2018年8月16日

これぞまさしく「鬼門」ですね...

2018 J.LEAGUE Division1 22th leg.
C大阪 3-1 清水

 11日に行われたリーグ戦第21節vs川崎戦では、試合開始直後にドウグラスが先制ゴールを決めるも、前半終了間際にそのドウグラスが頭を強く打って負傷交代に。その後はボールが収まらず、川崎にいいように攻撃されてしまい2失点で敗戦してしまったエスパルス。15日にはリーグ戦第22節vsC大阪戦に臨みました。
 
 5年ぶりのホーム5連勝に挑んだエスパルスでしたが、川崎に逆転負け。エスパルスは川崎に2015年5月30日のリーグ戦第14節@日本平以来の連敗を6に伸ばしてしまいました。しかも全て複数失点...。先制した試合は8試合負けなしのエスパルスでしたが、最後まで川崎のパスワークに翻弄されてしまい、追い付く力は残っていませんでした。

 そして迎えるC大阪戦。C大阪は目下リーグ戦暫定6位。しかしエスパルスとの勝ち点差は3しかありません。すなわち!このC大阪戦に勝利することができれば、リーグ戦上位陣に迫ることができるのです!
 一方でエスパルスの目下の順位は11位。ここで踏ん張りがきかないようだと、あっという間に下位に沈んでしまう可能性もいまだ高い状況。一瞬たりとも気を抜けないということです。しかも次節は中3日でのアウェイゲーム。選手の疲労やドウグラスのコンディションも非常に気にかかります。そしてJ1ではC大阪に1998年を最後に13戦勝ちなし。金鳥スタでは3試合全敗...。まさに鬼門といえそうです。しかし!リーグ戦上位浮上のためにも、この試合には絶対に勝って連敗を阻止したいところ!そんなエスパルスをサポートするべく多くのエスパサポさんが、アウェイ@金鳥スタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 3連勝の後に2連敗。しかし川崎戦での敗戦はドウグラスの負傷交代によるところが大きく、それまでは川崎に対して大きく劣っているとは言えない内容だったように思います。オレンジ戦士は必要以上に下を向く必要はないはず!再び勢いを取り戻すべくC大阪を撃破し、J1で1998年以来の勝利を決めることができるか!エスパルスの崖っぷちの戦いが火蓋を切りました!

続きを読む "これぞまさしく「鬼門」ですね..."

投稿者 tao : 23:59 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年8月13日

やれていたがやり切れていなかった...

2018 J.LEAGUE Division1 21th leg.
清水 1-2 川崎

 5日に行われたリーグ戦第20節vs鹿島戦では、運動量を落とさずしっかり集中をしながら守備を行い、攻撃面では敵陣内での崩しやパスワーク等、鹿島に好きにさせないいい動きをしていたにもかかわらず、最後の場面で一瞬の気の緩みを鹿島につかれてしまい敗戦してしまったエスパルス。11日にはリーグ戦第21節vs川崎戦に臨みました。

 連勝の勢いと自信をもって敵地に乗り込んだオレンジ戦士達。鹿島に以前のような勢いは感じられず、エスパルスが鹿島を押し込む場面も多かった。しかしミスも多く、細かなミスやズレ、そして時折ある自陣ゴール前での気の緩み。それらが非常に悔やまれる試合結果につながってしまったのだと思います。
 そして迎える川崎戦。川崎は目下リーグ戦暫定3位と好調を維持しており、またエスパルスは5月20日のリーグ戦第15節で対戦し0-3で大敗を喫しています。「何もできなかった試合。力がどれだけ付いているか試したい」と河井チャソは鹿島戦後にコメント。今季守備を再構築し、攻撃面でもテコ入れを図ってきたエスパルス。あの時と比べれば、今のほうが実力は向上しているはず!ホームで川崎を撃破しそれを立証したいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、開門前には激しいゲリラ豪雨があったにもかかわらず、多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 エスパルスは川崎に2015年5月30日のリーグ戦第14節@日本平以来5連敗中。しかも全て複数失点で敗戦しています。アウェイでの大敗の雪辱を果たす勝利を日本平で決めて、リーグ戦上位進出の足場を確固たるものにできるか!エスパルスの実力を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "やれていたがやり切れていなかった..."

投稿者 tao : 21:42 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年8月 6日

「勝てた試合」であり「勝ちたかった試合」でした...

2018 J.LEAGUE Division1 20th leg.
鹿島 1-0 清水

 1日に行われたリーグ戦第19節vs鳥栖戦では、新加入のドウグラスがスタメン出場を果たし、突破からPKをゲットして自ら決めて先制点をゲット!その後も攻守に活躍して無失点で試合終了!日本平で鳥栖に勝利したエスパルス。5日にはリーグ戦第20節vs鹿島戦に臨みました。

 J1リーグ戦で3連勝したのは2014年以来4年ぶり、ホーム4連勝は2013年以来5年ぶり。しかもこの試合は鹿児島デーとして鹿児島大PRの試合。鹿児島デーは過去8試合で6勝2分で負けなし!こりゃもう全エスパルスサポータは鹿児島に足を向けて寝られません!(だから大袈裟だってw)
 この試合の前にエスパルスユースが日本クラブユース選手権U-18大会で優勝していただけに、不甲斐ない試合はできないトップチーム。トーレスや金崎といった強力な攻撃陣に対し、エスパルス守備陣は集中を切らさずしっかりした堅守で対応。課題だったセットプレーでの失点も回避し続け、虎の子の1点を守り切って勝利。ここ直近の3試合で1失点と、課題の守備の改善の進捗を確認できた試合でした。
 そして迎える鹿島戦。鹿島はリーグ戦で9位とエスパルスのすぐ下の順位。しかしそれ以上に試合巧者の鹿島は攻守に非常に強い力を持っています。しかも次節は中3日でアウェイ@鹿スタでの試合。真夏の酷暑が続くこの季節の連戦は、想像以上にオレンジ戦士のスタミナや体力を奪っているはず。小さなミスや連携のズレが生じれば、その隙を鹿島が逃すはずがありません。これまで以上に高い集中力と運動量が必要になるところ!そんなエスパルスをサポートするべく、遠方アウェイにもかかわらず、多くのエスパサポさんが、鹿スタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 で!この試合にはオイラも参戦!小僧は部活やら夏期講習やら忙しいようなので、オイラ単独での出撃になりました。今後は単独出撃が増えてくるかもね...。

 まだまだ酷暑の連戦は続きます。クリスランやオレンジ戦士のコンディションも気にかかるところ。またテセも戦列復帰も待たれます。またリーグ戦7位から12位までの勝ち点差はわずか3しかありません。1つの敗戦が順位の変動に大きく影を落としてしまうのです。まさしくここがエスパルスの踏ん張りどころでしょう!アウェイで鹿島を撃破し、リーグ戦上位進出の足場固めを実践できるか!エスパルスの正念場の戦いがキックオフ!

続きを読む "「勝てた試合」であり「勝ちたかった試合」でした..."

投稿者 tao : 23:08 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年8月 4日

これから信頼回復に全力を賭してほしい

ファン・サポーター、パートナーのみなさまへ【当社元社員による不正行為についてのお詫び】(エスパルス公式)

 エスパルスは3日、元経理担当者が2012年から2018年にわたる6年間でチケット代やスポンサーからの協賛金などから約6700万円の会社の経費を着服、私的に流用していたことを公表。左伴繁雄代表取締役社長が声明を発表しました。

続きを読む "これから信頼回復に全力を賭してほしい"

投稿者 tao : 00:07 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年8月 2日

遠くのトーレスより近くの...

2018 J.LEAGUE Division1 19th leg.
清水 1-0 鳥栖

 7月22日に行われたリーグ戦第17節vsG大阪戦では、試合開始直後のG大阪の猛攻を何とかしのいで航也がPKで先制!そしてドウグラスのエスパルス初シュートが初ゴール!1失点するも逃げ切ってG大阪に勝利したエスパルス。8月1日にはリーグ戦第19節vs鳥栖戦に臨みました。

 試合立ち上がりでしっかり試合に入って集中を切らさず、果敢な突破から相手のフルを誘ってPKをゲット!そして助っ人ドウグラスの名刺代わりのゴール!その後は前がかりになったG大阪の攻撃をいなしつつ時間を使って勝利!難敵で苦手だった関西2チームに勝利して今季3度目の連勝!エスパルスが徐々に「勝ち方」を体得しつつあると感じました。
 そして7月28日開催予定だったリーグ戦第18節vs横浜F・M戦は台風接近による荒天のため8月29日に延期になりました。仕事や移動の予定を立てていた方にとっては気の毒だと思うけど、何か事が起こってからでは遅いもんね。お天道様にはかなわないね...。
 で、8月1日に迎える鳥栖戦。鳥栖は目下リーグ戦で17位と降格圏に沈んでいます。しかしW杯の中断期間に元スペイン代表のフェルナンド・トーレスというスーパー・ファンタスティック・ビック・プレーヤーを獲得!そして鹿島から金崎を電撃移籍で獲得!そして蔚山現代への期限付き移籍していた豊田が復帰!もう「これでもか!」ってなくらいに戦力補強を行い、リーグ戦浮上を狙っています。ともかく、サッカー好きな方なら必ず聞いたことがあるビックネームであるフェルナンド・トーレスは最も脅威となる存在。ボールを持たれた日にゃ、何をされるかわかりません...。しかし!そんなトンデモ選手を擁する鳥栖を撃破することができれば、エスパルスのリーグ戦上位進出の大きな足掛かりになるはず!そんなエスパルスをサポートするべく、平日かつ酷暑のナイトゲームにもかかわらず、多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 トーレスに金崎に豊田と、想像するだけで背筋が凍りついてしまうような攻撃陣を擁する鳥栖。しかしオレンジ戦士一人一人が決して集中を切らさずにプレーをし続けていれば、きっと打開の糸口は見えてくるはず!自分たちがやってきたサッカーを信じて鳥栖攻撃陣を封じ込め、少ないチャンスをゴールにつなげて4年ぶりの3連勝を決めることができるか!エスパルスの天王山の試合がキックオフ!

続きを読む "遠くのトーレスより近くの..."

投稿者 tao : 23:41 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


未来のエスパルスを支える若きオレンジ戦士の戴冠!

U-18日本クラブユースサッカー選手権 決勝
清水ユース 2-0 大宮ユース

 次世代のエスパルスを支えるであろう若きオレンジ戦士たち!エスパルスユースが1日、U-18日本クラブユースサッカー選手権の決勝で大宮ユースを2-0で破り、2002年以来、16年ぶり2度目の優勝を果たしました!

続きを読む "未来のエスパルスを支える若きオレンジ戦士の戴冠!"

投稿者 tao : 20:42 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年7月28日

4030日の夢旅人

 遂になのか、もうなのか、はたまたやっとなのか...。その日がやってきました...。

 今月、うちの愛車が車検を迎えます。今年で12年目を迎えようとしていた愛車。いま乗っているのは2代目(2台目)なんですが、車検を迎えるにあたり、以前から考えていたことを実行に移そうかと思いました。

 以前から考えていたこと。それは車の買い替えです。

続きを読む "4030日の夢旅人"

投稿者 tao : 23:13 | ひまっさい雑記帳 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年7月23日

あいさつ代わりの強烈な一撃で9年ぶりの勝利!

2018 J.LEAGUE Division1 17th leg.
G大阪 1-2 清水


 18日に行われたリーグ戦第16節vsC大阪戦では、リーグ戦再開初戦となるこの試合、しかも暫定4位と好調なC大阪から3得点を挙げ、今季初の完封勝利を飾ったエスパルス。22日にはリーグ戦第17節vsG大阪戦に臨みました。
 
 W杯中断期間明け初の公式戦だった天皇杯vs甲府戦でのふがいない敗戦を見て、大多数のエスパルスサポーターは、一抹どころかとんでもない不安を抱えていたはず。しかし!天皇杯vs甲府戦の敗戦、そして今季リーグ開幕戦vs鹿島戦を見直し、まさに「初心に帰る」ことの重要さを再認識したオレンジ戦士が、それをピッチ上で体現して見せたC大阪戦での今季初完封勝利だったのでしょう。
 そして迎えるG大阪戦。G大阪は目下リーグ戦16位と苦戦を強いられており、今季は失点が目立つチーム。しかし遠藤を筆頭とした攻撃陣にかげりはなく、攻撃の主導権を握られリズムに乗せてしまうと厄介なチーム。そしてなによりエスパルスは、2009年7月11日のJ1リーグ戦第17節@万博以来、9年間勝利がありません。そしてエスパルスは「弱きを助けちゃう」習性も...。エスパルスにとってはまさに「苦手な相手」といえます。しかし!ここで下位のチームにしっかり勝つことができなければ、昨季同様に厳しい残留争いに巻き込まれてしまうでしょう!G大阪をアウェイでしっかり撃破しておきたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、酷暑の中、多くのエスパサポさんが、アウェイ@パナスタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 集中した守備と高い運動量を駆使して試合に臨まなければ、厳しい結果が待ち受けているはず。いまだリーグ戦下位は混戦模様。残留争いから頭一つ抜き出るためにも、このG大阪戦で9年ぶりの勝利をつかむことができるか!エスパルスの地力が試される試合がキックオフ!

続きを読む "あいさつ代わりの強烈な一撃で9年ぶりの勝利!"

投稿者 tao : 23:45 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。