2019年4月15日

苦しみ、耐え抜き、掴んだダービー勝利!

2019 J.LEAGUE Division1 7th leg.
"EL CLASICO" at J-LEAGUE
63th. The SHIZUOKA Derby Match
磐田 1-2 清水

 6日に行われたルヴァ杯予選リーグ第3節vsG大阪戦では、試合立ち上がりで失点してしまうも、直後にPKをゲットし同点!数的優位に立ってG大阪を押し込むも追加点が奪えず、勝ちきれないまま引き分けに終わったエスパルス。14日にはリーグ戦第7節「静岡ダービー」vsジュビロ戦に臨みました。

 試合立ち上がりで先制ゴールを許してしまうも、すぐさまPKで追いつく。しかも相手は1人退場者を出して、エスパルスは数的優位に立っていた。そして終始ボールを保持しつつG大阪を押し込んでいたにもかかわらず、G大阪から追加点を奪い勝利することができなかった。試合出場を渇望しているヤングエスパルスのプレーはどこか消化不良に思えました。
 そして迎える「静岡ダービー」vsジュビロ戦。今季は早速ルヴァ杯でジュビロと対戦し、滝君の決勝ゴールで勝利しています!しかし現状リーグ戦ではジュビロが13位でエスパルスが18位。両チームとも状況は芳しくありませんが、エスパルスのほうが厳しいことは予想に堅くありません...。しかし!その時のコンディションや順位に関係なく、ガチの勝負が繰り広げられるのが静岡ダービー。全身全霊を賭して戦い、勝利をつかんだとき、きっとオレンジ戦士にとって大きな転換点になるはず!そんなエスパルスをサポートするべく、時折冷たい雨が降るあいにくのお天気の中、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@エコパへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 今季リーグ戦でいまだ勝利がないエスパルスが迎えるジュビロとの静岡ダービー。意地と意地、気力と気力が激しくぶつかり合い火花を散らす伝統の一戦。エスパルスにとってこれほどのタイミングはありません!宿敵ジュビロをアウェイで撃滅し、リーグ戦浮上のきっかけをつかみ取り事ができるか!エスパルスのプライドを賭けた一戦が火蓋を切って落としました!

続きを読む "苦しみ、耐え抜き、掴んだダービー勝利!"

投稿者 tao : 18:40 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年4月11日

「スウテキユウイ」って?なにそれおいしいの?

2019 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第3節
清水 1-1 G大阪

 6日に行われたリーグ戦第6節vsFC東京戦では、航也のゴールで先制しFC東京を押し込み続けるも追加tンが奪えず、逆に後半修正してきたFC東京に反撃を喰らってしまい逆転を許してしまい敗戦してしまったエスパルス。10日にはルヴァ杯予選リーグ第3節vsG大阪戦に臨みました。

 航也の先制ゴールが決まったもののゴールはつながらず、FC東京の修正点をケアできないまま逆転を許してしまう。ヘナトがチームにかなりフィットしてきたことは朗報ですが、試合結果は伴わない。この試合の結果、エスパルスは2分4敗の勝ち点2、順位はついに最下位の18位になってしまいました。
 そして迎えるG大阪戦。G大阪とは3月2日のリーグ戦第2節@日本平で対戦し、2-4と大量失点で敗戦しています。しかもリーグ戦から中3日の水曜日のナイトゲーム。さらに目下エスパルスはリーグ戦最下位と苦境のどん底にいます。厳しい試合になる事は明白。しかし!ルヴァ杯で勝利し、週末に控える静岡ダービーに勢いをつなげたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、平日のナイトゲーム、しかも冷たい雨が降るあいにくのお天気の中、この試合にも多くのエスパサポさんが我らが聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、寒い中本当にお疲れ様でした。

 エスパルスはここまでリーグ戦で2分4敗の勝ち点2、順位はついに最下位の18位になってしまいました。リーグ戦開幕から6試合勝ちなしは2005年以来となるクラブワースト記録。ちなみに2005年のリーグ戦は、9勝12分13負、得失点差-9、勝ち点39の15位とぎりぎりでJ1残留しています。今季を2005年のように厳しいリーグ戦の戦いにするか否かは、エスパルスを思うすべての人の思いにかかっていると思います。ルヴァ杯G大阪戦を勝利で飾り、週末の静岡ダービーに勢いを付けることができるか!エスパルスの思いの強さを見せつけたい試合がキックオフ!

続きを読む "「スウテキユウイ」って?なにそれおいしいの?"

投稿者 tao : 23:59 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年4月 8日

これと言った悪い点がないことが悪い点なのかも...

2019 J.LEAGUE Division1 6th leg.
FC東京 2-1 清水

 3月31日に行われたリーグ戦第5節vs湘南戦では、開幕から5試合14失点とリーグ最多となっている状況に危機感を持つオレンジ戦士達は、ひたむきに体を投げ出し、戦う姿勢を示し続けます。しかし湘南の運動量を惜しまないプレスとセットプレーに屈してしまい敗戦。勝利を決められなかったエスパルスは4月6日、リーグ戦第6節vsFC東京戦に臨みました。
 
 湘南戦終了後に涼は「手応えがないことはない。だから、何を改善していけばいいか。逆に難しい」とコメント。しかし、前半相手に与えたCK3本のうち2本を決められてしまっては、勝つのは難しいでしょう。そこに大きな課題があると思います。
 そして迎えるFC東京戦。FC東京は昨季リーグ戦で2戦し1勝1敗。しかしFC東京は目下リーグ戦で5試合負けなしの2位につけており、好調を維持しています。しかもFC東京にはU-22日本代表の久保も在籍。非常に手ごわい相手に間違いありません。しかし!そんな相手だからこそ対戦し撃破することができれば、オレンジ戦士は自信を取り戻すことができるはず!エスパルスはリーグ戦未勝利。だからこそ我武者羅に遮二無二に勝利だけを目指して戦いたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが我らが聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 で!この試合にはオイラが単独出撃!この試合がオイラにとっての今季開幕戦となります。新年度にもなりました。きっとエスパルスも新年度入りして勝利してくれるはずです!

 今季まだリーグ戦で勝利がないエスパルス。リーグ戦は2分3敗の勝ち点2、リーグ戦の順位は17位と降格圏。状況は極めて厳しいです。しかし!それは百も承知!健太監督率いるFC東京をアウェイで撃破し、リーグ戦浮上のきっかけをつかむことができるか!エスパルスの正念場の戦いがキックオフ!

続きを読む "これと言った悪い点がないことが悪い点なのかも..."

投稿者 tao : 22:45 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年4月 4日

日本平の桜花は見頃、しかし...

2019 J.LEAGUE Division1 5th leg.
清水 1-3 湘南

 3月17日に行われたリーグ戦第4節vs神戸戦では、世界基準のスター選手をそろえる神戸に押し込まれ、後半開始直後に神戸に先制ゴールを決められてしまうも、守備意識を落とすことなく神戸攻撃陣にそれ以上の仕事をさせず、交代出場したテセが技ありのシュートを決めて同点に追いついたエスパルス。3月31日にはリーグ戦第5節vs湘南戦に臨みました。

 神戸戦でオレンジ戦士は非常に高い守備意識を持ち続け、超強力な神戸攻撃陣に仕事をさせませんでした。破壊力のある神戸の攻撃に対抗。神戸に攻撃の起点を作らせませんでした。リーグ戦3試合で11失点とワーストにいるエスパルス。この試合では勝利は逃してしまいましたが、守備の向上は確実に図れているとオレンジ戦士も確信できたと思います。
 そして迎える湘南戦。湘南は昨季リーグ戦で2戦し1勝1分。しかし湘南はルヴァ杯で優勝したチーム。チームの戦術理解はさらに円熟期に入り、チーム全体での連携や連動、そして運動量を惜しまないハイプレスは、エスパルスに大きな脅威を与えることでしょう。しかし!守備の改善は見られつつあるものの、いまだエスパルスはリーグ戦未勝利。我らが聖地・日本平での湘南戦で今季リーグ戦初勝利を必ず勝ち取りたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが我らが聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 今季まだリーグ戦で勝利がないエスパルス。非常に厳しい状態が続いています。しかし!この酷難を乗り越え勝利をつかみ取ることができれば、大きな大きな自信をオレンジ戦士は手にすることができるはず!我らが聖地・日本平で朱難を撃破し、リーグ戦浮上の号砲となすことができるか!エスパルスの正念場の戦いがキックオフ!

続きを読む "日本平の桜花は見頃、しかし..."

投稿者 tao : 21:27 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年3月19日

「今季ここまでの相手の中で一番難しかった」ダビド・ビジャ選手:談

2019 J.LEAGUE Division1 4th leg.
神戸 1-1 清水

 13日に行われたルヴァ杯予選リーグ第2節「静岡ダービー」vsジュビロ戦では、前半はジュビロに押し込まれてしまうも守備陣が奮闘してスコアレスで折り返し、後半開始早々に滝君のゴールが炸裂!その後もジュビロの猛攻をチーム全体で防ぎきって無失点で勝利!静岡ダービーを制したエスパルスは17日、リーグ戦第4節vs神戸戦に臨みました。

 お互いの意地と意地がぶつかり合う静岡ダービーでの勝利、しかもそれがエスパルスユース出身の19歳・滝君が決めたゴールでの勝利!オレンジ戦士はこの1勝で大きく勇気づけられ、そして失いかけた自信を取り戻すことができたはずです。
 そして迎える神戸戦、神戸とは昨季リーグ戦で1勝1分。しかも日本平での神戸戦は記憶もまだ新しい、荒れに荒れた試合の末に、アディショナルタイムにGK六反の渾身のヘディングシュートが決まって同点で終了した試合。大きな遺恨を残した試合となりました。そして今季はイニエスタにポドルスキもチームとJリーグになじみ、さらに今季はダビド・ビジャも加入し、昨季よりも数段攻撃力が増しているはず。しかし!世界トップクラスのチームにそう易々と勝ち点を与える分けにはいきません!そんなエスパルスをサポートするべく、平日のナイトゲームにもかかわらず、この試合にも多くのエスパサポさんが我らが聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、寒い中本当にお疲れ様でした。

 少しの油断やミスは神戸の世界トップレベルのプレーヤーに見透かされてしまい、待っているのは最悪の結果だけでしょう。いかにミスを少なくし、高いレベルでのプレーを持続できるか。オレンジ戦士にハイレベルな課題のクリアが求められる試合がキックオフ!

続きを読む "「今季ここまでの相手の中で一番難しかった」ダビド・ビジャ選手:談"

投稿者 tao : 23:53 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年3月16日

特効薬にして効果絶大!それがダービー勝利!そして超新星の予感!

2019 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第2節
"EL CLASICO" at J-LEAGUE
62th. The SHIZUOKA Derby Match
清水 1-0 磐田

 9日に行われたリーグ戦第3節vs札幌戦では、札幌に先制されてしまうも前半のうちにいったんは追いつき、前半終了間際に再び突き放されてしまい、後半開始早々に追加点を献上してしまい、システムを4-4-2に変更するも連携面でミスが目立ってしまいさらに失点を重ねてしまい、試合終了間際に滝君が一矢報いるのが精いっぱいで敗戦してしまったエスパルス。13日にはルヴァ杯予選リーグ第2節「静岡ダービー」vsジュビロ戦に臨みました。

 守備の立て直しを期して今季採用してきた3バックから昨季まで使っていた4バックで札幌戦に臨んだものの、不慣れなポジションに入った選手間の連携がかみ合わずミスが増えてしまい、リーグ戦では約4年ぶりの大量5失点で敗戦してしまったエスパルス。守備面の立て直しが急務となりました。
 そして迎えるジュビロ戦。昨季は公式戦で4試合ジュビロと対戦し2勝1分1敗。10月7日に行われたリーグ戦第29節@ホームでの静岡ダービーでは5-1の快勝を決めています。しかし、その時のコンディションや順位に関係なく、ガチの勝負が繰り広げられるのが静岡ダービー。しかもリーグ戦から中3日の水曜日のナイトゲーム。さらにエスパルスのコンディションは今までになく最悪の状況。厳しい試合になることは火を見るよりも明らかです。この酷難をチーム全体で乗り切れれば、必ず新しいステージが見えてくるはず!そんなエスパルスをサポートするべく、平日のナイトゲームにもかかわらず、この試合にも多くのエスパサポさんが我らが聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、寒い中本当にお疲れ様でした。

 今季いまだ公式戦未勝利のオレンジ戦士達。コンディションがよろしくないことは明らか。しかし、たった一つの勝利が状況を一変させることもよく知っています。日本平でジュビロを撃滅し、今季最初の静岡ダービーで勝利決め、リーグ戦の巻き返しに向けて弾みをつけることができるか!エスパルスの決戦が火蓋を切って落としました!

続きを読む "特効薬にして効果絶大!それがダービー勝利!そして超新星の予感!"

投稿者 tao : 01:26 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年3月10日

悠々と急ぎなさい。しかし決して慌ててはいけない...

2019 J.LEAGUE Division1 3rd leg.
札幌 5-2 清水

 6日に行われたルヴァ杯予選リーグ第1節vs松本戦では、リーグ戦からスタメン選手を総入れ替し試合にの臨んだものの試合開始直後に失点してしまい、後半開始直後に1点返すも試合終了間際に松本にゴールを決められてしまい敗戦してしまったエスパルス。9日にはリーグ戦第3節vs札幌戦に臨みました。

 ルヴァ敗松本戦ではリーグ戦から先発を総入れ替えしたためか、試合勘や連係面での経験不足は否めず松本に押しこまれてしまい、後半に選手交代で攻撃のリズムを掴むも1点返すのが精一杯。最後には守備の一瞬のスキを松本に突かれてしまい敗戦。!今季新加入したヘナトがゴールを決めたことは大きな成果でしたが、課題も多く見つかった試合でした。
 そして臨む札幌戦、札幌とは昨季リーグ戦で1勝1敗、ナビ杯予選では2勝しています。しかし今季札幌は長崎から移籍した鈴木武蔵のゴールでリーグ戦で浦和に勝利しており、コンディション
やチームのムードは絶好調!しかも次節はアウェイ@札幌ドでの試合。鈴木武蔵やチャナティップといった好調な攻撃陣を封じ込めるのは簡単ではありません。3バックの戦術理解とミスの根絶をハイレベルに実行し、アウェイで札幌を撃破したいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、遠方アウェイにもかかわらず、この試合にも多くのエスパサポさんがアウェイ@札幌ドへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 リーグ戦でもカップ戦でも新システムへの理解がまだまだ不足しているために結果が出せないエスパルス。しかし焦りは禁物。こんな時だからこそ気持ちを落ちつけて冷静にならなければなりません。チーム全体で運動量と集中を高め、アウェイで札幌を撃破できるか!エスパルスの正念場の試合がキックオフ!

続きを読む "悠々と急ぎなさい。しかし決して慌ててはいけない..."

投稿者 tao : 15:40 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年3月 7日

ま、まだ苦手って決まったわけじゃ...

2019 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第1節
松本 2-1 清水

 2日のリーグ戦第2節vsG大阪戦では、前半の早い時間帯に航也のゴールで先制するも前半凹地に追いつかれてしまい、後半はG大阪に押し込まれてしまう苦しい試合展開に。立て続けに2失点するも、最後の最後で慶太のエスパルス加入後初ゴールで意地を見せてくれたエスパルスは6日、ルヴァ杯予選リーグ第1節vs松本戦に臨みました。

 今季リーグ戦ホーム開幕戦となったG大阪戦、ヨンソン監督が今季から採用している3バックで試合に臨むも、試合の主導権はG大阪に握られてしまい敗戦。それでも慶太のゴールで可能性を見いだせた試合になりました。
 そして迎える松本戦。松本とはこれまで公式戦で計4度対戦し、通算1分け3敗。エスパルスにとって松本は目下最大の難敵と言えます。しかし!どんな難敵であろうと撃破しなければならないのがプロの世界!そしてこの試合はルヴァ杯の予選リーグ第1節。リーグ戦での出場機会に飢えている「ヤングエスパルス」が躍動できる最大のチャンス!今季まだ公式戦で勝利がないエスパルスにとって、このアウェイでのルヴァ杯予選リーグ初戦で勝利を決めて勢いを付けたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、平日のナイトゲームにもかかわらず、この試合にも多くのエスパサポさんがアウェイ@サンプロアルウィンへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 今季いまだ公式戦未勝利のオレンジ戦士達。勝利を渇望していることは明らかです。ヤングエスパルスがリーグ戦でのレギュラーの座を脅かすほどの大活躍を見せ、5戦目で松本を撃破し雪辱を果たすことができるか!エスパルスの底力が試される試合がキックオフ!

続きを読む "ま、まだ苦手って決まったわけじゃ..."

投稿者 tao : 21:37 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。