2018年4月19日

2ゴール決めて1-1の同点でした(え?

2018 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第4節
清水 1-1 甲府

 15日に行われたリーグ戦第8節vs浦和戦では、前半にミスが目立ってしまい、浦和の高い位置からのプレスでボールを失ってしまい、興梠の2ゴールであっというまにビハインドに。それでも後半は押し返し、翔太が一矢報いるも追加点が奪えずに敗戦してしまったエスパルス。18日にはルヴァ杯グループステージ第4節vs甲府戦に臨みました。

 前半はとにかくミスが多かった浦和戦。選手間の連携も、パスやセンタリングの精度も低く、浦和にカウンターを食らってしまいピンチを招く。後半になり浦和の足が止まり始めると、そこからはエスパルスが反転攻勢に!しかし相変わらずプレーの精度が低く、翔太のゴールが決まるも反撃はそこまで。2013年8月24日のリーグ戦第22節@日本平以来、5年ぶりの勝利はつかめませんでした。
 そして迎える甲府戦。甲府とは3月14日のルヴァ杯グループステージ第2節でアウェイで対戦し敗戦を喫しています。しかも次の試合はリーグ戦から中2日で開催されるという、非常に過酷な試合日程に。選手の疲労もピークに差し掛かっているかもしれません。しかし!この試合は我等が聖地・日本平で行われる試合。ピッチで戦っているオレンジ戦士に日本平のオレンジサポーターが大きな力を与えてくれるはずです!この酷難を乗り越えるために、エスパルスにかかわる全てのみなさんの気持ちを一つにして戦いたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、多くのエスパサポさんが我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 過酷な連戦であることはほかのチームも同じこと。ここで顎が上がってしまったら、この厳しい連戦、そしてリーグ戦を戦い抜くことは到底できないでしょう。しかし!まだまだ修正は可能なはず!オレンジ戦士全員の気持ちを一つにして、この難局を乗り越えることができるか!エスパルスのきもちを見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "2ゴール決めて1-1の同点でした(え?"

投稿者 tao : 22:53 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年4月16日

昨季のトラウマがよみがえりそうな敗戦...

2018 J.LEAGUE Division1 8th leg.
浦和 2-1 清水

 11日に行われたリーグ戦第7節vs長崎戦では、「高さとサイド攻撃にうまく対応できた」と長崎の高木監督がコメントしたように、攻守の切り替えを早くしてカウンターを仕掛けるという長所を封じられてしまい、逆に長崎に自分たちがやりたいサッカーを実践されてしまい敗戦。長崎にJ1初勝利を献上してしまったエスパルス。15日にはリーグ戦第8節vs浦和戦に臨みました。
 
 長崎に歴史的なJ1初勝利をプレゼントしてしまったエスパルス。この結果、エスパルスは2017年8月以来、日本平で11試合勝ちなし。そして今季リーグ戦開幕以来維持してきたチームの勢いに陰りが見られてきてしまいました。
 そして迎える浦和戦。浦和は今季リーグ戦で下位に沈んでいます。しかし監督が大槻監督に交代してリーグ戦2連勝。前節の神戸との試合では、逆転されて再逆転して勝利するなど、調子を取り戻しつつあります。そしてエスパルスは浦和に、2013年8月24日のリーグ戦第22節@日本平以来、4年間勝利がありません。これこそまさに難敵。そして次節は中3日でのアウェイゲーム。非常に厳しい試合になることは明白です。しかし!そんな難敵だからこそ、オレンジ戦士全員が同じ方向を向いて、この難局を乗り越えなければならないのです!浦和という強敵をアウェイで撃破し、再びエスパルスのリズムを取り戻したいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、多くのエスパサポさんがアウェイ@埼スタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で!この試合にはオイラも参戦!当初は家族で出撃するはずでしたが、相方と小僧は体調が芳しくなかったもんで、大事を取ってスルーに。オイラ単独での出撃となりました。

 どんなに好調なチームだって、いつかは必ず負ける時が来ます。その時にいかにチーム全体が同じ方向を向いて気持ちを一つにできるか。ここがエスパルスの今季初の正念場かもしれません。この正念場をチーム全体で心を一つにして、持てる力を出し切って浦和を撃破できるか!エスパルスの正念場の戦いがキックオフ!

続きを読む "昨季のトラウマがよみがえりそうな敗戦..."

投稿者 tao : 21:49 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年4月12日

勝ちロコは 遠きにありて 思うもの... じゃないだろ!

2018 J.LEAGUE Division1 7th leg.
清水 0-1 長崎

 7日に行われたリーグ戦第6節「静岡ダービー」vsジュビロ戦では、試合開始から中盤をコンパクトにまとめて、運動量を惜しまずにジュビロに対してプレスを開けてボールを奪い、攻守の切り替えを早くしてジュビロに攻勢を仕掛けるもゴールは遠く、後半にジュビロに押し込まれてしまうも、守備陣が辛抱強く守り切ってスコアレスドローに終わったエスパルス。11日にはリーグ戦第7節vs長崎戦に臨みました。
 
 この試合は開幕戦以来の無失点。昨季はリーグワースト3の54失点だったエスパルス。徹底した守備の再構築が急務だっただけに、今季はその効果が表れ始めているといえそうです。勝利には届かなかったものの、エスパルスの成長と期待を感じさせる静岡ダービーになりました。
 そして迎える長崎戦。長崎は今季、クラブ史上初のJ1に昇格し、一戦一戦全力で戦いを挑んでいるチーム。しかもこの試合は静岡ダービーvsジュビロ戦から中3日の水曜日のナイトゲーム。リーグ戦であるだけに、極端なターンオーバーも難しく、一方で主力選手のコンディション調整も困難を極めることでしょう。非常にやりづらい試合になりそうです。しかし!リーグ戦で上位進出を狙うためにも、ここで星を落とすわけにはいきません!そんなエスパルスをサポートするべく、平日のナイトゲームにもかかわらず、多くのエスパサポさんが我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 昨年の8月からリーグ戦では日本平で勝利がないエスパルス。そしてこの過酷な連戦。この難局を乗り切るために、オレンジ戦士全員で気持ちを一つにして、J1で長年戦うエスパルスが長崎に貫禄を見せて長崎に勝利し、過酷な連戦を乗り切るきっかけにできるか!エスパルスの気持ちを見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "勝ちロコは 遠きにありて 思うもの... じゃないだろ!"

投稿者 tao : 22:11 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年4月 9日

唐突ではありますが、あれから12年4ヶ月たちました...。

 今年は気温の上がり方が速く、桜の木々はすっかり葉桜に。今は八重桜が見ごろになってきた4月。ぱる坊@小僧がこの世に生を受けてもう12年4ヶ月が経ちました。長い長いと思っていたけれど、経ってしまえばあっという間でした...しみじみ。
 
 で、先月無事に小学校を卒業した小僧は4月から晴れて中学生に。そして今日は小僧の中学校の入学式でした。
 
 って言っても先月まで小学生だったぱ小僧。はてさてどうなることやら...。

 オイラも今日は有給休暇をいただき、小僧の入学式に出席してきました。

続きを読む "唐突ではありますが、あれから12年4ヶ月たちました...。"

投稿者 tao : 18:07 | ジャリボーイ | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年4月 8日

気持ちでも守備でも負けなかった静岡ダービー

2018 J.LEAGUE Division1 6th leg.
"EL CLASICO" at J-LEAGUE
59th. The SHIZUOKA Derby Match
磐田 0-0 清水


 4日のルヴァ杯グループステージ第3節vs札幌戦では、終始札幌に試合のペースを握られてしまい先制ゴールを許してしまうも、前半アディショナルタイムに同点に追いつき、後半にテセの橙魂込めたヘディングで逆転!札幌を日本平で下したエスパルス。7日にはリーグ戦第6節「静岡ダービー」vsジュビロ戦に臨みました。
 
 リーグ戦から中3日という厳しい試合日程、かつターンオーバーにより試合出場機会が少ない、あるいは若手主体で臨まなければならないルヴァ杯予選。そんな中。この試合でJデビューを果たしたルーキーの西村や、今季初ゴールを決め、ゴールを決めた後に雄叫びをあげて気持ちを爆発させたテセなど、リーグ戦での出場機会に飢えているオレンジ戦士、そして今季新加入のヤングエスパルスが結果を出し札幌に逆転勝ちを収めました。
 そして迎える「静岡ダービー」vsジュビロ戦。今季のルヴァ杯グループステージ第1節では、楠神のFKをテセが頭で豪快に叩き込んで勝利!しかしその試合は両者ともターンオーバーでリーグ戦から選手が大きく入れ替わっていることを考慮しないといけません。この試合はリーグ戦。ジュビロも主力選手を投入し、この一戦に臨むはず。その時の順位やコンディションは全く関係なしのガチマッチ。今季のエスパルスの真価が問われる試合になることは明白です。しかし!このまま不名誉な黒星ばかりを積み上げるわけにはいきません!ルヴァ杯vs札幌戦の勝利の流れを繋げて、今季リーグ戦でもジュビロに勝利したいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、多くのエスパサポさんがアウェイ@エコパへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 昨季エスパルスはジュビロに3戦全敗、合計10失点と苦杯をなめさせられています。しかし今季はルヴァ杯グループスステージでまず1勝!ここから昨季の屈辱を晴らさなければなりません!リーグ戦でもジュビロを撃破し、過酷な連戦に向けた勢いをつけることができるか!エスパルスの誇りをかけた一戦が火蓋を切りました!

続きを読む "気持ちでも守備でも負けなかった静岡ダービー"

投稿者 tao : 17:04 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年4月 5日

万感の思いを込めた咆哮

2018 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第3節
清水 0-1 横浜F・M

 3月31日に行われたリーグ戦第5節vs横浜F・M戦では、試合開始まもない時間に守備のすきを突かれてしまい失点。その後サイド攻撃を駆使して横浜F・Mに猛攻を仕掛けるも、中澤を中心として横浜F・Mは強固で高さのある守備をを突き崩すことができないまま試合終了終了。横浜F・Mに敗戦を喫してしまったエスパルスは4月4日、ルヴァ杯グループステージ第3節vs札幌戦に臨みました。
 
 横浜F・Mの中澤にエスパルスの攻撃の要となるクリスランのケアをびっちりやられてしまい、クロスやパスがクリスランに通らなかった。そうなるとオレンジ戦士がますます焦って、サイドから安易にクロスを上げ、それが中澤に跳ね返られて横浜F・Mボールになってしまう。クリスランへのクロスだけでなく、そのほかの「攻撃の引き出し」を複数用意するという大きな課題の一つが露呈した試合でした。
 そして迎える札幌戦。札幌には今季アウェイで勝利しています。しかしこのところのエスパルスは勝ち切れない試合が続き、好調であるとは言い難い状況。そこを札幌攻撃陣につかれてしまえば、エスパルスはルヴァ杯予選突破が難しくなります。そしてこの試合はリーグ戦から中3日の水曜日のナイトゲーム。ヨンソン監督は完全ターンオーバーで試合に臨むはず。週末に控えた静岡ダービーvsジュビロ戦に向けて勢いを盛り返すためにも、このルヴァ杯予選は勝っておきたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、平日のナイトゲームにもかかわらず、多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 リーグ戦開幕から4試合負けなしだったはずのエスパルスが、ルヴァ杯vs甲府戦から3試合勝ちなし。決して好調とは言い難い状況です。この難局を乗り越えるためには、勝利こそが最大にして最高の特効薬になるはず!リーグ戦出場機会を求めるギラギラしたオレンジ戦士がその実力をいかんなく発揮し札幌に勝利することができるか!エスパルスの正念場の戦いがキックオフ!

続きを読む "万感の思いを込めた咆哮"

投稿者 tao : 23:34 | 2018年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年4月 2日

ここからが大事なんだろ!

2018 J.LEAGUE Division1 5th leg.
清水 0-1 横浜F・M

 3月18日に行われたリーグ戦第4節vs仙台戦では、試合開始直後に翔太のミラクルロングシュートで先制するも、その後は仙台に試合の主導権を握られてしまい、前半は何とかしのぐも、後半に失点してしまいドロー。勝ち点3を取り逃してしまったエスパルスは3月31日、リーグ戦第5節vs横浜F・M戦に臨みました。
 
 前半の30分までは、ヨンソン監督が目指すサッカーが展開でき、エスパルスにとって理想的な試合展開だった仙台戦。しかし仙台の洗練された攻撃の前では、組織的な守備の小さな綻びは致命的な結果に繋がってしまう。今季開幕から4試合無敗と好調を維持していたエスパルスにとって、この試合で大きな課題が露呈したといえそうです。
 そして迎える横浜F・M戦。エスパルスは昨季、横浜F・Mと2試合して1分1敗。横浜F・Mにも昨季は勝てていません。そして横浜F・Mは攻守において試合巧者が多数在籍しているチーム。特に中澤を中心とた守備陣はJリーグ屈指の実力を有しています。エスパルスが今季負けがないからといって慢心しようものなら、手ひどい洗礼を受けることになるでしょう。リーグ戦再開初戦として、そしてその後の15連戦に向けて、この難敵横浜F・Mを日本平で撃破したいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 そしてこの試合には我が家も出撃!実に2016年9月18日のJ2リーグ戦第32節vs水戸戦以来、約1年半ぶりの我らが聖地・日本平への出撃なんですって。エスパサポとして不心得者と罵られても、返す言葉がありません...。でもやっぱり日本平は(・∀・)イイネ!!

 ナショナルマッチウィークで約2週間リーグ戦が中断。そして今日の試合を皮切りに、ルヴァ杯含め公式戦15連戦となる初戦。桜満開の日本平で今季リーグ戦初勝利を決め、過酷な連戦に向けて勢いをつけることができるか!エスパルスの勢いを見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "ここからが大事なんだろ!"

投稿者 tao : 23:18 | コメント (0) | トラックバック (0)


2018年4月 1日

今までに類を見ない新事業となるか!?

 (株)エスパルスに近い関係筋の情報によると、(株)エスパルスはこのほど、芸能プロダクション事業を開始する方向で検討しているという。Jリーグのクラブが歌手やタレントをイベントに起用することはよくあることだが、クラブ自体がプロダクションを通じてタレントを抱えることは、初めての事案となるだろう。

続きを読む "今までに類を見ない新事業となるか!?"

投稿者 tao : 09:45 | ひまっさい雑記帳 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。