2021年6月12日

課題山積の天皇杯初戦突破...

天皇杯JFA第101回全日本サッカー選手権大会2回戦
清水 1-2 福山シティFC

 6日に行われたルヴァ杯プレーオフステージ第2戦vs鹿島戦では、前半のうちに鍵となる先制点を決めたものの、義宜と慶太の負傷交代により試合の流れが大きく変わってしまい、前半終了間際に鹿島に追いつかれ、後半追加点を狙うも決める子tができず、逆に鹿島に逆転を許してしまい敗戦。ルヴァ杯敗退が決定してしまったエスパルスは9日、天皇杯2回戦vs福山シティFC戦に臨みました。

  鹿島との初戦@日本平で敗戦してしまい、ルヴァ杯で次のステージに進出するためにはアウェイでの勝利が必要だったエスパルス。オレンジ戦士が試合の鍵として挙げていた先制には成功したものの、その後に勢いをつなげることができず、不運な負傷交代も相まって前半のうちに鹿島に追いつかれてしまい、後半に逆転を許してしまいました。エスパルスの一瞬の綻びを見逃さない鹿島との力の差を感じさせるプレーオフステージ連敗で、ルヴァン杯の敗退が決まってしまいました。
 そして迎える福山シティFC戦。福山シティFCは広島県社会人1部リーグに在籍し、広島県代表として勝ち上がってきたチーム。エスパルスとはディビジョンが全く違いますが、相手は何も恐れることなく、我武者羅に遮二無二に、愚直に勝利だけを目指してエスパルスに向かってくるはず。毎年天皇杯初戦を苦戦しているエスパルスにとって、福山シティFCは決して油断することができない試合。ノックアウト方式のトーナメント戦は結果がすべて。格下だからといって相手を侮るような試合をしようものなら、その驕りや油断から致命的な事態を引き起こしかねません。相手がどこであろうと、天皇杯も大切な戴冠の一つ!力を出し切って勝利を目指さなければなりません!

 この試合はルヴァ杯vs鹿島戦から中2日で行われた平日のナイトゲーム。だもんでオイラは試合内容についてはちぃっとも分かりません(もう定時退社とか都市伝説?って感じですよ...)。しかしSNSやスポーツ紙関連のWEBサイトを見るに、この試合は「薄氷を踏むような勝利」だったようです。

続きを読む "課題山積の天皇杯初戦突破..."

投稿者 tao : 11:59 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年6月 8日

ルヴァ杯敗退よりも大きな衝撃が...

鈴木 義宜選手のケガについて
中村 慶太選手のケガについて
(いずれもエスパルス公式)

 6日に行われたルヴァ杯プレーオフテージ第2戦vs鹿島戦で負傷した義宜と慶太ですが、精密検査の結果、義宜は頭蓋骨骨折で全治未定。慶太は左膝内側側副靱帯損傷で全治6週間とのこと...。両者ともその怪我は甚大で、特に義宜については大きな怪我となってしまいました...。

続きを読む "ルヴァ杯敗退よりも大きな衝撃が..."

投稿者 tao : 23:30 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年6月 7日

後半の90分は無念の逆転負け...

2021 JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフテージ第2戦
鹿島 2-1 清水

 2日に行われたルヴァ杯プレーオフステージ第1戦vs鹿島戦では、試合開始直後に鹿島にセットプレーからゴールを決められてしまい、その後は攻撃を仕掛けるも強固な守備を展開する鹿島を崩し切ることができず、後半はシステム変更も加えて攻撃を仕掛けるもゴールを決められないまま敗戦してしまったエスパルス。6日にはルヴァ杯プレーオフステージ第2戦vs鹿島戦に臨みました。

 セットプレーを強みにする鹿島に対し、戦前に「いつも以上に集中して守備をする必要がある」と強調していたロティーナ監督。指揮官の言葉もむなしく、試合開始早々に8分、右CKから遠いサイドでヘディングシュートを決められてしまい失点。後半は選手交代や布陣変更で攻勢に出るもゴール前でのプレー精度を欠いてしまいゴールを決めきることができず敗戦。失点の場面でも後半の攻撃でも、今季エスパルスが抱える弱点を露呈していました。
 そして迎えるルヴァ杯プレーオフステージ第2戦vs鹿島戦。ナショナルマッチウィークに入っているため、リーグ戦は3週間の中断期間に入っています。そのため、ルヴァ杯プレーオフステージのホーム&アウェイ戦は中3日の連戦に。しかも次の試合はアウェイ@鹿スタでの試合。ホームアドバンテージを活かせずにアウェイゴールを許してしまったエスパルスは、次の第2戦での勝利は至上命題。何が何でもゴールを決め、かつ失点を回避しなけれならないという、非常に厳しいミッションに挑まなければなりません。しかし!ここでチーム一丸となって気持ちを集約し、アウェイで鹿島に勝利することができれば、オレンジ戦士にとって大きな自信につながるはずです!

 この試合は日曜日の開催。しかし中継がスカパー!のみ。我が家ではこの試合を見ることができません(ゲームセンターCXは見てるんだけどねw)だもんで試合内容はちぃーっとも分かりません...。しかしSNSやスポーツ紙関連のWEBサイトを見るに、この試合は「守備の綻びが致命傷になってしまった」合だったようです。

続きを読む "後半の90分は無念の逆転負け..."

投稿者 tao : 23:05 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年6月 4日

無念の一言に尽きます...

ウィリアム マテウス選手 契約解除のお知らせ(エスパルス公式)

 今シーズン、ブラジルセリエAのコリチーバから加入し活躍が期待されていたウィリアム・マテウスが、家族の来日の目処が立たないことからクラブと本人、双方合意の上で契約解除となることが発表されました...。本当に残念でなりません。

続きを読む "無念の一言に尽きます..."

投稿者 tao : 17:12 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年6月 3日

9年ぶりの前半90分を1点ビハインドで折り返し...

2021 JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフテージ第1戦
鹿島 1-0 清水

 5月30日に行われたリーグ戦第17節vs横浜F・M戦では、試合開始早々に先制点を献上してしまったものの、粘り強い守備と速攻を仕掛け続け前半終了間際に同点に!後半は横浜F・Mに押し込まれてしまいますが5バックで自陣ゴールを守り続けるも、試合終了間際に横浜F・Mに守備の隙をつかれてしまい失点。勝ち点1を逃してしまったエスパルスは6月2日、ルヴァ杯プレーオフステージ第1戦vs鹿島戦に臨みました。

 ついこの間、ルヴァ杯で5失点を喫して大敗した横浜F・Mに対し、ロティーナ監督は守備時に5バックとなる布陣を選んで試合に臨みました。相手FWの速さに乱されて試合開始4分で失点した以降は、徐々に中盤でプレスが掛かる場面が増え、攻撃への好循環も生まれ、41分にサンタナの同点ゴールが決まりました。横浜F・Mに試合の主導権を握られてしまった後半も最終ラインを中心に懸命に相手のプレスをはね返し続けていましたが、総失点の3分の1を占める48分以降をしのぎ切ることができず、守備網の隙を突かれて勝ち越し点を献上。「あれだけ支配されるとミスが起きて失点してもおかしくない」とのロティーナ監督のコメントからは、押し返せなかった攻撃面の課題も浮かんできます。
 そして迎える鹿島戦。鹿島には今季リーグ開幕戦で3-1で快勝しています。しかし当時と今とでは状況も大きく変わっていることは明白。実際に鹿島は目下リーグ戦で8位に位置するチーム。現在のエスパルスとの実力差は明らかでしょう。しかし!サッカーは蓋を開けてみなければ分からないスポーツ!相手が強いほど、勝利を掴んだ時の身体に漲る自信は計り知れないものでしょう!そしてこの試合リーグ戦から中2日で行われるものの、開催地は我等が聖地・日本平。多くのオレンジサポーターがオレンジ戦士の背中を押してくれるはずです!9年ぶりのチャンスを活かすためにも、この鹿島戦は必ず勝たなければならないのです!

 この試合はウィークデーのナイトゲームでの開催。だもんで試合内容はちぃーっとも分かりません...(いつものようにいつものごとく仕事が終わらんかった...)。しかしSNSやスポーツ紙関連のWEBサイトを見るに、この試合は「エスパルスの弱点が如実に表れてしまった」って感じの試合だったようです。

続きを読む "9年ぶりの前半90分を1点ビハインドで折り返し..."

投稿者 tao : 23:54 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年6月 1日

試合終了の笛が鳴り終わるまで決して集中を切らしてはいけない...

2021 J.LEAGUE Division1 17th leg.
横浜F・M 2-1 清水

 5月26日に行われたリーグ戦第16節vsFC東京戦では、試合立ち上がりはFC東京にボールを支配されていたものの14分の決定的チャンスを決めて先制!前半でのゴールに勢いづき、前半終了間際と後半開始早々に追加点を決めてFC東京を撃破!リーグ戦未勝利記録を9で食い止めたエスパルスは5月30日、リーグ戦第17節vs横浜F・M戦に臨みました。

 開始早々はFC東京のプレスに押されてしまいましたが、14分の決定機を確実に決めて先制!前回勝利した試合以来の前半での先取点で渾身の力が漲ったオレンジ戦士達のプレーに躍動感が生まれます。FC東京攻撃陣に守備網に入り込まれても泥臭く体を投げ出し、FC東京の攻撃の芽を摘んでいました。セットプレーから前半終了間際と後半開始早々の理想的な時間帯に追加点。その後も相手の反撃をしぶとく耐え抜き完封勝利!試合前までリーグ戦では9戦連続未勝利、ホームでは勝ちなし。未勝利記録は、あと一つでクラブワーストに並ぶところでした。しかし、「敗北からも学ぶことはたくさんある。それでもハードワークを続けてきたことが今日、形になって表れた」とヴァウドはコメント。勝利から見放されていた期間も、選手は自信を持つことや継続することの大切さを口にしていました。
 そして迎える横浜F・M戦。横浜F・Mにはつい先日、ルヴァ杯グループステージ第6節で1-5と大敗を喫してします。肝を舐めさせられたオレンジ戦士達にリベンジに向けたオレンジ色の炎が立ち上っていないはずがありません!しかし横浜F・Mは十分なエスパルス対策を練ってくるはず。次節vs横浜F・M戦に勝利することは容易いことではないでしょう。しかし!このまま大敗という惨めな結果で終わるわけにはいきません!新たな決意で横浜F・M戦に臨み、ルヴァ杯グループステージでの大敗の雪辱を果たすことができれば、リーグ戦での再浮上の大きな足掛かりになるはずです!

 リーグ戦未勝利記録を辛くも9で食い止め難敵FC東京を我等が聖地・日本平で撃破したエスパルス。この勝利を反転攻勢の号砲と成せるか否かは、この横浜F・M戦の結果にかかっているかもしれません。アウェイで横浜F・Mを撃破し、勝利の勢いを更に強く大きくすることができるか!エスパルスの勢いを占う試合がキックオフ!

続きを読む "試合終了の笛が鳴り終わるまで決して集中を切らしてはいけない..."

投稿者 tao : 23:44 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年5月29日

反転攻勢に向けた号砲!

2021 J.LEAGUE Division1 16th leg.
清水 3-0 FC東京

 22日に行われたリーグ戦第15節vs札幌戦では、札幌対策でシステムを3バックに変更し守備強化を図ったものの、前半はこらえられていた守備は後半にあっさりと崩壊。5分間で2失点を喫してしまい、2試合連続の複数失点でゲームプランは崩れ落ちてしまい札幌に敗戦してしまったエスパルス。26日にはリーグ戦第16節vsFC東京戦に臨みました。

 3バックが基本布陣の札幌に対し、エスパルスも今季2度目の3バックを採用。同じシステムで向かい合う相手に力比べを挑みつつ、ボールを保持されると最終ラインを5人で形成して自陣を固めす戦術を立てました。前半のうちは相手の屈強なFWへの配球を丹念にはね返し、つつけていましたが、51分には札幌の外国人2選手に攻略されてしまい、55分にはセットプレーの流れからミドルシュートを被弾して敗戦してしまいました。
 そして迎えるFC東京戦。FC東京とは昨季リーグ戦で対戦し2敗。そして今季のFC東京は目下勝ち点21の12位。攻撃的な選手を多数擁しており、その爆発力と守備面での安定感は定評があります。そしてFC東京を率いている指揮官は長谷川健太。エスパルスを知り尽くす男が繰り出す戦術は、エスパルスを大いに苦しめることでしょう。しかし!そんなFC東京との一戦は我等が聖地・日本平での試合。多くのエスパサポさんが見守る中で全身全霊を賭して戦い、勝利を掴み取ることができれば、オレンジ戦士にとって大きな力になるはずです!

 この試合は前節vs札幌戦から中2日で行われた平日のナイトゲーム。だもんでオイラは試合内容についてはちぃっとも分かりません(安定と信頼の仕事してましたよはい...)。しかしSNSやスポーツ紙関連のWEBサイトを見るに、この試合は「反転攻勢に向けた号砲!」って感じの試合だったようです。

続きを読む "反転攻勢に向けた号砲!"

投稿者 tao : 09:55 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


2021年5月23日

「戦う気持ち」までほころんでいないだろうか...

2021 J.LEAGUE Division1 15th leg.
札幌 2-0 清水

 19日に行われたルヴァ杯グループステージ最終節vs横浜F・M戦では、試合開始直後に片山の移籍後初ゴールで幸先よく先制したのもの、その後は攻撃のリズムを作り出すことができず、前半終了間際に横浜F・Mに追いつかれてしまい、後半開始直後に2失点下以降も守備は安定せずに更に2失点してしまい横浜F・Mに敗戦。しかし他チームの試合結果で9年ぶりにルヴァ杯プレーオフステージに進出したエスパルス。22日にはリーグ戦第15節vs札幌戦に臨みました。

 試合開始早々に幸先よく片山の移籍後初ゴールで先制するも、それ以降はオレンジ戦士全員が自陣に押し込められてしまうほど横浜F・Mの猛攻撃に耐える時間が続いてしまいました。エスパルス守備陣はスペースを埋めてゴールを死守する姿勢を見せてくれましたが、40分についに決壊。後半も前線で起点をつくれず横浜F・Mに主導権を奪われてしまい、横浜F・Mのパスワークに翻弄されてしまい、失点のシーンを繰り返してしまいました。横浜F・Mの猛攻にさらされ続け、今季公式戦最多の5失点を喫してしまったエスパルス。引き分け以上で達成できた自力でのグループステージ突破はつかめず、他チームの結果で9年ぶりの予選通過が転がり込んできました。しかし喜びもかすむ大敗となってしまいました。
 そして迎える札幌戦。札幌とは昨季リーグ戦で対戦し1勝1敗の五分の戦績。しかし今季の札幌は目下勝ち点15の13位。そしてエスパルスは勝ち点12の16位。そう!次節vs札幌戦に勝利することとなれば、勝ち点で追いつくことができます!得失点差は差が大きいので一気に札幌を追い抜くことはできませんが、残留争いのライバルチームをここで叩くことができれば、今季リーグ戦の後半戦に向けて良い形を作れるのです!そんな重要な、今季リーグ戦の要となるであろう次節vs札幌戦は、その結果にこだわらなければならない一戦になるはずです!

 結果が伴わず苦しむオレンジ戦士達。しかしそれは明日への糧になるはず!この酷難を乗り越えることで、新たな景色が必ず眼前に広がってくるはずです!残留争いを勝ち残るためにアウェイで札幌を撃破し、エスパルスに降りかかる暗雲を薙ぎ払うことができるか!エスパルスの意地を見せたい試合がキックオフ!

続きを読む "「戦う気持ち」までほころんでいないだろうか..."

投稿者 tao : 14:16 | 2021年 | コメント (0) | トラックバック (0)


 


このサイトは、静岡県と清水エスパルスをなりきに応援しているtao(管理人)によるサイトです。
ゆえに其処彼処に不適切な表現、間違った情報及び憶測による発言が目に付く事があるかもしれません。
(そんな時には的確かつ紳士的に突っ込んでいただけると管理人も喜ぶかと思います。)
したがって静岡県の行政機関や(株)エスパルス、及びJリーグのクラブである清水エスパルスとは一切関係ありません。
また当サイトを利用したことにより貴方がいかなる被害・損害・を受けたとしても、
管理人は一切の責任や義務や損害賠償を負わないものとします。


推奨閲覧環境
Flash Player 5.0以上

・Windowsプラットフォーム(WinXP、Win2k)
 Internet Explorer
 Firefox
 Netscape
 Opera

・Macintoshプラットフォーム(Mac OS X)
 Safari
 Internet Explorer
 Netscape

解像度1024x768以上
フォントサイズ中
JavaScript「ON」

そして静岡県の気候風土のように温暖で柔和な心意気♪。