2019年11月 3日

【臥薪嘗胆】この屈辱は、必ず晴らす!

2019 J.LEAGUE Division1 30th leg.
"EL CLASICO" at J-LEAGUE
66th. The SHIZUOKA Derby Match
清水 1-2 清水

 23日に行われた天皇杯準々決勝vs鳥栖戦では、ヘナトと六平をはじめとした選手の負傷者が続出している状況で、篠田監督は「総力戦」と位置付けたこの一戦で、トップ下の河井チャソを一列下げ、ポジションを確保できずにいたドゥトラをトップ下で起用。そしてこの2人からの決勝ゴールで鳥栖に勝利したエスパルス。2日にはリーグ戦第30節「静岡ダービー」vsジュビロ戦に臨みました。

 ドゥトラのエスパルス加入初ゴールで18年ぶりのタイトル獲得の夢をつないだエスパルス。「ドゥトラのゴールは、チームにとってもうれしいこと。次に進むという最大の目標を達成できた」と篠田監督。過酷な残留争いを戦うエスパルス、リーグ戦で試合連続逆転負け、そして次節の静岡ダービーを前に悪い流れも断ち切った勝利でした。
 そして迎える「静岡ダービー」vsジュビロ戦。ジュビロとは今季リーグ戦とルヴァ杯、そして天皇杯で4試合対戦し4勝!しかも目下ジュビロはリーグ戦で最下位と苦戦しています。しかし!相手はジュビロ!いつどのような状況にあっても、相手の順位やコンディションがどうだろうと一切関係ナシ!静岡ダービーはお互いの誇りと誇りが真っ向からぶつかり合う決戦!今季は4戦4勝!リーグ戦で残留争いから抜け出すためにも、この静岡ダービーでは勝利は絶対に必要条件!静岡ダービーでの勝利できれば、きっとオレンジ戦士の背中を力強く押してくれるはず!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 静岡ダービーは常にお互いの誇りを賭けた真剣勝負!是が非でも何が何でも清濁併せのんでも黒が白でも勝たなければなりません。エスパルス残留を阻むであろうジュビロをリーグ戦で撃破し、J1残留への号砲と成せるか!エスパルスを想う全ての人々の誇りを賭けた一戦が火蓋を切って落としました!

続きを読む "【臥薪嘗胆】この屈辱は、必ず晴らす!"

投稿者 tao : 18:00 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年10月25日

悪い流れを断ち切る「初ゴール」で勝利!

天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会準々決勝
鳥栖 0-1 清水

 19日に行われたリーグ戦第29節vs広島戦では、高い位置から広島にプレッシャーをかけてボールを奪い、攻守の切り替えを早くして広島陣内に切り込んで、ドグの技ありFKで先制。ここまではいい形だったものの、六平の負傷交代という不運もあり、後半広島に逆転を許し敗戦してしまったエスパルス。23日には天皇杯準々決勝vs鳥栖戦に臨みました。

 前節の浦和戦に続いてドグの先取点を生かし切れず、2戦連続の逆転負け。試合運び、そして守備面での拙さが、残留争いからの脱出を妨げているのかもしれません。しかし!問題点が明確なら、対策を考え実行することも可能!オレンジ戦士の奮起に期待がかかります。
 そして迎える鳥栖戦。鳥栖とは6月30日のリーグ戦17節@アウェイで対戦し2-4で敗戦しています。しかし!天皇杯は負けたらそこですべて終了のノックアウト方式のトーナメント戦。何が起こるかわからないのが天皇杯です!しかも試合はリーグ戦から中3日の水曜日の開催。リーグ戦出場機会が少ないヤングエスパルスの実力が試される試合。我武者羅に遮二無二に勝利を目指し走りきることができれば、おのずと道は開けるはず!リーグ戦の嫌な流れを断ち切るような勝利に期待したいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、雨模様という荒天の中の、平日のナイトゲームにもかかわらず、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@駅前スタに駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、遠方アウェイ&荒天の中でのサポート本当にお疲れ様でした。

 で、この試合もオイラはこれっぽっちも試合内容を観ていません。プロントアキバもガッツも予約が取れなかった。初動が遅かった...(´;ω;`)
 だもんで、試合内容についてはさっぱりちっともこれっぽっちも分かりまっしぇん。しかしオヒサルの文字実況やスポーツニュース系のサイト、それにエスパサポさんのブログやSNSを拝見するに、この試合は「悪い流れを断ち切る待望の初ゴールで勝利した試合」だったようです。

続きを読む "悪い流れを断ち切る「初ゴール」で勝利!"

投稿者 tao : 13:34 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年10月20日

「同じような形」で「また」逆転負け...

2019 J.LEAGUE Division1 29th leg.
清水 1-2 広島

 6日に行われたリーグ戦第28節vs浦和戦では、前半の早い時間帯にドグの鮮やかなミドルシュートで先制したものの前半終了間際に追いつかれてしまい、後半にはいると浦和の追い上げに対応しきれずに逆転ゴールを許してしまい敗戦を喫してしまったエスパルス。19日にはリーグ戦第29節vs広島戦に臨みました。

 試合立ち上がりに浦和に押し込まれても慌てず、ドグの個人技で先制。しかしそのあとの時間の使い方でミスが出てしまい、そこで浦和の逆襲を喰らってしまい失点。順位が近いチームとの6ポイントマッチを落としてしまいました。
 そして迎える広島戦。広島とは今季リーグ開幕戦で対戦し1-1で引き分けています。しかし目下広島はリーグ戦で5位に位置している強豪チーム。強固な守備と強力な攻撃陣を擁する強豪です。しかし!エスパルスも残留の為に全力で戦わなければなりません!そして広島はドグの古巣でもあります。怪我や不調の選手も多いですが、プチ中断期間をいかに有効に生かせたか、この広島戦で勝利という形で結果を残したいところ!

 残り6試合でプレーオフ圏の16位鳥栖とは勝ち点差はたった4。リーグ戦が佳境に突入しても残留争いから脱出できず、篠田監督は「最低でも勝ち点1を持ち帰らなければいけなかった」と険しい表情。この厳しい残留争いを勝ち抜くためにもホームで広島を撃破し、残留争いから抜け出す一歩を踏み出すことができるか!エスパルスの気持ちを見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "「同じような形」で「また」逆転負け..."

投稿者 tao : 12:05 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年10月12日

「柔能制剛」再び長期離脱に...

鄭 大世選手のケガについて(エスパルス公式)

 9月29日に行われたリーグ戦第27節vs湘南戦@アウェイで戦列復帰したテセ。しかし再び戦列を離れることとなってしまいました...。

続きを読む "「柔能制剛」再び長期離脱に..."

投稿者 tao : 23:15 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年10月 9日

残留争いから抜け出せず...

2019 J.LEAGUE Division1 28th leg.
浦和 2-1 清水

 9月29日に行われたリーグ戦第27節vs湘南戦では、前半の早い時間にヘナトが負傷交代を余儀なくされるアクシデントに見舞われるも、オレンジ戦士全員が高い守備意識と運動量を駆使し、現在クラブが持てる様々な攻撃パターンを駆使して、クラブJ1最多タイとなる6ゴールを奪い快勝したエスパルス。10月6日にはリーグ戦第28節vs浦和戦に臨みました。

 ゴール前の混戦を切り開く華麗なパスワーク。湘南の3バックの両サイドを突くサイド攻撃。そして良い位置から攻守の切り替えを早くしてショートカウンター。エスパルスの多彩な攻撃で6ゴール!一方で、オレンジ戦士全員がハードワークして5試合ぶりのクリーンシートでの勝利。J1残留へ向け、まだまだ気が抜けない戦いが続きますが、チームは確実に強くなってきていると感じました。
 そして迎える浦和戦。浦和とは4月28日のリーグ戦第9節@日本平で対戦し、0-2で敗戦しています。しかし浦和は目下リーグ戦で14位ではあるものの、エスパルスとの勝ち点差はわずか2しかありません。すなわち、次の浦和戦も湘南戦同様に残留争いのライバルチームとの6ポイントマッチという事です!浦和はACLでの戦いで中3日での試合。一方エスパルスは十分な準備期間がありました。アウェイでの試合にはなりますが、その差は試合結果に生かさなければなりません!今季の運命を左右するくらいの非常に重要な試合に臨むエスパルス!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@埼スタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 順位も勝ち点も近い浦和との一戦は絶対に落とせない試合。ここがまさにエスパルスにとっての大きな正念場になるはずです。しかし!エスパルスもここまで積み上げてきた自信があります!相手をリスペクトし過ぎず自分たちのサッカーを信じて、浦和との6ポイントマッチを勝利することができるか!エスパルスの意地を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "残留争いから抜け出せず..."

投稿者 tao : 23:03 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年10月 5日

エスパルスの明日を担う新たな橙魂が加入!

川本 梨誉選手(エスパルスユース) 来季新加入内定のお知らせ
鈴木 唯人選手(船橋市立船橋高) 来季新加入内定のお知らせ
(いずれもエスパルス公式)

 リーグ戦も残すところあと6試合と佳境に入ってきたJ1リーグ。それは来季への選手補強が始まる時期がやってきたということ。エスパルスの選手補強は、新たな橙魂を宿した2選手の加入発表からでした。

続きを読む "エスパルスの明日を担う新たな橙魂が加入!"

投稿者 tao : 22:53 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年9月30日

取れる時に取っとく!これ大事。

2019 J.LEAGUE Division1 27th leg.
湘南 0-6 清水

 18日に行われた天皇杯4回戦「静岡ダービー」vsジュビロ戦では、リーグ戦とほぼ同じスタメンでガチンコ勝負に挑み、試合開始から球際で激しくボールを奪い前半はスコアレス。64分に失点してしまうも試合終了間際のアディショナルタイムにドグが引き寄せたオウンゴールで同点に!延長戦でも決着がつかず、PK戦にもつれ込む接戦!そこでGK西部がPKを2本阻止して勝利!。5年ぶりのベスト8進出を決めたエスパルス。29日にはリーグ戦第27節vs湘南戦に臨みました。

 ブラジル人4人が先発に名を連ね、ほぼベストの布陣でジュビロに真っ向勝負を挑んだエスパルス。試合立ち上がりからオレンジ戦士一人一人が運動量を惜しまず、球際で激しくボールを奪いに行く姿は「磐田には負けられない」というオレンジ戦士の想いの現れ。走りに走り、相手ゴールへ向かう。その一つ一つの積み重ねが劇的な同点ゴールに、そして西部のミラクルスーパー神セーブにつながったのだと思います。
 そして迎える湘南戦。湘南とは3月31日に行われたリーグ戦第5節@日本平で1-3で敗戦してしまっています。しかも湘南は目下リーグ戦で13位。エスパルスとの勝ち点差はわずか1しかありません。そうです!この試合も残留争いのライバルチームとの6ポイントマッチとなるのです!今季リーグ戦でのエスパルスの趨勢を決めるといっても過言ではないこの一戦は絶対に勝ちたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@BMWスへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 湘南は粘り強い守備と走力を生かした攻撃が脅威となるチーム。小さなミスやわずかな気の緩みが致命的な結果に直結してしまう事でしょう。今季リーグ戦でのエスパルスの趨勢を決めるといっても過言ではないこの一戦で勝利を決めることができるか!エスパルスの今季を占う試合がキックオフ!

続きを読む "取れる時に取っとく!これ大事。"

投稿者 tao : 20:53 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年9月22日

オレンジ戦士全員の勝利への想いが手繰り寄せたミラクルゴールとミラクルセーブ!

天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会4回戦
"EL CLASICO" at J-LEAGUE
65th. The SHIZUOKA Derby Match
磐田 1-1 PK3-4 清水

 13日に行われたリーグ戦第26節vs名古屋戦では、試合立ち上がりで名古屋に先制されてしまうもケンタのミドルですぐさま同点に追いつき、後半開始直後にエウソンのゴールで逆転!更にケンタの2ゴール目が決まって名古屋を突き放し、終了間際の名古屋の猛攻をしのぎ切って勝利したエスパルス。18日には天皇杯4回戦「静岡ダービー」vsジュビロ戦に臨みました。

 先制ゴールを決められても終盤に名古屋に再三ゴールを脅かされても、オレンジ戦士の足は最後まで止まりませんでした。札幌に0-8、鹿島に0-4と大敗が続いていた本拠地で、再び無残な姿をさらすわけにはいきません。その思いは、すべてのオレンジ戦士の胸にあったはず。自身のデビュー戦となった今季リーグ戦第16節vs名古屋戦@アウェイで劇的なアディショナルタイム決勝ゴールを決めたケンタもその思いは強かったことでしょう。それを2ゴールという形で表してくれたケンタ。そして掴んだ勝ち点3は、オレンジ戦士に大きな力を与えてくれたはずです。
 そして迎える「静岡ダービー」vsジュビロ戦。ジュビロとは今季リーグ戦とルヴァ杯で3試合対戦し3勝!しかも目下ジュビロはリーグ戦で最下位と苦戦しています。しかし!相手はジュビロ!いついかなる状況にあっても、相手の順位やコンディションがどうだろうと関係なく、静岡ダービーはお互いの誇りと誇りが真っ向からぶつかり合う決戦!しかも試合は平日水曜日のナイトゲーム、そしてアウェイ@ヤマスタでの試合。試合は難しい展開になることは想像に難くありません。しかし!リーグ戦で残留争いから抜け出すためには、この静岡ダービーでの勝利は必要不可欠!静岡ダービーでの勝利は、きっとオレンジ戦士に大きな力を与えてくれるはず!そんなエスパルスをサポートするべく、平日のナイトゲームにも関わらず、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@ヤマスタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 静岡ダービーは常に意地と意地とのぶつかり合い!是が非でも何が何でも清濁併せのんでも黒が白でも勝たなければなりません。そしてリーグ戦においても、エスパルス残留を阻むであろうジュビロを天皇杯で叩き、リーグ戦反転攻勢の号砲と成せるか!エスパルスを想う全ての人々の誇りを賭けた一戦が火蓋を切って落としました!

続きを読む "オレンジ戦士全員の勝利への想いが手繰り寄せたミラクルゴールとミラクルセーブ!"

投稿者 tao : 15:46 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。