2021年7月18日

試合結果はあれだけど...昨季に比べれば大きな進歩!

2021 J.LEAGUE Division1 18th leg.
清水 0-2 川崎

 11日に行われたリーグ戦第22節vs徳島戦では、試合開始早々に先制ゴールを決めるも徳島にボールを持たれてしまい、ほどなく徳島に追いつかれてしまうもすぐさま取り返してリードを奪い、そのまま勝ち切るかと思いきや徳島に押し込まれ続けてしまい試合終了間際に再び徳島に追いつかれてしまい引き分けに終わったエスパルス。17日にはリーグ戦第18節vs川崎戦に臨みました。

 今季初の連勝を狙ったオレンジ戦士達。しかしあと一歩及ばず、勝ち点2はその手からすり抜けてしまいました。エスパルスの大きな課題の一つである終盤の失点で追い付かれてしまい、下位直接対決で何としても奪いたかった勝ち点3を逃してしまいました。ロティーナ監督は「相手が支配する展開が続いた。引き分けは妥当な結果だった」「守備陣にこれ以上を求めることはできない。難しい勝ち点1を取った印象」とコメント。またしても課題が多く顕在化してしまったドローゲームでした。
 そして迎える川崎戦。川崎はもうご存じの通りリーグ戦でぶっちぎりで首位を独走する強豪チーム。日本代表に選出されている三苫などの選手が出場しないものの、そのほかの選手も攻守両面で非常に強力。昨季はリーグ戦とルヴァ杯予選で3回対戦し1分2敗。この2敗は両方とも5失点と大量失点で敗戦しています。この難敵・川崎を撃破することは非常に困難を極めることは明白。しかし!それならばもう腹をくくって!全力で対戦して勝利を目指すのみ!シンプルに、そして愚直に勝利だけを目指して戦うのみです!

 昨季から23試合連続で負けなしの強豪・川崎。しかし!相手が首位とか無敗とか、それらはこの結果を決める要素ではありません!何も難しいことを考える必要はなく、ただただひたむきにひたすらに、勝利だけを目指し全力で川崎を日本平で邀撃するのみなのです!全身全霊を賭して日本平で川崎の無敗記録を止め、J1のヒール役になることができるか!エスパルスの底力を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "試合結果はあれだけど...昨季に比べれば大きな進歩!"

投稿者 tao : 12:22 | 2021年 | コメント (1) | トラックバック (0)


2021年7月16日

いざ行け!翔太!!

金子翔太選手 ジュビロ磐田へ期限付き移籍決定のお知らせ(エスパルス公式)

 唐突に、本当に唐突に、翔太のジュビロへの来年1月末までのレンタル移籍が発表になりました。翔太にとっては2015年途中での栃木SCへのレンタル移籍以来のこと。正直、驚きました。

続きを読む "いざ行け!翔太!!"

投稿者 tao : 11:48 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年7月15日

持たれていたのか持たせていたのか、結果だけでは分からないが...

2021 J.LEAGUE Division1 22th leg.
徳島 2-2 清水

 7日に行われた天皇杯3回戦vs岩手戦では、前半に岩手に先制されてしまい前半を折り返すという苦しい試合展開になってしまったものの、後半立ち上がりに指宿の技ありシュートで同点に追いつき、選手交代で攻撃を活性化して試合終盤に逆転ゴールを決めて勝利!辛くも岩手を撃破したエスパルスは11日、リーグ戦第22節vs徳島戦に臨みました。

 J1仙台を1回戦で撃破し、J1勢の連続撃破をもくろむ岩手のホームに乗り込んだエスパルス。リーグ戦前節から先発8人が入れ替わったエスパルスでしたが、前半は岩手の屈強な外国人FWに起点をつくられ、押し込まれる場面も。先制点を献上してしまい、「ジャイアントキリング」を期待する岩手サポーターのボルテージは最高潮に。しかし、「アグレッシブに行くしかない」と指宿はコメント。前に出たことで後半開始早々に同点に追いつき、更に選手交代で攻撃のギアを上げて、試合終盤で逆転!エスパルスが地力を見せてくれました。
 そして迎える徳島戦。徳島にはリーグ戦第7節@アイスタで対戦し、0-3で惨敗を喫しています。しかも徳島は目下リーグ戦で暫定15位。エスパルスとの勝ち点差はわずか3。すなわち!次節vs徳島戦もJ1残留争いを戦うライバルチームとのシックスポイントマッチなのです!第7節の惨敗の借りをまだ返せていません!このままでは終われません!J1残留を果たすためにも、そして惨敗の雪辱を果たすためにも、次節は勝利だけが求められる結果になるのです!

 エスパルスがJ2に降格した2016年、J1復帰を決めたのはアウェイでの徳島戦でした。そして今、J1の舞台で再びアウェイで徳島との対戦に臨むエスパルス。残留争いを戦うライバルチームとのシックスポイントマッチ!結果が求められる重要な一戦!すべての力を出し切ってアウェイで徳島に勝利し、残留争いで一歩前進することができるか!エスパルスの勝利への想いが試される試合がキックオフ!

続きを読む "持たれていたのか持たせていたのか、結果だけでは分からないが..."

投稿者 tao : 23:24 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年7月 9日

滝君の長距離砲撃で薄氷を踏む勝利!

天皇杯JFA第101回全日本サッカー選手権大会3回戦
岩手 1-2 清水

 4日に行われたリーグ戦第21節vs大分戦では、試合開始から大分にボールを保持されてしまうも冷静に対応し前半をスコアレスで折り返し、後半67分にセットプレーから最後は輝樹の移籍後初ゴールで先制!試合終盤には大分の猛攻に晒されてしまうも、GK権田と涼のミラクルセービングで失点を防ぎ完封勝利したエスパルス。7日には天皇杯3回戦vs岩手戦に臨みました。

 残留争いのライバルチームである大分を日本平に迎えた一戦。この試合結果が残留争いの大きなカギを握っていることは明白です。そんな大一番をエスパルスが誕生した記念日である7月4日に迎えたことは、エスパルスの持つ運命だったのでしょうか。そして最後に笑顔を見せたのは今季エスパルスを率いるロティーナ監督。勝利インタビューではインタビュアーの鬼頭さんの「felicitaciones(おめでとうございます)」の言葉に満面の笑みを見せてくれました。そして勝ち点を22に伸ばし、リーグ戦で13位に浮上。降格圏との勝ち点差を6としました。値千金のゴールを決めた輝樹は「こういう試合を続けられるように」と手ごたえを実感した様子。残留争いから脱し、リーグ戦での巻き返しの糸口をつかむチャンスがやってきます。
 そして迎える岩手戦。エスパルスは天皇杯2回戦vs福山シティFC戦で大苦戦したのちに試合終了間際に辛くもゴールを決めて辛勝と、格下相手に厳しい試合を強いられてしまいました。一方の岩手は2回戦で仙台を撃破し、そのままの勢いでJ1チーム撃破「ジャイアントキリング」を目論むチーム。相手を侮り浮足立つようなことが有れば、結果は非常に厳しいものになってしまうでしょう。リーグ戦から中2日で行われるアウェイゲームの天皇杯3回戦。出場機会に飢えたオレンジ戦士が出場するであろうこの一戦。ここはオレンジ戦士の正念場!気合を入れなおして試合に臨んでほしいです!

 この試合はリーグ戦vs大分戦から中2日で行われた平日のナイトゲーム。しかも試合中継は残念ながらなし...。だもんでオイラは試合内容についてはちぃっとも分かりません。しかしSNSやスポーツ紙関連のWEBサイトを見るに、この試合は「滝君の長距離砲のおかげ様な勝利」だったようです。

続きを読む "滝君の長距離砲撃で薄氷を踏む勝利!"

投稿者 tao : 23:58 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年7月 5日

輝樹のエスパルス初ゴールで29回目の誕生日を祝福!

2021 J.LEAGUE Division1 21th leg.
清水 1-0 大分

 6月27日に行われたリーグ戦第20節vs横浜FC戦では、試合開始から横浜FCに試合の主導権を握られてしまい、前半のうちに先制点を決められ、それでも後半からシステムを変更し反転攻勢に!試合終盤にヴァウドの渾身のヘディングシュートで辛くも追いついて勝ち点1をもぎ取ったエスパルス。7月4日にはリーグ戦第21節vs大分戦に臨みました。

 試合立ち上がりからどこか「ふわっと」していたオレンジ戦士達。前半の低調なコンディションが試合を厳しくしてしまいました。前線からの守備が機能せずボールを支配されてしまうと、45分に警戒していた左サイドからのクロスで失点。後半はロティーナ監督がシステムを3バックから4バックに変更。横浜FCに対して一方的に押し込無時間が続きましたが、5バックで自陣を守る横浜FC守備陣を崩すきっかけを見出せず、ヴァウドのCKからのゴールで辛うじて横浜FCの逃げ切りを防いだものの、横浜FCの守備網を突破する場面は少なく、試合終了間際のような決定的な場面でもゴールを奪うことができず。多く課題が残る引き分けになりました。
 そして迎える大分戦。大分とは今季リーグ戦第12節@アウェイで対戦し敗戦しています。しかしその大分は目下リーグ戦で19位と苦戦を強いられています。横浜FC戦同様、大分はシンプルに我武者羅に勝利だけを目指してエスパルスに挑んでくるはず。そんな大分を迎え撃つのは我等聖地・日本平。大勢のエスパルスサポーターとその思いを背中に、オレンジ戦士は躍動してくれるはず!残留争いを戦う大分を日本平で邀撃することができれば、更に残留争いから一歩抜きんでることもできるはずです!

 リーグ戦も折り返し、既に後半戦に突入しています。いまだ苦戦を強いられているエスパルスですが、横浜FC戦では粘り腰を見せて引き分けに持ち込めました。地力は着実につきつつある!ここからが踏ん張りどころ!我等が聖地・日本平で大分を撃破し、29回目のエスパルスの誕生日を勝利の花火で祝うことができるか!エスパルスの矜持が試される試合がキックオフ!

続きを読む "輝樹のエスパルス初ゴールで29回目の誕生日を祝福!"

投稿者 tao : 23:16 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年7月 2日

最下位相手に押し切ることができずドロー...

2021 J.LEAGUE Division1 20th leg.
横浜FC 1-1 清水

 23日に行われたリーグ戦第19節vs仙台戦では、前半の速い時間に唯人のJ1初ゴールで先制するも前半のうちに追いつかれ、後半にレレのJ1初ゴールで再び突き放すもまた追いつかれ、しかしその直後にサンタナのゴールで三度仙台を突き放し勝利!勝ち点で並ぶ仙台との「シックスポイントマッチ」を制したエスパルスは27日、リーグ戦第20節vs横浜FC戦に臨みました。

 J2自動降格圏が背後に迫る中、勝ち点で並ぶ仙台との「シックスポイントマッチ」に挑んだエスパルス。オレンジ戦士達は仙台に2度追い付かれながらも最後まで走り切り、仙台の猛追を振り切る力強さを見せてくれました。ロティーナ監督は「3点とれたことが大きかった」と攻撃陣の奮起に喜びの表情を見せました。
 そして迎える横浜FC戦。横浜FCとは今季リーグ戦第13節@日本平で対戦し1-1で引き分けています。そして横浜FCは目下リーグ戦で最下位。次節も残留争いのライバルチームとの試合となります。もっと言えば、第21節は19位大分と、第22節は14位徳島との試合。仙台からの4戦はまさしく残留争いの天王山なのです!この連戦でしっかりと結果を残すことができれば、J1残留に向けて大きく踏み出すことができるはず!ここでオレンジ戦士の全身全霊が試されるのです!

 いまだ課題は山積しているも、残留争いをする仙台との一戦で勝利し勢いを得たいエスパルス。試合後にレレは「勝ち切れたことが全て」とオレンジ戦士達の思いを代弁していました。仙台戦での勝利の勢いを更に強力に強固にするためにも、この横浜FC戦は勝利のみが許される結果!横浜FCをアウェイで撃破し、エスパルスの勢いを一層増幅させることができるか!エスパルスの底力を見せつけたい試合がキックオフ!

続きを読む "最下位相手に押し切ることができずドロー..."

投稿者 tao : 23:53 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年6月25日

リーグ戦再開初戦で貴重なシックスポイントマッチを制覇!

2021 J.LEAGUE Division1 19th leg.
仙台 2-3 清水

 9日に行われた天皇杯2回戦vs福山シティFC戦では、格下ディビジョンの福山シティFCに対して主力選手で試合に臨み、終始試合の主導権を掌握するもゴールを奪うことができず、後半アディショナルタイムにやっと輝樹が決めて辛くも福山シティFCを撃破。天皇杯3回戦にコマを進めたエスパルスは23日、リーグ戦第19節vs仙台戦に臨みました。

 毎年漏れなく天皇杯初戦では苦戦しているエスパルス。主力級の選手を大きく入れ替えることなくスタメンに並べ、広島県社会人1部リーグの福山シティFCの挑戦を受けたエスパルス。Jリーグのトップディビジョンにいる貫禄を見せつけるはずでしたが、待っていたのは後半アディショナルタイムにやっとの思いで均衡を破る薄氷を踏む勝利。決定力に大きな課題を残す天皇杯初戦でした。
 そして迎える仙台戦。仙台とは今季ルヴァ杯予選リーグで対戦し1勝1敗の五分五分の戦績。しかも仙台は目下リーグ戦の順位はエスパルスと勝ち点1差の暫定18位。すなわち次節vs仙台戦は俗にいう「シックスポイントマッチ」になるのです!ってか、リーグ戦の16位から18位の3チームが勝ち点14で並んでいる大混戦!仙台に負けてしまうようなことがあれば、エスパルスは一気にJ2自動降格圏の順位まで転げ落ちてしまうことも想定しなければなりません。逆に、ここで仙台を下しておくことができれば、リーグ戦残留争いで一歩先んずることができるのです!次節vs仙台戦は今季のエスパルスにとって大きな正念場なのです!

 この試合はリーグ戦中断期間開けの初戦。でも開催は平日のナイトゲーム。かろうじて後半の後半くらいから試合を見ることができましたが(奇跡的に仕事が早めに終わったw)、試合内容はほぼほぼ分かりません...。しかしSNSやスポーツ紙関連のWEBサイトを見るに、この試合は「初ゴール連発の接戦での勝利」だったようです。

続きを読む "リーグ戦再開初戦で貴重なシックスポイントマッチを制覇!"

投稿者 tao : 23:04 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年6月12日

課題山積の天皇杯初戦突破...

天皇杯JFA第101回全日本サッカー選手権大会2回戦
清水 1-0 福山シティFC

 6日に行われたルヴァ杯プレーオフステージ第2戦vs鹿島戦では、前半のうちに鍵となる先制点を決めたものの、義宜と慶太の負傷交代により試合の流れが大きく変わってしまい、前半終了間際に鹿島に追いつかれ、後半追加点を狙うも決める子tができず、逆に鹿島に逆転を許してしまい敗戦。ルヴァ杯敗退が決定してしまったエスパルスは9日、天皇杯2回戦vs福山シティFC戦に臨みました。

  鹿島との初戦@日本平で敗戦してしまい、ルヴァ杯で次のステージに進出するためにはアウェイでの勝利が必要だったエスパルス。オレンジ戦士が試合の鍵として挙げていた先制には成功したものの、その後に勢いをつなげることができず、不運な負傷交代も相まって前半のうちに鹿島に追いつかれてしまい、後半に逆転を許してしまいました。エスパルスの一瞬の綻びを見逃さない鹿島との力の差を感じさせるプレーオフステージ連敗で、ルヴァン杯の敗退が決まってしまいました。
 そして迎える福山シティFC戦。福山シティFCは広島県社会人1部リーグに在籍し、広島県代表として勝ち上がってきたチーム。エスパルスとはディビジョンが全く違いますが、相手は何も恐れることなく、我武者羅に遮二無二に、愚直に勝利だけを目指してエスパルスに向かってくるはず。毎年天皇杯初戦を苦戦しているエスパルスにとって、福山シティFCは決して油断することができない試合。ノックアウト方式のトーナメント戦は結果がすべて。格下だからといって相手を侮るような試合をしようものなら、その驕りや油断から致命的な事態を引き起こしかねません。相手がどこであろうと、天皇杯も大切な戴冠の一つ!力を出し切って勝利を目指さなければなりません!

 この試合はルヴァ杯vs鹿島戦から中2日で行われた平日のナイトゲーム。だもんでオイラは試合内容についてはちぃっとも分かりません(もう定時退社とか都市伝説?って感じですよ...)。しかしSNSやスポーツ紙関連のWEBサイトを見るに、この試合は「薄氷を踏むような勝利」だったようです。

続きを読む "課題山積の天皇杯初戦突破..."

投稿者 tao : 11:59 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。