2021年10月17日

厳しい結果を乗り越えて力をつけろ!

2021 J.LEAGUE Division1 32th leg.
清水 0-1 柏

 2日に行われたリーグ戦第31節vs福岡戦では、試合開始直後から球際厳しく福岡からボールを奪い攻守の切り替えを速くして福岡陣内に切り込んで前半に先制!後半立ち上がりにはパス交換から追加点を決めて試合を優位に進めるも、試合終盤には福岡の猛攻に晒されてしまい失点。しかしそこから守備で踏ん張って1点リードで逃げ切って勝利を掴んだエスパルス。16日にはリーグ戦第32節vs柏戦に臨みました。

 試合開始から光っていたのは前線からの球際厳しい守備。特に最前線の4人が福岡陣内で運動量を惜しまずに走り回り、献身的に福岡のボールホルダーにプレスをかけ続け、ボールを奪うと攻守の切り替えを速くして福岡ゴールに迫る。この流れが試合の主導権をエスパルスに引き寄せ、先制点をもたらしてくれました。後半開始直後に追加点を決めたエスパルスでしたが81分に福岡に1点差に迫られてしまい、疲労の色が濃いエスパルスは福岡の猛攻に耐える時間が続いてしまいます。それでも、87分には義宜らを投入し最終ラインを5枚に増やして守備を固めて対応。後半の福岡のシュート13本を耐え抜き勝利!対福岡戦8試合連続負けなし(6勝2分)となりました。
 ナショナルマッチウィークだったため、2週間ほどプチ中断期間明けの初戦となる柏戦。柏とはリーグ戦第6節@アウェイで対戦し2-1で勝利しているチーム。そして今、柏は勝ち点34で13位に位置するチーム。そうです!次節vs柏戦は勝ち点さが近いチームどうしで戦うシックスポイントマッチなのです!この一戦でエスパルスが勝利することができれば、柏と勝ち点が逆転し順位も柏の上に行けるのです!その意味では次節vs柏戦は勝利のみが至上命題!残留争いから更に一歩抜きんでる為にも、この一戦は絶対に勝たなければなりません!

 福岡と一戦で掴み取った大きな勝ち点3。この勝利を次に繋げることができれば、きっと残留争いでも勝ち抜く事ができるはず!オレンジ戦士の一層の奮起に期待したいところ!我等が聖地・日本平で柏を邀撃し、残留争いから脱出する勝ち点3を積み上げることができるか!エスパルスの想いを具現化したい一戦がキックオフ!

続きを読む "厳しい結果を乗り越えて力をつけろ!"

投稿者 tao : 11:01 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年10月 3日

勝ち取ったのは大きな「一歩」

2021 J.LEAGUE Division1 31th leg.
福岡 1-2 清水

 9月24日に行われたリーグ戦第30節vs神戸戦では、試合開始早々に不運な形で失点してしまうと、神戸に対して思うような攻撃展開を見せることができず、セカンドボールは神戸に拾われてしまい、神戸攻撃陣に対応するために自陣での我慢の時間続き、後半に入り攻撃のギアを上げて攻めるも奏功せず、逆に試合終了間際に追加点を決められてしまい神戸に敗戦してしまったエスパルス。10月2日にはリーグ戦第31節vs福岡戦に臨みました。

 決定的なチャンスを決めきれず、少ないピンチを守り切れずに失点を喫する。試合後にロティーナ監督は「内容では引き分けが妥当だった」と試合を振り返りましたが、神戸にプラン通りの試合運びを許してしまい、エスパルスの勝負弱さが露呈してしまいました。エスパルスが抱える大きな問題点が露呈してしまい、今季6度目となる連勝が懸かった試合でまたも敗戦。今季10度目となる完封負けを喫してしまい、前節vs仙台戦での勝利の勢いに乗ることはできませんでした。
 そして迎える福岡戦。福岡とはリーグ戦第2節@日本平で対戦し、2-2で引き分けています。しかし、福岡は今季J2から昇格し目下リーグ戦で8位に位置するチーム。昇格とリーグ戦上位進出と今や波に乗っているといっても間違いではないでしょう。そんな福岡との1戦は非常に困難で厳しいものになることは明白。ってか、リーグ残り8試合。全てエスパルスよりも現時点で上位のチームとの対戦!残留争いは茨の道となりそうですが、逆にそのほうが小細工無しにシンプルに勝利を目指さなければならない訳だから、オレンジ戦士にとっては想いも一つにしやすいはず!この期に及んでエスパルスにとってはどの試合も厳しい試合なのです!1試合1試合目の前の試合に全集中し、全力を賭して戦わなくてはならない!シンプルかつ明確な目標に向かって、オレンジ戦士は走り切ってくれるはずです!

 自動降格圏の徳島との勝ち点差は3に縮小。前節からスタンドには、2015年に初のJ2降格が決まった日付「10・17」に「己を信じろ」と記した幕が掲げられているとか。この試合を含め、リーグ戦も残すところ8試合。残留争いも正念場に差し掛かってきました。アウェイで上位チームの福岡を撃破し、残留争いから抜きん出る大きな一歩を踏み出すことができるか!エスパルスの矜持を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "勝ち取ったのは大きな「一歩」"

投稿者 tao : 13:41 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年9月26日

「連勝」って、もはや都市伝説?

2021 J.LEAGUE Division1 30th leg.
清水 0-2 神戸

 18日に行われたリーグ戦第29節vs仙台戦では、仙台に対して球際を厳しく速く寄せてボールを奪い、懸命な守備を展開して自陣ゴールを守り、ポゼッションを高めながら仙台陣内に切り込んで19分に先制ゴールを決めると、59分には藤本の泥臭くも値千金の追加点!直後に仙台に決められてしまい1点差に詰め寄られてしまうも、粘り強い守備でリードを守り切って仙台に勝利したエスパルス。24日にはリーグ戦第30節vs神戸戦に臨みました。

 オレンジ戦士は全員で球際の争いで体を投げ出して食らいつき、仙台の攻撃を必死にはね返し続けます。オレンジ戦士一人一人が泥臭く勝利への執念を90分間見せ続けてくれました。19分にはケンタの左CKに手前で井林が頭ですらして軌道を変え、ゴール前で反応したのはサンタナ。遠いサイドで右足に当て、3試合連続となるゴールを奪いとってくれました。52分には仙台DFがバックパスでGKに戻したボールに藤本が「狙っていた」と猛然とダッシュで詰め寄り、GKが蹴り出そうとしたボールに右足を伸ばしてスライディング!ボールはゴール方向に転がり移籍後初ゴール!エスパルス加入後初勝利に「もっと豪快に取りたかったけど、素直にうれしかった。この勝ち点3は大きいものがある」と喜びを語っていました
 そして迎える神戸戦。神戸とはリーグ戦第9節@アウェイで対戦し1-1で引き分けています。しかし神戸は現在、リーグ戦で暫定4位に位置するチーム。非常に強力な攻撃陣を擁する神戸の猛攻撃をしのぎ切り、神戸からゴールを奪うことは至難の業。しかし!エスパルスがJ1残留を果たすためには、リーグ戦残り9試合で負けて良い試合など1つもありません!この夏に新加入した選手との連携も向上しています。カルリーニョスの戦列復帰も朗報。仙台戦勝利の勢いを保つことができるか、真価が問われる一戦となるでしょう!

 残留争いをする仙台との直接対決「6ポイントマッチ」で貴重な勝ち点3をつかんだエスパルス。これでリーグ戦16位から順位を一つ上げ、降格圏との勝ち点差を6に。厳しい残留争いから抜け出るための一歩を踏みしめることができました!残留争いを勝ち抜くためには次の一歩を踏み出せるかが大切!我等が聖地・日本平で神戸を迎撃し、残留争いから抜け出すための勝ち点3を積み上げることができるか!エスパルスの真価を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "「連勝」って、もはや都市伝説?"

投稿者 tao : 11:28 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年9月19日

9試合ぶりの勝利は大きな大きな成果!

2021 J.LEAGUE Division1 29th leg.
清水 2-1 仙台

 11日に行われたリーグ戦第28節vs鳥栖戦では、試合開始直後から高い位置からの守備と攻守の切り替えを早くした攻撃で鳥栖陣内に切り込むも前半でゴールを決めることができず、逆に後半開始間もなく失点。しかし直後に同点に追いつき、勢いを取り戻すかに見えたがセットプレーから鳥栖に追加点を献上。勝ち点を積み上げることができなかったエスパルスは18日、リーグ戦第29節vs仙台戦に臨みました。

 鳥栖戦の試合内容は決して悲観するようなものではなく、むしろ可能性を感じさせてくれたものでした。特に筑波大から特別強化指定選手として加入し、この試合でスタメン出場を果たした山原君の活躍には目を見張るものがあり、来季というより今季から物凄く楽しみな選手になりました。
 しかし試合結果が試合内容に伴わない。苦しい状況に置かれているエスパルスはリーグ戦で4分4敗で8試合勝利から遠ざかっています。それでも古巣対戦を勝利で飾れなかった松岡は「誰一人下を向いている人はいない」とコメント。オレンジ戦士の眼差しは前を見据えています。
 そして迎える仙台戦。仙台とはリーグ戦第19節@アウェイで対戦し3-2で勝利しています。しかし仙台は目下リーグ戦で19位と降格圏にいるチーム。つまり、仙台にとってリーグ戦1試合1試合はシンプルに勝利だけを目指して戦わなくてはならないはず。エスパルスが仙台を万が一にも侮るようなことが有れば、それは取り返しがつかなくなるような大きなピンチを招いてしまうはず。エスパルスも仙台も共に残留争いを戦うライバルチーム。全力を賭して戦い、そして勝利しなければならないのです!

 残留争いを戦うライバルチームとの6ポイントマッチとなる仙台戦。「いい内容」の試合ではなく「いい結果」の試合、「勝てた」試合ではなく「勝った」試合。それをピッチで具現化するのが選手の仕事。崖っぷちから脱出することは容易ではない。しかし!決して不可能ではない!日本平で仙台を邀撃し、残留争いから脱出する一歩を踏み出せるか!エスパルスの底力が試される試合がキックオフ!

続きを読む "9試合ぶりの勝利は大きな大きな成果!"

投稿者 tao : 10:55 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年9月12日

「いい試合」ではなく「いい結果」が観たい...

2021 J.LEAGUE Division1 28th leg.
鳥栖 2-1 清水

 8月29日に行われたリーグ戦第27節vs名古屋戦では、試合の主導権を名古屋に握られてしまうも前半をスコアレスで折り返し、後半の巻き返しに期待がかかりましたが名古屋に先制点を献上。それでも下を向かずに名古屋に攻勢をしかけサンタナが同点ゴール!リーグ戦で3連勝中の名古屋相手に引き分けたエスパルスは9月11日、リーグ戦第28節vs鳥栖戦に臨みました。

 隙を見せて失点を重ね、大敗した鹿島戦から中3日。オレンジ戦士の大敗の影響が心配されましたが、試合後のロティーナ監督は「強いメンタリティーを見せてくれた」とコメント。エスパルスはアウェイで粘り強く戦いました。先制ゴールを決められ劣勢になるも盛り返し、上位争いをする名古屋相手に勝ち点1をもぎ取りました。
 そして迎える鳥栖戦。鳥栖とは今季リーグ戦第4節@アイスタで対戦し0-0で引き分けています。しかし鳥栖は目下リーグ戦で暫定5位に位置するチーム。チームの戦術理解も成熟し、選手の個々の能力と総合力が存分に発揮された結果が今のリーグ戦での順位といえそうです。すなわち、鳥栖も攻略が難しいチーム。強いチームとの試合に向けた十分な準備が必要です。この夏に鳥栖から移籍してきた松岡にとって古巣対決!チームの総合力が試されそうです。

 リーグ戦上位&リーグ戦でクリーンシートで3連勝中の名古屋相手に引き分けたことは収穫。そしてリーグ戦はナショナルマッチウィークにより2週間の中断期間を経て再開となります。名古屋との善戦を糧に中断期間でのチーム強化をしてきた成果をこの鳥栖戦で発揮し、残留争いから脱出する一歩にすることができるか!エスパルスの地力を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "「いい試合」ではなく「いい結果」が観たい..."

投稿者 tao : 11:14 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年8月31日

善戦を次に生かすことが大切

2021 J.LEAGUE Division1 27th leg.
名古屋 1-1 清水

 25日に行われたリーグ戦第26節vs鹿島戦では、試合開始間もない時間に失点してしまい、前半終了間際にも失点。巻き返しを期した後半も鹿島ゴールに迫る機会は少なく、試合終了間際に立て続けに2失点してしまい万事休す。今季最多失点で鹿島に惨敗してしまったエスパルスは29日、リーグ戦第27節vs名古屋戦に臨みました。

 前半終了間際、リーグ初先発のホナウドが自陣ゴール前で不用意にボールを鹿島攻撃陣に奪われてしまい2点目を献上。今季は1試合平均1得点しかとれていないエスパルスにとって、前半での2点ビハインドは跳ね返すことが非常に困難。マイボールにしてさぁ攻撃!となっても、ピッチに立つ選手の約半数が夏に補強した新加入選手のエスパルスは連係がかみ合わず、個人技頼みの攻めは一向にゴールに結び付きません。81分にはエスパルスのCKでショートコーナーのパスがつながらず、鹿島にボールを奪われてからの速攻で痛恨の3点目を献上。53分に藤本が投入され、今夏の新加入選手5人が日本平のピッチに。リーグ前半戦とは異なる顔ぶれでチームづくりが進みますが、残るリーグ戦は12試合。成熟を悠長に待つ時間はありません。これで6戦勝ちなしとなり、降格圏が背後に迫る16位に順位を落とてしまいました。
 そして迎える名古屋戦。名古屋とは今季リーグ戦第14節@アイスタで対戦し0-3で敗戦しています。しかも名古屋は目下リーグ戦で3連勝中、4位につける好調なチーム。持ち前の攻撃力と強固な守備で着実に勝ち点を積み上げてきているチームです。この守備陣を切り崩してゴールを奪うことは至難の業かもしれません。しかし!この夏にエスパルスに加入してくれた5人の選手には大きな可能性が秘められています!それを試合の中で表現することができれば、難敵名古屋を粉砕することも決して不可能ではないはずです!

 ホームで屈辱的な今季ワーストとなる4失点で鹿島に惨敗してしまった次の試合。オレンジ戦士のメンタル面での影響も心配されます。しかし!この難局を乗り越えることこそが、J1残留争いを勝ち抜くために必要な要素だとも思います!好調な名古屋をアウェイで撃破し、オレンジ戦士達が失いかけていた自信を取り戻し、J1残留争いを勝ち抜くたの力を強化できるか!エスパルスの想いが試される試合がキックオフ!

続きを読む "善戦を次に生かすことが大切"

投稿者 tao : 11:16 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年8月27日

新戦力によるチーム力の底上げ、残された時間はあとわずか...

2021 J.LEAGUE Division1 26th leg.
清水 0-4 鹿島

 21日に行われたリーグ戦第25節vs湘南戦では、湘南の粘り強いプレスに苦しめられつつも隙を見て湘南ゴールに迫る。しかし前半に先制点を献上してしまうも戦半終了間際に唯人の個人技で同点に!後半に逆転ゴールを狙うもフィニッシュの精度に欠いていしまい引き分けに終わったエスパルス。25日にはリーグ戦第26節vs鹿島戦に臨みました。

 1点ビハインドで迎えた前半終了間際の45分。唯人がドリブルでどんどん加速すると、湘南の田中を置き去りにしてペナルティーエリアに侵入!エリア内で湘南DF杉岡の股を抜くと、最後は冷静に湘南GKの位置を見てふわりと浮かせて湘南GKの頭上を越えるシュートでゴール!先制点を奪われたイレブンを奮い立たせるゴールでした。後半開始から滝君とホナウドを投入し、攻撃の活性化を狙ったロティーナ監督。しかし湘南の粘り強い守備にシュートに持ち込める機会は多く作れませんでした。逆に終盤は湘南に押し込まれてしまい、自陣で湘南の攻撃に耐える展開。しかし権田を中心としたエスパルス守備陣が耐えきって引き分けに持ち込みました。
 そして迎える鹿島戦。鹿島とは今季公式戦で3回対戦しており、リーグ開幕戦こそ3-1で快勝したものの、ルヴァ杯プレーオフステージでは2戦2敗でストレート負け。リーグ開幕戦はもはやフロックと思うのが自然かもしれません。そして鹿島は目下リーグ戦で5位に位置するチーム。エスパルスにとっては難敵以外のなにものでもないという事です。しかし!このまま負けっぱなしで終わるのがいいわけがありません!難敵だからこそ迷いなく、ヘタな小細工無しに勝利に向かって愚直になれる!この夏に新加入した戦力の戦術理解度や連携の向上という伸びしろもあります!厳しい残留争いを勝ち抜くためにも、この鹿島との一戦で一歩も引き下がるわけにはいかないのです!

 5連敗中で降格圏にいる17位湘南とのシックスポイントマッチをものにできずに痛み分け。リーグ線序盤にも9試合未勝利を経験したチームは、上昇気流に乗れず再びリーグ戦で5試合未勝利。そして今節の相手はリーグ戦上位の鹿島。この難局を乗り越えられれば、残留争いから脱出するための大きな足掛かりになるはず!我等が聖地・日本平で鹿島を邀撃し、不調の波を断ち切ることができるか!エスパルスの意地を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "新戦力によるチーム力の底上げ、残された時間はあとわずか..."

投稿者 tao : 23:50 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年8月22日

この痛み分けは「痛み分け」ではない...

2021 J.LEAGUE Division1 25th leg.
清水 1-2 川崎

 18日に行われた天皇杯4回戦vs川崎戦では、今季公式戦無敗の川崎に必死に食らいつこうと奮戦し前半はスコアレスで折り返すも、後半途中に主力級を投入して攻撃のギアを一段上げた川崎に歯が立たず、ゴールを決められてしまい敗戦。今季の天皇杯の戦いがベスト16で幕を閉じることになってしまったエスパルスは21日、リーグ戦第25節vs湘南戦に臨みました。

 3日後に控えるリーグ戦を踏まえ、先発8人を入れ替えて川崎戦に臨んだロティーナ監督。同じくリーグ戦から先発が様変わりした川崎に対し、試合の主導権を握ることはできず自陣の押し込まれてしまいましたが、GK永井が好セービングを連発し、前半はしぶとくスコアレスで試合を折り返し。57分にPKを決められてから7分後の64分、左からのクロスに中山が合わせて同点にに!しかし川崎が主力クラスを繰り出した74分に再び失点。ロティーナ監督は「相手がよりパワーをかけてきた時に耐えきれなかった」と悔しさをにじませました。
 そして迎える湘南戦。湘南とはリーグ戦第11節@アイスタで対戦し1-1の引き分けでした。そして目下、湘南はリーグ戦で17位とJ2自動降格圏、しかもエスパルスと湘南の勝ち点差は...、わずか3しかありません。得失点差で負けているエスパルスは、次節vs湘南戦に負けるようなことがあれば、一気にJ2自動降格圏に突入してしまう可能性もあるのです。そう、この試合こそエスパルスにとって「絶対に負けられない戦い」です。選手・スタッフ・サポーターの全ての想い、全ての力、全てのサポートを出し尽くし、全身全霊を賭して勝利しなければならないのです!

 この夏、ホナウドやコロリ等の新戦力を積極的に補強したエスパルス。それもこれもリーグ戦で反転攻勢に出るため!そしてJ1残留を果たすため!アウェイで湘南を撃破し、この「絶対に負けられない戦い」を勝利で飾り、J1残留争いで一歩抜きんでることができるか!エスパルスの背水の陣の戦いがキックオフ!

続きを読む "この痛み分けは「痛み分け」ではない..."

投稿者 tao : 11:46 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。