2021年4月 8日

時間が必要だけど時間はない...

2021 J.LEAGUE Division1 8th leg.
清水 0-2 浦和

 4日に行われたリーグ戦第7節vs徳島戦では、今季J1に昇格した徳島にプラン通りの試合運びをされてしまい、前半と後半に1失点を喫してしまい、徳島にとってJ1で初の連勝を献上。無得点でリーグ戦で連敗してしまったしてしまったエスパルス。7日にはリーグ戦第8節vs浦和戦に臨みました。

  ボールを保持しながら展開する徳島の攻撃を封じ、逆襲に持ち込めるかが試合の鍵の一つでしたが、徳島に対して連動してプレスが掛けられず、ハーフタイムにチーム内でプレスの掛け方の修正を試みたものの、後半立ち上がりに際どい判定でのPKから痛い追加点を献上。試合を決定づけた終了間際の3失点目は自陣でパスを奪われ、そこから速攻に持ち込まれてしまい失ったゴール。守備のほころびによって戦いに不安定さが生じてしまいました。
 そして迎える浦和戦。浦和には2013年以来1勝もできず辛酸を舐めさせられているチーム。その浦和とエスパルスは勝ち点8で並んでいて、かろうじて得失点差でエスパルスが10位タイで浦和が12位。すなわち、次節の徳島戦同様に順位も勝ち点も近接しているチーム同士のシックスポイントマッチになります。しかも次節は徳島戦から中2日で行われる平日のナイトゲーム。エスパルスは厳しい連戦を戦わなければなりません。しかし!次節は我等が聖地・日本平での試合。スタジアムに詰めかけたオレンジサポーターの皆さんの想いが、オレンジ戦士の背中を押し、足を突き動かし、気持ちを支えてくれるはず!ここで踏ん張れれば、リーグ戦順位を再度浮上させるきっかけになるはずです!

  この試合は平日のナイトゲームだったので、試合内容はさっぱりじぇんじぇん分かりません(試合が終わるまでに仕事が終わらなかった...)。しかしSNSやスポーツ紙関連のWEBサイトを見るに、この試合は「時間が必要だと再認識させられた試合」だったようです。

続きを読む "時間が必要だけど時間はない..."

投稿者 tao : 22:44 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年4月 5日

唐突ではありますが、あれから15年4ヶ月たちました...。

 今年は春の訪れが早く、桜の木々はすっかり葉桜に。新緑が目にまぶしい4月。ぱる坊@小僧がこの世に生を受けてもう15年4ヶ月が経ちました。遠き道のりと思っていましたが、あっという間に出来事のように感じます...。
 
 で、先月無事に中学校を卒業した小僧は4月から晴れて高校生に。そして今日は小僧の高校の入学式でした。
 
 って言っても先月まで中学生だった小僧。はてさてどうなることやら...。

  新型コロナウイルス感染拡大防止のために、入学式に参加できる保護者は家族1名に。中学校の卒業式には相方に参加してもらったので、高校の入学式はオイラが参加することに。
 で、オイラも今日は有給休暇をいただき、小僧の入学式に出席してきました。

続きを読む "唐突ではありますが、あれから15年4ヶ月たちました...。"

投稿者 tao : 16:21 | ジャリボーイ | コメント (0) | トラックバック (0)


まだまだ改善しなければならないことは山盛りてんこ盛りってことだね...

2021 J.LEAGUE Division1 7th leg.
清水 0-3 徳島

 3月27日に行われたルヴァ杯グループステージ第2節vs仙台戦では、1週間前のvs柏戦からスタメンを7名入れ替えたロティーナ監督の采配が奏功しリーグ戦での出場機会が少ないオレンジ戦士達が躍動!エウソンもスタメン復帰&90分間プレー。そして唯人のプロ初ゴールで仙台を撃破!ルヴァ杯予選突破へ向けて一歩前進したエスパルスは4月4日、リーグ戦第7節vs徳島戦に臨みました。

 今季開幕からコンディション調整に時間がかかっていたエウソンが仙台戦で戦列復帰。100%のパフォーマンスにはまだ時間が必要かもしれませんが、90分間プレーできたことはチームに大きな力を与えてくれることでしょう。そして待望の唯人プロ入り初ゴール!リーグ戦での出場機会が少ない選手にもチャンスを与え、チーム全体での戦力アップを狙う。そしてプレーの動きを見て後半は大きく選手を入れ替えてチームに更にテコ入れ。そして交代出場した選手がロティーナ監督の期待にゴールで答えて活躍してみせる。エスパルスの選手層を厚くするロティーナ監督の采配の妙だと思います。
 そして迎える徳島戦。徳島は今季J2から昇格してきたチーム。J2から昇格してきた勢いと、J1で初の連勝を狙い次節の勝利に賭ける想い。徳島の強い決意を突き崩し勝利を得るのは困難を極めるはず。しかし!次節は我等が聖地・日本平での試合!多くのサポーターの後押しが、オレンジ戦士に大きな力を与えてくれるはずです!

 目下リーグ戦での順位はエスパルスと勝ち点3差の12位に位置している徳島。すなわち、エスパルスにとって徳島戦は落とすことのできないシックスポイントマッチ。仮にこの試合を落としてしまうようなことがあれば、リーグ戦での順位が逆転してしまう事に...。エスパルスにとってリーグ戦序盤の天王山の試合となる徳島戦で勝利し、春爛漫の日本平で勝利の凱歌を上げられるか!エスパルスの矜持が試される試合がキックオフ!

続きを読む "まだまだ改善しなければならないことは山盛りてんこ盛りってことだね..."

投稿者 tao : 15:01 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年3月28日

数少ないチャンスをモノにして初ゴール!

2021 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第2節
仙台 0-1 清水

 21日に行われたリーグ戦第6節vs柏戦では、前節vs広島戦からスタメン5人を入れ替えて臨みぞれが奏功!今季初スタメンに名を連ねたケンタの活躍で義宜の移籍後初ゴールとサンタナのゴールで柏に勝利。「超過密日程7連戦」の最後に、選手層の厚さも見せつける勝利を決めたエスパルスは27日、ルヴァ杯グループステージ第2節vs仙台戦に臨みました。

 昨季34試合に出場したケンタは、今季の出場はここまで途中出場3試合。「このチャンスを待っていた。自信もあったし、良い準備をしてきた」と出場に飢えていたケンタは、90分間早くて強いプレスをかけ続けていました。「クロスを上げさせないことを意識した。良い仕事ができたので80点ぐらいです」とケンタはコメント。柏戦での勝利への貢献は、辛酸を舐めつつも腐らずに自らを高め続けていた証左であり、エスパルスの選手層の厚さが増してきた効果といえるでしょう。
 そして迎えるルヴァ杯仙台戦。仙台は目下リーグ戦で18位と苦戦しているチーム。しかしこの試合はアウェイ@ユアスタでの試合。東日本大震災からちょうど10年の今年、仙台のタイトルにかける思いは並々ならぬものでしょう。そしてその思いはサポーターの皆さんも同じはず。そう考えると、次のルヴァ杯vs仙台戦は一筋縄ではいかない、厳しい試合になるでしょう。しかし!エスパルスも近年はルヴァ杯予選で辛酸を舐め続けています。一方で今季は選手層も厚くなってきている!ルヴァ杯も大事なタイトル!第1戦vs広島戦は引き分けだったエスパルス。グループステージ突破へ向けて、仙台戦での勝利は必須条件なのです!

 この試合は所用で出かけてしまったので、試合内容はさっぱりじぇんじぇん分かりません...。しかしSNSやスポーツ紙関連のWEBサイトを見るに、この試合は「サブ組が躍動しさらに選手層の厚さを示した試合」だったようです。

続きを読む "数少ないチャンスをモノにして初ゴール!"

投稿者 tao : 13:00 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年3月26日

猛攻をはねのけて勝ち取った2勝目!

2021 J.LEAGUE Division1 6th leg.
柏 1-2 清水

 17日に行われたリーグ戦第5節vs広島戦では、連戦による疲労からか、はたまた前節vs鳥栖戦からスタメンを3人入れ替えたための連携不足からか、序盤から選手の連携が取れずちぐはぐなプレーが続いてしまい、広島に試合を支配されてしまい成すすべなく敗戦してしまったエスパルス。21日にはリーグ戦第6節vs柏戦に臨みました。

 攻撃を仕掛けようにも、パスの出し手と受け手の呼吸が合わない。その結果広島にボールを回収されてしまい、自陣に押し込まれる展開が続いてしまったエスパルス。相手の決定機は前節に続き権田のファインセーブで辛うじて回避していましたが、59分にCKから失点。その後の反撃は厚さを失い単調なものになってしまい、ゴール前を固める広島の強固な守備をこじ開ける事ができずに敗戦。エスパルスの悪いところが次々と露呈されてしまいました。
 そして迎える柏戦。柏は在籍していた圧倒的得点力を誇るオルンガが移籍。重要な得点源を失い今季はリーグ戦1勝4敗。5試合で2得点と苦戦を強いられているチーム。しかしがエスパルスにとってアドバンテージには必ずしもなりません。昨季エスパルスはリーグ戦でオルンガがいない柏との対戦で1分1敗。オルンガが不在でも攻撃陣の爆発力は大きいことは明白。そしてエスパルスはロティーナ監督によるチーム作りの真っ最中!選手間の連携や連動が取れなければ、待っているのは厳し結果でしょう。

 リーグ戦5試合を終え勝ち点は5。開幕5戦未勝利だった過去2年は上回っているものの、今季は下位4チームがJ2降格となる厳しいシーズン。ここで踏ん張れなければ、ズルズルと下位に飲み込まれて行ってしまうことになるでしょう。過酷な連戦もこの柏戦で一旦は終了。アウェイで柏を撃破し、良い形でリーグ戦中断期間を迎えることができるか!エスパルスの地力を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "猛攻をはねのけて勝ち取った2勝目!"

投稿者 tao : 23:36 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年3月21日

唐突ではありますが、あれから15年3ヶ月たちました...。

 ぱる坊@小僧がこの世に生を受けて15年3ヶ月...。そうです。ぱる坊が中学校に入学して3年が経ちました。

 3月15日は小僧の中学校の卒業式でした。

 入学した当初は真新しくちょっとぶかぶかな学ランに戸惑い照れつつ、新たな期待と不安を胸に中学校へ通っていました。そしてあっという間に3年が過ぎ、入学当初はぶかぶかだった学ランも一人前に着こなし、ガタイも大きくなりました(最近は髭まで生えてきたしw)

 っというわけで、小僧の中学校の卒業式に行ってきました...、と言いたいところですが、コロナ禍で卒業式に参列できるのは一家族一人までとのお達しが中学校から来ているため、相方に参列してもらいました。一番近くで小僧に寄り添い、小僧の成長を嬉しく思っていてくれるのは、誰あろう相方ですからね。

続きを読む "唐突ではありますが、あれから15年3ヶ月たちました...。"

投稿者 tao : 10:10 | ジャリボーイ | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年3月19日

歴然とした力の差で敗戦...

2021 J.LEAGUE Division1 5th leg.
広島 1-0 清水

 14日に行われたリーグ戦第4節vs鳥栖戦では、試合序盤から鳥栖の人数をかけた分厚い攻撃に対し守備に忙殺されてしまったエスパルス。それでもGK権田のファインセーブに助けられ、1試合通じて11本のシュートを放たれてしまった鳥栖に対してスコアレスドロー。守備面で一定の成果を掴んだエスパルスは17日、リーグ戦第5節vs広島戦に臨みました。

 リーグ戦開幕3連勝と波に乗る鳥栖の勢いに押し込まれ、主導権を奪えないまま守備に忙殺されてしまったエスパルスでしたが、劣勢の中で勝ち点をもぎ取ったことは前向きな見方ができます。しかしこの試合でのシュート数は、鳥栖が11本だったのに対しエスパルスはたったの1本。いい攻撃につながるいい守備の実践こそが、オレンジ戦士が体得しなければならない大きな課題と言えそうです。
 そして迎える広島戦。広島とは3日にルヴァ杯予選リーグで対戦しスコアレスドローに終わっています。そして1か月も経たないタイミングでの広島との再戦。広島もルヴァ杯の時とは違った戦い方をしてくるでしょうし、ロティーナ監督の采配もリサーチされているはず。そして次節はリーグ戦から中2日のミッドウィークのナイトゲーム。しかもアウェイでの対戦。非常に厳しい試合になることは想像に難くありません。しかし!厳しい試合日程はどのチームも同じ!過酷な試合日程を踏み越えてアウェイで広島に勝利することができれば、リーグ戦を戦い抜くための大きな自信につながるはずです!

 鳥栖戦後に権田は「結果的に守備に比重が置かれる形になっただけで納得はしていない。これでは上の順位に行けない。サポーターにはアグレッシブな試合を見せたい」とコメント。守備から攻撃へ、オレンジ戦士の戦術理解の深化も問われます。アウェイで難敵の広島を撃破し、チームにリーグ戦上位進出の勢いをつけることができるか!エスパルスの力量が試される試合がキックオフ!

続きを読む "歴然とした力の差で敗戦..."

投稿者 tao : 23:58 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年3月15日

猛攻撃を鎬ぎきって価値あるドロー

2021 J.LEAGUE Division1 4th leg.
清水 0-0 鳥栖

 10日に行われたリーグ戦第3節vsC大阪戦では、試合立ち上がりで中山の2試合連続ゴールが決まって幸先よく先制するも、後半にC大阪のCKから失点してしまい同点に。そして試合終了間際には守備陣の一瞬の隙を突かれてしまい、最後は清武に決められてしまい敗戦を喫してしまったエスパルス。14日にはリーグ戦第4節vs鳥栖戦に臨みました。

 試合の流れが両者の間をめまぐるしく行き来し、どちらに勝利が舞い込んでもおかしくなかった試合。しかし勝利を掴み取ったのは、最後まで集中を切らなさ勝ったC大阪。試合終盤に守備網にほころびを見せ、勝ち越し点を許したのはエスパルス。昨季まで2年間率いたC大阪との戦いとなったロティーナ監督は「強いチームはああいう失点はしない」と険しい表情を見せていました。
 そして迎える鳥栖戦。鳥栖は今季リーグ戦では湘南・浦和・仙台を破って3連勝と好調の波に乗るチーム。手堅い守備と迫力ある攻撃に十分な注意が必要でしょう。一方エスパルスはリーグ開幕戦vs鹿島戦では逆転勝利したものの、その後はルヴァ杯含め3試合勝利無し。しかも次節vs鳥栖戦は、福岡戦から中3日で開催。エスパルスを取り巻く状況は芳しくありません...しかし!次節は我等が聖地・日本平での試合!オレンジ戦士の背中を力強く押してくれるオレンジサポーターが大勢日本平に駆け付けてくれるはず!オレンジサポーターの後押しを力に代えて、勇猛果敢に戦ってほしいです!

 まだまだリーグ戦は3試合が終了しただけではありますが、下位4チームがJ2に降格していしまう厳しいレギュレーションの今シーズン。小さな油断が大きな後悔につながりかねません。好調を誇る鳥栖を日本平で撃破しエスパルスに良い風を呼び込み、ロティーナエスパルスを順風満帆にすることができるか!エスパルスの実力が試される試合がキックオフ!

続きを読む "猛攻撃を鎬ぎきって価値あるドロー"

投稿者 tao : 22:20 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。