2017年10月27日

「勝利」よりも「残留」が最優先

2017 J.LEAGUE Division1 31th leg.
FC東京 0-0 清水

 21日に行われたリーグ戦第30節vs仙台戦では、「静岡ダービー」vsジュビロ戦での大失点の反省を活かし、チーム全員が守備意識を高く持ち続け、試合終了まで失点を回避し続け仙台に引き分け。アウェイで辛くも勝ち点1を分け合ったエスパルスは29日、リーグ戦第31節vsFC東京戦に臨みました。

 仙台戦前日は宿舎内に選手が自主的に集まり、意見をぶつけあったとか。チーム全体が「J1残留」という目標に向け、一つにまとまれたことが、仙台戦での勝ち点1の獲得につながったのだと思います。
 そして迎えるFC東京戦。FC東京とは6月4日のリーグ戦第14節@日本平で対戦し、0-2で敗れています。次節はアウェイでの試合。しかも状況は当時に比べると非常に厳しいことは明らか。非常に厳しいアウェイゲームになることは想像に難くありません。しかし!このところFC東京は甲府に引き分け、札幌に敗戦と調子を落としていて、エスパルスに全く分がないとは言い切れません。この仙台戦のようにチーム全体が守備意識を高くし、少ないチャンスをきっかり決めきることができれば、あるいは勝機を見出せるかもしれません!厳しい残留争いを勝ち抜くために、是が非でも勝ち点を積み上げたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、台風が接近し大雨が降りしきる中、多くのエスパサポさんが、アウェイ@味スタに駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、厳しい天候での遠方アウェイでのサポート本当にお疲れ様でした。

 で、この試合は残念ながらテレビ観戦。ってかTOKYO MXの中継録画だったけどね。それでも試合が見られるだけありがたいよ。

 厳しい天候、そしてアウェイでの試合。さらに残留争いという酷難に立ち向かわなければならないオレンジ戦士たち。いまこそ選手が想いを一つにして全員で邁進しなければならないとき!アウェイでFC東京を撃破し勝ち点を積み上げ、残留争いから抜け出すことができるか!エスパルスの正念場の戦いがキックオフ!

続きを読む "「勝利」よりも「残留」が最優先"

投稿者 tao : 23:59 | 2017年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2017年10月23日

今更何を言わんとするのか...

アフシン ゴトビ氏との訴訟について(エスパルス公式)

 2016年8月に元エスパルス監督のアフシン・ゴトビ氏が静岡地裁へ提訴していた報酬相当額等の支払いについて、(株)エスパルスとの和解が成立したとの発表がありました。

続きを読む "今更何を言わんとするのか..."

投稿者 tao : 23:59 | 2017年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2017年10月22日

「残留を果たすため」に掴みとった勝ち点1

2017 J.LEAGUE Division1 30th leg.
仙台 0-0 清水

 14日に行われたリーグ戦第29節「静岡ダービー」vsジュビロ戦では、主力の凌兵、チアゴを控えに回し、守備的な戦術を徹底させ、攻撃では昇太と航也の若手を先発に抜てきして相手の背後を突く狙いでした。しかし后の退場というアクシデントにより、そのゲームプランはもろくも崩れ去り、ジュビロに3失点を喫してしまい完敗となってしまったエスパルス。21日にはリーグ戦第30節vs仙台戦に臨みました。
 
  試合終了後にテセは「ここでバラけず、次の試合に切り替えてやっていくかが必要だと思います」とコメント。オレンジ戦士一人一人が同じ方向を向いて戦うことがJ1残留へむけた大きな条件といえそうです。
そして迎える仙台戦。仙台とは4月30日のリーグ戦第9節@日本平で対戦し、0-3で敗戦しています。しかも現在は当時より状況はよくありません。しかも次節は后が出場停止。しかもしかも、テセが前節vsジュビロ戦で負傷してしまい、診断の結果「右膝内側側副靭帯損傷」で全治4週間という診断を受けて戦線を離脱。そしてアウェイ@ユアスタでの試合。非常に厳しい試合になることは想像に難くありません。自動降格ラインの16位まで勝ち点差はわずか2しかありません。もう一歩もあとには引けない、まさに「崖っぷち」に立たされているのです。しかし!テセが言うように、ここでチームが心を一つにして戦うことができれば、この静岡ダービーでの前半のような試合を展開することができれば、きっと光明は見えてくるはず!この仙台戦でチームが一つになって、全員で同じ方向を向いて試合に臨みたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、雨降りの悪天候で遠方アウェイにも関わらず、多くのエスパサポさんが、アウェイ@ユアスタに駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、遠方アウェイでのサポート本当にお疲れ様でした。

 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。諸般の事情で出かけていたもんで...(´・ω・`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりますぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「残留を果たすために掴みとった勝ち点1な試合」だったようです。

続きを読む "「残留を果たすため」に掴みとった勝ち点1"

投稿者 tao : 18:20 | 2017年 | コメント (2) | トラックバック (0)


2017年10月19日

「オレンジレジスタ」がピッチを去る...

杉山浩太選手 現役引退のお知らせ(エスパルス公式)

 浩太の現役引退が発表されました。なんとなくそろそろかなぁ、とは思っていましたが、ついにその時がやってきてしまいました。

続きを読む "「オレンジレジスタ」がピッチを去る..."

投稿者 tao : 23:59 | 2017年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2017年10月15日

泣くほど悔しかったのなら、二度と同じ轍は踏むな!

2017 J.LEAGUE Division1 29th leg. "EL CLASICO" at J-LEAGUE
57th. The SHIZUOKA Derby Match
清水 0-3 磐田

 9月30日に行われたリーグ戦第28節vs大宮戦では、チーム内での意思統一が図れずに試合終了間際に失点を喫してしまったリーグ戦第27節vs広島戦の教訓を生かし、オレンジ戦士全員が失点を回避することを最優先に試合を展開し今季初のスコアレスドロー。アウェイで貴重な勝ち点1を積み上げたエスパルス。10月14日にはリーグ戦第29節「静岡ダービー」vsジュビロ戦に臨みました。

 大宮戦では小林監督以下オレンジ戦士全員が「失点をしない」という意思統一を図り守りに重点を置いた。それが結果として勝ち点1をチームにもたらした。今季リーグ戦の最終目標を「J1残留」と定めたエスパルス。大宮戦のような試合が常にできれば、あとはゴールのチャンスを虎視眈々と待つばかりです。
 そして迎える「静岡ダービー」vsジュビロ戦。その時のチームの順位やコンディションは全く関係なく、常に"真剣勝負"なのが静岡ダービー。今季は4月1日のリーグ戦第5節@アウェイ、そして5月10日のルヴァ杯予選リーグ第5節@日本平で、ことごとくジュビロに苦杯をなめさせられています。しかも目下ジュビロは好調を維持しており、エスパルスは残留争いの渦中にあります。しかし!上位にいようと下位にいようと、ジュビロは不倶戴天の仇!そしてこの試合に敗戦してしまうと、残留争いのおいて厳しい状況に追い込まれてしまう可能性もあります。絶対に是が非でも何が何でも清濁併せのんでも、今日のこの試合は負けられないのです!そんなエスパルスをサポートするべく、雨がそぼ降り悪天候にも関わらず、この静岡ダービーにも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平に駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。FMしみずマリンパルはエスパルス・ジュビロのダブル実況でちぃっとばっか聞きづらかった...(´・ω・`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりますぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「泣くほど悔しかったのなら、二度と同じ轍は踏むな!な試合」だったようです。

続きを読む "泣くほど悔しかったのなら、二度と同じ轍は踏むな!"

投稿者 tao : 17:53 | 2017年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2017年9月30日

「残留」のために耐えて得た勝ち点1

2017 J.LEAGUE Division1 28th leg.
大宮 0-0 清水

 23日に行われたリーグ戦第27節vs広島戦では、下位チームである広島に勝たなければならない試合。広島に余計な勝ち点を与えないためにも、最低でも引き分けに持ち込まなければならなかった。実際、テセの復帰ゴールでいったんは同点に追いついたが、オレンジ戦士の意識に何らかのズレが生じてしまったのか、試合終了間際のアディショナルタイムに22失点を許してしまい、広島に敗戦してしまったエスパルス。30日にはリーグ戦第28節vs大宮戦に臨みました。
 
 広島戦終了後にテセは問題点として「ボールホルダーに『フリー』など声かけがない。ファウルでも止めなきゃいけない場面で判断が甘い」と指摘。直近の公式戦3試合で計10失点の現状に「相手が攻めに出た時に耐える力がない。克服方法を見つけられれば残留できるし、できなければ降格に近づく」と厳しくコメント。チーム全体の意思疎通がうまく機能していないのかなと心配になりました。
 そして迎える大宮戦。大宮とは4月16日第7節@日本平で1-1で引き分けています。そして目下大宮はリーグ戦で17位とJ2降格圏にあります。そうです!大宮も残留争いのライバルチームになるのです!大宮は降格圏内から脱出するために、我武者羅に遮二無二に勝ち点を狙ってくるでしょう。そこでエスパルスが受け身に回ることなく、チーム内での意思疎通を統一し、オレンジ戦士全員が同じ方向を向いて戦い、大宮に勝利しなければなりません!テセもピッチに帰ってきてくれました。オレンジ戦士全員の意思をしっかり統一させ、そしてそれに基づいて選手の動きや連携を高め、大宮から勝利をもぎ取りたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@NACKへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。テレ玉が気を利かして放送してくことを期待してたんだけど...(´・ω・`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりますぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「広島戦の教訓を生かし勝ち点を拾った試合」だったようです。

続きを読む "「残留」のために耐えて得た勝ち点1"

投稿者 tao : 23:59 | 2017年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2017年9月24日

連携以前に信頼関係がどうなのか不安になるよ...

2017 J.LEAGUE Division1 27th leg.
清水 1-3 広島

 20日に行われた天皇杯4回戦vs川崎戦では、4日前にリーグ戦で大敗を喫していまった川崎相手の連戦。スタメンを7人入れ替えたとはいえ、この試合でも連携不足が露呈してしまい川崎の攻撃陣にいいように扱われてしまい4失点。今季の天皇杯の敗退が決まってしまったエスパルスは23日、リーグ戦第27節vs広島戦に臨みました。
 
 スタメンが大幅に入れ替わったとはいえ、それは川崎も同じこと。守備面の連携の綻びを川崎に突かれて大量失点。4日前の敗戦の結果が全く生かされていないと言わざるを得ない敗戦。オレンジ戦士にとっても、この敗戦の痛手は相当大きいかもしれません。
 そして迎える広島戦。広島とは3月4日の第2節@Eスタで対戦し勝利しています。そして広島は目下リーグ戦で下位に沈み苦しんでいるチーム。そうです!エスパルスにとっては今季残留争いのライバルチームになるのです!リーグ戦も終盤に差し掛かり、残留争いも激しさを増しつつあります。ここで残留争いのライバルチームを叩いて、J1残留に向けて大きく弾みをつけたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。...(´・ω・`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりますぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「連携以前に信頼関係が不安になるような試合」だったようです。

続きを読む "連携以前に信頼関係がどうなのか不安になるよ..."

投稿者 tao : 13:16 | 2017年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2017年9月22日

同じ相手に2試合連続で3点差の完敗とは...

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦
川崎 4-1 清水

 16日に行われたリーグ戦第26節vs川崎戦では、個人でも組織でも実力は川崎のほうがはるかに高く、中2日で試合に臨んでいる川崎に対して日程やホームアドバンテージをまったくものともせず、川崎の圧倒的な攻撃力の前に3失点してしまい完敗を喫してしまったエスパルス。20日には天皇杯4回戦vs川崎戦に臨みました。
 
 エスパルスは中6日、対する川崎は中2日での試合。そしてこの試合は我らが聖地・日本平での試合。条件的にはエスパルスが有利なはずでした。しかし試合結果は実力に勝る川崎の前に手も足も出せないまま敗戦。この試合でも主に中盤から最終ラインにおける守備の連係不足が浮き彫りになってしまいました。
 そして迎える川崎戦。両者とも4日前に対戦したばかりの相手。リーグ戦に引き続き川崎との2連戦の2試合目は舞台を等々力陸に移しての天皇杯。負ければそこですべてが終わる一発勝負のトーナメント戦。ACL敗退が決まっている川崎にとって、天皇杯は是が非でも手に入れたいタイトルのはず。一方のエスパルスは日本平での敗戦直後に同じ相手とのアウェイゲーム。非常に難しい試合になることは明らかでしょう。しかし!だからとって負け戦をしに行こうなどとは誰も考えてはいないはず!自分たちが今持てる力を出し、天皇杯を目指して川崎と戦ってほしいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@等々力陸へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。試合終了までに仕事が終わんなかったです...(´・ω・`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりますぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「4日前と全く変わらないような内容の試合」だったようです。

続きを読む "同じ相手に2試合連続で3点差の完敗とは..."

投稿者 tao : 23:01 | 2017年 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。