2019年6月23日

「令和のケンタ」爆誕!

2019 J.LEAGUE Division1 16th leg.
名古屋 1-2 清水

 15日に行われたリーグ戦第15節vs横浜F・M戦では、前半横浜F・Mのパス回しを生かした攻撃で先制され守勢に回り続けるも、後半からシステムを攻撃的な4-1-4-1に変更する篠田采配で攻撃陣が活性化!後半開始から投入された西澤がアディショナルタイムにプロ入り初ゴールを決めて大逆転で横浜F・Mを下したエスパルス。22日にはリーグ戦第16節vs名古屋戦が行われました。

 前半の苦境が嘘のようになった横浜F・M戦後半。篠田監督が執った後半開始からの西澤投入と4-1-4-1へのシステム変更でチームが活性化!数的優位に立ってからも決して引いて守ることなく、試合終盤にはソッコを下げて滝君を投入することで「勝ちにいくぞ!」という意識をチーム全体に浸透させ、そしてアディショナルタイムの西澤のプロ入り初ゴールで逆転勝利!オレンジ戦士一人一人が勝利に向かって貪欲にプレーし、それがチームの向上に直結している証拠だと思います。
 そして迎える名古屋戦。名古屋とは昨季リーグ戦で2戦2勝と好相性。しかし目下エスパルスはリーグ戦15位と下位に低迷。対する名古屋は5位と上位にいます。どのチームとの対戦も上位チームとの対戦となるエスパルス。ただひたすらに勝利を目指して戦えなければ、エスパルスはあっという間に最下位に沈んでしまうことは明白。攻守にわたりプレーの質を上げ、一つでも多く勝ち点を積み上げたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@パロ瑞穂へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 2006年7月以来、実に約13年ぶり、12試合ぶりに日本平で横浜F・Mに勝利したエスパルス。篠田采配が光る結果でした。しかしまだまだ下位は大混戦!ここを抜け出すためには勝利を積み重ねていくしかありません。難敵・名古屋をアウェイで撃破し、混戦のリーグ戦下位から抜け出すことができるか!エスパルスの正念場の戦いがキックオフ!

続きを読む "「令和のケンタ」爆誕!"

投稿者 tao : 16:23 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年6月16日

「この試合、取るぞ!」の意思をチーム全体で共有!

2019 J.LEAGUE Division1 15th leg.
清水 3-2 横浜F・M

 1日に行われたリーグ戦第14節vs松本戦では、堅守の松本に対してチーム全体で高い守備意識を切らさず松本の攻撃を封じ込めた一方、攻撃陣は松本の堅守を引きはがすことができず、1-1の引き分けに終わったエスパルス。15日にはリーグ戦第15節vs横浜F・M戦に臨みました。

 しっかりした守備を展開し松本の日本代表FW前田のスピードを封じ込め、決定的な仕事をさせなかった一方、攻撃陣は強固な松本守備陣を突き崩すアイデアも少なく決勝ゴールを決められなかった。アウェイで最低限の勝ち点1をもぎ取る結果となりました。
 そして迎える横浜F・M戦。横浜F・Mとは昨季リーグ戦で1勝1敗。しかし目下エスパルスはリーグ戦最下位。つまりどのチームとの対戦も上位チームとの対戦となるのです。したがって、勝ち点が読める試合は一つもないということ!横浜F・Mはリーグ戦3連勝中と好調。試合巧者の横浜F・Mとの試合では些細なミスも致命傷につながるピンチを招きかねません!チーム全体でプレーの精度をさらに向上させ、チームの意識を一つにして横浜F・Mに挑みたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、そぼ降る雨の中この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、雨の中本当にお疲れ様でした。

 松本戦引き分けでリーグ戦の順位は最下位に転落。しかし監督交代後は公式戦4戦負けなし。エスパルスに賭けていた勝負に対する貪欲さ、そして諦めの悪さが身についてきたように思います。日本平で横浜F・Mを迎撃し、2006年7月以来のホームでの勝利を決められるか!エスパルスの勝利への想いを見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "「この試合、取るぞ!」の意思をチーム全体で共有!"

投稿者 tao : 13:24 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年6月 2日

しぶとく掴んだ勝ち点1

2019 J.LEAGUE Division1 14th leg.
松本 1-1 清水

 5月25日に行われたリーグ戦第13節vs仙台戦では、試合開始早々に失点してしまうもドウグラスのヘディングシュートてすぐに追いつき、航也のPKで逆転!しかし後半に追いつかれてしまうも、エウソンとドウグラスのこの試合2点目となるゴールで再逆転し仙台に勝利したエスパルス。6月1日にはリーグ戦第14節vs松本戦に臨みました。

 開幕前から不整脈の治療が続き、先発復帰したのは第10節からと大きく出遅れてしまったドウグラス。仙台戦では12kmのランに2ゴールの大活躍!これは完全復活と言ってもいいと思います。
 そして迎える松本戦。エスパルスは松本に公式戦で1度も勝ったことがありません。いわば松本はエスパルスにとっての「天敵」「難敵」「苦手」と言っても過言ではないでしょう。しかし!松本も残留争いのライバルチーム。ライバルとの直接対決での勝利は勝ち点「6」の意味があります。篠田体制に代わりドウグラスも完全復活!エスパルスがこれまでの苦難を乗り越えて松本に勝利することができれば、それはオレンジ戦士にとって大きな自信となるはず!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@サンアルへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 順位が近いチームとの直接対決での勝利は勝ち点「6」の意味があります。松本も残留争いでのライバルチームと考えれば、この試合で勝利出来れば後々大きな意味を持つ事になるでしょう。エスパルスにかかわるすべての「ALL S-PULSE」の想いを大きな力に変えて、未勝利記録に全力で終止符を打つシュートを撃ち、アウェイで松本を撃破できるか!エスパルスの意地を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "しぶとく掴んだ勝ち点1"

投稿者 tao : 12:03 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年6月 1日

蹴球人型決戦兵器「ドウグラス」最終調整完了のお知らせ

2019 J.LEAGUE Division1 13th leg.
清水 4-3 仙台

 5月22日に行われたルヴァ杯予選リーグ最終節「静岡ダービー」vsジュビロ戦では、大悟や西澤、そしてユースから2種登録された川本君などのヤングエスパルスが躍動!大悟のプロ初ゴールを含め2ゴール無失点でジュビロを撃破したエスパルス。5月25日にはリーグ戦第13節vs仙台戦に臨みました。

 ジュビロ戦の前に「清水の誇りを忘れてはいけない。負けてはいけない」と選手を鼓舞した篠田監督。守備からチームを立て直し、この試合ではクリーンシートで篠田監督公式戦初勝利。篠田監督の守備の修正が進捗している証左であると思います。
 そして迎える仙台戦。仙台とは昨季2試合して1分1敗と勝てていません。一方で仙台のリーグ戦の順位は目下16位。エスパルスにとっては残留争いのライバルチーム。ライバルとの直接対決での勝利は勝ち点「3」ではなく「6」の意味があるといわれています。徐々にチームに明るき光が差し込みつつあるエスパルス。この仙台との一戦は、今季のエスパルスの命運を分ける重要な試合になるでしょう!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 チームはリーグ戦で最下位に沈んでしまっています。しかし主力組を脅かす新たな存在が現れ、競争原理が働くようになればJ1残留を勝ち取れるはず!「まだまだこれから」と大悟は頼もしくコメントしました。そうです!ここからです!仙台を日本平で撃破し、新生篠田エスパルスの再浮上の抜錨を告げられるか!エスパルスの意地を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "蹴球人型決戦兵器「ドウグラス」最終調整完了のお知らせ"

投稿者 tao : 00:16 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年5月23日

消化試合を「勝化試合」にした初ゴール!

2019 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ最終節
"EL CLASICO" at J-LEAGUE
64th. The SHIZUOKA Derby Match
清水 2-0 磐田

 18日に行われたリーグ戦第12節vs大分戦では、前半にドウグラスの突破をGKがファウルで止めてPKをゲット!しかし後半立ち上がりの気の緩みを大分に突かれて試合失点。アウェイで好調の大分に引き分けたエスパルスは22日、ルヴァ杯予選リーグ最終節「静岡ダービー」vsジュビロ戦に臨みました。

 篠田新監督初陣となったこの試合。れまで失点が多かった試合を顧みて、オレンジ戦士は全員、高い守備意識を落とすことなく試合に臨み、そしてGKのファウルを誘いPKでゴール!しかし守備陣の集中が途切れた瞬間を見逃さなかった大分に決められてしまい失点。篠田新監督は試合後「良い部分も悪い部分も出た。半歩前進だ」とコメント。 しかしこれまで厳しい状況下で闘ってきたエスパルスにとって、この試合では一筋の光明が見えたように思いました。
 そして迎える「静岡ダービー」vsジュビロ戦。今季はジュビロと3回対戦し全勝!しかし現状リーグ戦では最下位となってしまっているエスパルス。しかもエスパルスは既にルヴァ杯予選落ちが確定しているため、次の試合は消化試合となります...。しかし!相手はジュビロ!いついかなる状況にあっても、相手の順位やコンディションがどうだろうと関係なく、静岡ダービーはお互いの誇りと誇りが真っ向からぶつかり合うガチ決戦!今季は2戦2勝と負けなし!リーグ戦で大きな波に乗るためには、この静岡ダービーでの勝利は必要不可欠!篠田新監督で迎える初めての静岡ダービーで勝利すれば、きっとリーグ戦再浮上の大きな足掛かりになるはず!そんなエスパルスをサポートするべく、平日のアウェイゲームにもかかわらず、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@ヤマスタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 大分戦で引き分けたものの依然としてリーグ戦最下位のエスパルス。そしてこのタイミングでの静岡ダービー。これこそまさに「天与の好機」ととらえるべきでしょう!不倶戴天の敵のジュビロをアウェイで撃破し、篠田エスパルス公式戦初勝利を決めて、リーグ戦反転攻勢の足掛かりにできるか!エスパルスのプライドを賭けた一戦が火蓋を切って落としました!

続きを読む "消化試合を「勝化試合」にした初ゴール!"

投稿者 tao : 23:29 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年5月19日

一筋の光明を頼りに掴んだ篠田エスパルス初陣での勝ち点1

2019 J.LEAGUE Division1 12th leg.
大分 1-1 清水

 12日に行われたリーグ戦第11節vs川崎戦では、昨季王者の川崎を前にして攻守全てにおいて川崎に一歩も二歩も後れを取ってしまいなすすべなく敗戦。順位は最下位に転落し、ヨンソン監督が退任する事態に陥ってしまったエスパルス。18日にはリーグ戦第12節vs大分戦に臨みました。

 酷い試合だったものの、エウソンの攻撃を促す高い守備ラインやドウグラスのコンディションが上がってきているなど、好材料も見られました。しかし結果は大敗...。川崎に敗戦してしまったこと、最下位に順位を落としてしまったこと、2015年当時より勝ち点で劣っていること、そしてヨンソン監督の事実上の更迭...。悲しい、そしてとても悔しいです...。
 そして迎える大分戦。大分は今季J2から昇格してきたチームですが、目下リーグ戦の順位は3位と川崎より上位にいます。チームの戦術理解も進んでいて、チームとしての成熟期を迎えているであろう大分は、攻守において非常に強力であり、小さなミスが取り返しのつかない致命傷につながってしまうことになるでしょう。しかし!大分にだって付け入る隙が必ずあるはず!オレンジ戦士がもっともっと運動量を惜しまず、集中を切らすことなく試合に臨むことができれば、必ず結果はついてくるはず!ここでエスパルスの意地を見せてほしいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、遠方アウェイにもかかわらず、この試合にも多くのエスパサポさんが、アウェイ@昭和電ドへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 順位は最下位へ転落。11節終了時点で2勝2分7敗で勝ち点8。J2に降格した2015年のリーグ戦第11節終了時点では2勝4分5敗の勝ち点10でしたので、当時よりもいまのほうが厳しい状況であることは間違いないでしょう。
 しかし!サッカーは続きます。篠田コーチの監督就任が正式に発表になりました。、去りゆくヨンソン監督への餞となる勝利を決めることができるか!新生篠田エスパルスの船出となる試合がキックオフ!

続きを読む "一筋の光明を頼りに掴んだ篠田エスパルス初陣での勝ち点1"

投稿者 tao : 13:53 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2019年5月13日

こんな結末で「冷静沈着な指揮官」を失いたくはなかった...

ヤン ヨンソン監督 退任のお知らせ
ファン・サポーターの皆さまへ(ヨンソン監督の退任について)
(いずれもエスパルス公式)


 リーグ戦第11節vs川崎戦に敗戦した約2時間後、エスパルスはヨンソン監督の退任を発表しました。後任は暫定的に篠田善之ヘッドコーチが務めるとのことです。

続きを読む "こんな結末で「冷静沈着な指揮官」を失いたくはなかった..."

投稿者 tao : 22:47 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


悲しい、そして悔しい...

2019 J.LEAGUE Division1 11th leg.
清水 0-4 川崎

 8日に行われたルヴァ杯予選リーグ第5節vsG大阪戦では、リーグ戦からスタメンを総入れ替えしたとはいえ、鹿島に続きG大阪にもいいよにボールを持たれてしまい、そしてG大阪のパスワークを生かした攻撃に翻弄されてしまい敗戦。ルヴァ杯予選敗退となってしまったエスパルス。12日にはリーグ戦第11節vs川崎戦に臨みました。

 G大阪に敗戦し、グループステージ1試合を残し敗退が決定してしまいました。リーグワースト22失点の守備がまたしても崩壊。公式戦は3連敗となってしまいました。
 そして迎える川崎戦。川崎とは昨季リーグ戦で2戦して2敗しています。しかも川崎は目下リーグ戦で4位につけてい好調なチーム。チームとしての攻守の約束事や戦術理解が浸透しており、非常に難敵であることにあ違いはありません。そして川崎はエウシーニョの元所属クラブ。我等が聖地・日本平での川崎戦に誰よりも投資を燃やしているはず!この想いにチーム全体で答えて、エウシーニョの川崎への「恩返し」をしたいところ!そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんが、我等が聖地・日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 絶不調のエスパルスにあって、一番苦しいのは誰あろう実際に戦っている選手や監督のはず!こんな時だからこそ、エスパルスにかかわるすべての人々の想いを一つにする時!エスパルスにかかわるすべての人の想いを一つにして、この酷難を乗り越えるきっかけをつかめるか!エスパルスの周防念場の戦いがキックオフ!

続きを読む "悲しい、そして悔しい..."

投稿者 tao : 21:16 | 2019年 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。