿島戦では、自陣でのパス回しのミスを鹿島に突かれてしまい前半立て続けに2失点。その後は鹿島ゴールを脅かすシーンもありましたがゴールにはつながらず、それでも後半に交代出場した唯人やティーラシンの活躍で1点返すも反撃しきれないまま敗戦してしまったエスパルス。16日にはACLの関係で変則日程となったリーグ戦第24節vs横浜F・M戦に臨みました。

 守備の軽さによる前半の失点が鹿島戦でも繰り返されてしまいました。29分と32分の失点はいずれも自陣でのパスを鹿島にかっさらわれてしまったことによる失点。ボールを丁寧につないで攻撃を組み立てるのは今季のエスパルスが目指すサッカーの特徴。しかし自陣でのミスは致命的な事態を招いてしまいます。チーム状態を象徴するような2失点。一つ一つのプレーの精度や練度を最大限に上げなければ、エスパルスが目指すサッカーは具現化できないと言えると思います。
 そして迎える横浜F・M戦。横浜F・Mとは8月19日のリーグ戦第11節で対戦したばかり。その時は壮絶な撃ち合いの末3-4で敗戦しています。しかし昨季リーグ戦で優勝し今季も優勝の期待がかかる強豪チームの横浜F・Mから3ゴールを奪い勝利に肉薄できた。クラモフスキー監督の古巣、そして横浜F・Mのポステコグルー監督との師弟対決第2弾!しかもアウェイ@日産スでの試合。クラモフスキー監督の闘志に火がつかないわけがありません!その意気をオレンジ戦士が感じ取り、チーム全員で日産スで横浜F・Mを撃破することができれば、チームにとって大きな大きな力になるはずです!

 この試合はミッドウィークのナイトゲーム。だもんで試合内容はこれっぽっちもわかりません。しかしサッカー関係のサイトやSNSなどを見るにこの試合は「数的不利が致命傷になってしまった」試合だったようです。

続きを読む "数的不利があったにせよ..."

投稿者 tao : 23:43 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年9月13日

トンネルには出口があるはずなんだけど...

2020 J.LEAGUE Division1 16th leg.
清水 1-2 鹿島

 5日に行われたリーグ第15節vs広島戦では、試合開始から広島に主導権を握られてしまい自陣で守備に忙殺され、前半に先制点を献上。後半になって攻勢を強めるも守備陣の隙を広島に突かれてしまい3失点。アディショナルタイムに一矢報いるのが精一杯だったエスパルスは12日、リーグ戦第16節vs鹿島戦に臨みました。

 この試合でも守備の立て直しはできませんでした。前半の2失点で勝負が決まってしまった前節vs柏戦の反省から、オレンジ戦士は前線の選手も自陣深くまで戻り、ボール保持者をマーク。守備への意識を高く保ち戦い続けました。しかし前半に広島に先制ゴールを決められてしまうと、後半になって3失点。エスパルスが広島を押し込み始めた時間の失点でエスパルスは完全に勢いを失ってしまい、アディsy歩なるタイムにカルリーニョスがゴールを決めるのがやっと。エスパルスは今季リーグ戦で2度目の5連敗を喫してしまいました。
 そして迎える鹿島戦。鹿島とは昨季リーグ戦で対戦し2敗と勝てていません。っていうか、2015年のJ1リーグ1stステージ開幕戦@日本平以来、約5年勝てていません...(´・ω・`) しかし鹿島も開幕当初は調子が出ずにリーグ戦で苦戦していたチーム。それがここへきて復調し、目下鹿島はリーグ戦で6位と順調に順位を上げてきています。鹿島も攻守にわたりバランスの取れた戦術で試合の主導権を掌握するチーム。なにより「勝ち方」を知っているチーム。そして次節は中2日で行われる試合。今のエスパルスにとっては非常に厳しい試合になるのは明白です。しかし!だからこそチーム全体で戦う意思が試される試合になるんだと思います!

 この日は親父の実家@下田市で法事があったため、帰宅したのは夜。だもんで試合内容はちっともわかりません。しかしサッカー関係のサイトやSNSなどを見るにこの試合は「トンネルの出口はいまだ見えず...」な試合だったようです。

続きを読む "トンネルには出口があるはずなんだけど..."

投稿者 tao : 11:12 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年9月10日

再び長いトンネルに...

2020 J.LEAGUE Division1 15th leg.
広島 4-1 清水

 5日に行われたリーグ第14節vs柏戦では、中2日でしかも主力のオルンガを欠くという大きなアドバンテージを生かそうとするも前半うちに2失点。後半に巻き返しを図るも引いて守りを固める柏を攻略しきれず、選手交代で試合の流れを呼び戻し1ゴール返すも反撃は続かづに柏に敗戦してしまったエスパルス。9日にはリーグ第15節vs広島戦に臨みました。

 オルンガ不在で中2日での試合となった柏との試合。大きなチャンスにも試合の主導権を掌握することができませんでした。前節vs川崎戦で今季ワーストの5失点を喫し、守備の練習に時間を割いてきたエスパルス。しかしエスパルス守備陣の動きに連動性は少なく、エスパルスのプレスは速さを備える柏攻撃陣にいとも容易くかいくぐられてしまい、前半にあっさり2失点。守備面に大きな課題を残す結果になってしまいました。
 そして迎える広島戦。広島とは昨季リーグ戦で対戦し1分1敗と勝てていません。そして広島は攻守ともにバランの取れた試合展開に定評があるチーム。強力な攻撃陣と強固な守備を展開してゴールを積み重ねていく広島との一戦は非常に厳しいものになるはずです。しかも次節は中3日の水曜日のナイトゲーム、しかもアウェイ@Eスタでの試合。厳しい試合日程とチームの不調。エスパルスにとって厳しい試合条件になるはずです。しかし!困難なのは百も承知!この酷難を乗り込めるためには、チーム全体での力が必要不可欠!厳しい試合だからこそ、勝利した時に得られるものは絶大!この酷難を乗り切るためには、選手・スタッフ、サポーターの想いを一つにすることが必要不可欠!オレンジ戦士は自分たちがいままでやってきたことを、そしてチームメイトを信じて、前に前進してほしいところです!

 この試合は平日のナイトゲーム。キックオフまでに仕事が終わらなかったので試合内容はちっともわかりません。しかしサッカー関係のサイトやSNSなどを見るにこの試合は「再び長いトンネルに入ってしまった」試合だったようです。

続きを読む "再び長いトンネルに..."

投稿者 tao : 23:19 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年9月 6日

エース不在で中2日の相手に...

2020 J.LEAGUE Division1 14th leg.
清水 1-2 柏

 8月29日に行われたリーグ第13節vs川崎戦では、試合立ち上がりから攻撃に出ても、川崎の統率のとれた前線からの守備に高い位置でボールを奪われ、そこからパスワークで自陣内に切り込まれてしまいゴールを襲われてしまう。首位を独走する川崎を前に手も足も出せなかったエスパルスは9月5日、リーグ第14節vs柏戦に臨みました。

 今季初先発のGK択生が好セーブを見せてくれましたが、21分に失点してしまうと、後半開始早々に追加点を献上。反転攻勢に出ようと前がかりになったところで3失点目、その後思い切った交代策で事態の打開を狙うもさらに失点を重ねてしまい川崎に完敗。今季リーグ戦で首位を独走する川崎との実力の差は歴然でした。
 そして迎える柏戦。柏は昨季J2での戦いを制して今季J1に復帰してきたチーム。その実力は折り紙付き。その柏は目下リーグ戦7位に位置しているチーム。そしてなにより、現在のJ1リーグ戦ゴールランキングでぶっちぎちりの1位にいるオルンガ選手を擁するチーム。J1リーグ戦上位をうかがってる柏は脅威そのものといってもいいでしょう。しかし!そんな超強力な柏攻撃陣をオレンジ戦士全員で緘黙させることができれば、きっと勝利を引き寄せることができるはずです!

 3試合連続で3失点以上してしまい、8月29日時点でリーグワーストの29失点となってしまったエスパルス。失点が多いエスパルスにとって柏戦は一つに試金石になると思います。超強力な攻撃陣を擁する柏の猛攻撃を抑え込み、自分たちが目指す攻撃的なサッカーを日本平のピッチで体現し、柏を撃破して失いかけた自信を取り戻すことができるか!エスパルスの自信を賭けた試合がキックオフ!

続きを読む "エース不在で中2日の相手に..."

投稿者 tao : 11:27 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年8月30日

恥から学べ!

2020 J.LEAGUE Division1 13th leg.
川崎 5-0 清水

 22日に行われたリーグ第12節vs横浜FC戦では、前節横浜F・M戦から中2日という厳し試合日程、そして横浜F・M戦からの選手交代は1人、選手に疲労の色は濃く、動きに精彩を欠いた試合になってしまい、横浜FCのアグレッシブな動きに降りきられてしまい3失点で敗戦してしまったエスパルス。29日にはリーグ戦第13節vs川崎戦に臨みました。

 昨季王者の横浜F・Mと互角に渡り合った前節からの先発変更は1人だけ。オレンジ戦士たちには疲労感が拭えず、序盤から全体的に動きが重かった横浜FC戦。後半に入ってもカウンターから相手に右サイドを突破され、速さについていけずに3点目を献上。クラモフスキー監督は前線の選手を次々と入れ替えて打開を図りましたが決定機を仕留めきれず。終了間際に涼が意地の2年ぶりのミドルシュート決めるのが精いっぱいでした。
 そして迎える川崎戦。川崎とは昨季2戦して1分1敗と勝てていません。そして今季はルヴァ杯予選リーグJで2戦して2敗、しかも川崎には2015年のJ1リーグ 1stステージ第15節@日本平以来5年、アウェイでは2014年のJ1リーグ第31節以来6年勝利がありません。しかも川崎はこれまで10連勝でリーグ戦の順位も首位を独走している絶好調のチーム。どこをどう見てもエスパルスが絶対的に不利なのは一目瞭然です。しかし!そんなことは百も承知!だからこそ思い切って戦うことができると思います!J屈指の強豪の川崎をアウェイで撃破できれば、これまでの不調を吹き飛ばし、リーグ戦での浮上のきっかけをつかめるはずです!

 厳しい試合日程はエスパルスに限った話ではなく、どのチームも条件は同じ。むしろこの川崎戦でいえば、川崎は中2日での試合。エスパルスは1週間しっかり時間がありました。とてつもない強豪とのこの一戦、チーム内での意識を一つにし、全力を賭して川崎を追い詰め勝機を掴むことができるか!エスパルスの地力を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "恥から学べ!"

投稿者 tao : 12:21 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2020年8月23日

2日と3日じゃ1.5倍違うからね(単純計算)

2020 J.LEAGUE Division1 12th leg.
清水 2-3 横浜FC

 19日に行われたリーグ第11節vs横浜F・M戦では、試合開始直後に失点しても直ぐに追いつき、再度引き離されても攻撃の手を緩めず、後半に立て続けに失点しても下を向かず、最後最後までどん欲にゴールを狙い続けましたが同点ゴールを決めることができず横浜F・Mに敗戦してしまったエスパルス。22日にはリーグ第12節vs横浜FC戦に臨みました。

 クラモフスキー監督がコーチとして在籍していた横浜F・Mとの一戦。横浜F・Mのポステコグルー監督の薫陶を受けたクラモフスキー監督だけあって、両者とも似たような攻撃主体のチーム同士の戦いに。ある程度リスクを冒しても前に速く強い攻撃を仕掛けるチーム同士の試合は、目まぐるしく攻守が入れ替わる見ごたえある試合でした。しかし試合結果は師匠に軍配。ここは試合巧者の横浜F・Mにエスパエルスは実力が及ばなかったといえるでしょう。
 そして迎える横浜FC戦。横浜FCは13年ぶりに今季J2から昇格してきたチーム。しかし現在のリーグ戦の順位はエスパルスの2つ上の14位。J1昇格の勢いを保ちつつ、前々説の湘南戦、そして前節の鹿島戦と連勝し更に勢いを増しつつあるチーム。堅実に勝ち点を積み上げてきています。そしてなにより、横浜FCにはあのキング・カズこと三浦知良選手、そして中村スンスケも在籍しているチーム。決して侮ることができない、逆に現時点では実力ではエスパルスより横浜FCのほうが上だと思います。ここで全力で対戦し撃破しなければならない横浜FC、そして次の試合は中2日の土曜日開催の試合。選手のコンディション調整に非常に不安を感じます。しかし!勢いに乗る横浜FCを日本平で迎撃し、エスパルスの実力以上の力を出し切ることができれば、必ず勝利を掴めるはずです!

 この酷暑、そして中2日という非常に厳しい試合日程。オレンジ戦士にとって非常に厳しコンディションかもしれません。しかしそれは相手も同じ!そして試合は我等が聖地・日本平での試合。大勢のエスパサポさんが橙魂を込めてくれるはず!チーム全体でこの難局を乗り切り、日本平の夏の夜空を勝利の花火で彩れるか!エスパルスの想いを見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "2日と3日じゃ1.5倍違うからね(単純計算)"

投稿者 tao : 11:43 | 2020年 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。